女の子の初節句!雛人形は誰が買う?一般的な方法や料理は?お返しは?

子どもが生まれてはじめて迎える節句は、初節句としてお祝いする風習があります。
女の子は、3月3日のひな祭りが節句です。

「どんな料理をつくればいい?」
「ひな人形はだれが買うの?」
など、いざ節句の日を迎えることになると、わからないことが多いママも多いでしょう。

初節句を迎えるにあたって、どんな準備が必要でどんなことをすればよいのでしょうか?

女の子の初節句に必要な雛人形や料理などの準備、お祝いをいただいたときの対応を紹介します。

女の子の初節句とは

赤ちゃんが生まれてはじめて迎える節句を初節句といい、健やかな成長を祈願する日です。

男の子と女の子で日程が異なり、男の子は5月5日の「端午の節句」、女の子は3月3日の「桃の節句」が初節句となります。

しかしながら生後間もない場合は、翌年にお祝いすることもあるようです。

桃の節句では、雛人形を飾り、家族や祖父母などを招いて、祝い膳などでお祝いする家庭が多いでしょう。

雛人形の準備

ひな祭りといえば雛人形ですが、いったい誰がいつ購入するべきなのでしょうか?

いつから飾るの?

そもそも雛人形は、いつから飾るものなのでしょうか?

目安としては、節分の翌日の立春からなので、節分が終わったら飾ると覚えておけばよいでしょう。

早めに飾れば、約1ヶ月間雛人形を楽しむことができます。
しかし明確な決まりはありません。

大安友引を選んで飾ると縁起がいいといわれたり、春に向かっていく節目とされている「雨水の日」に飾ると良縁に恵まれるともいいます。

地域の風習によっても異なることもあるため、よい日を選んで飾るといいでしょう。

ただし3月3日の節句前日に飾るのはよくありません。
一夜飾りは、縁起が悪いとされているため、遅くとも1週間前には飾るようにしましょう。

ひな人形はいつ片づける?

ひな祭りが終わっても雛人形を飾っていたら、「婚期が遅れる」ということを聞いたことがあるでしょう。
しかしあくまで迷信であって、根拠があるわけではありません。

片づける日も明確には決まっていないので、3月中旬ごろを目安に片づけるようにしましょう。

雛人形は片づけると、1年後まで出す機会がないため、湿った空気も一緒にしまうと、大切な雛人形にカビが生えることがあるので、注意しましょう。

晴れて湿気が少ない日を選んで片づけるとよいでしょう。

雛人形はいつ買うの?

雛人形を飾るのは2月上旬ごろなので、それまでに届くようにしたいですね。

一つ一つ丁寧に手作りされているものも多いため、思ったより到着に時間がかかる場合もあります。

雛人形の販売は、12月には開始され、早いところでは11月ごろからカタログが出始めます。

なんと1月中旬をすぎると人気の商品は、在庫切れ状態になることもあるようです。

安価なものではないので、せっかくならお気に入りの雛人形と出会うためには、なるべく早くから探し始める必要があります。

誰が購入するの?

もともとはパパママではなく、母方の実家から、またはパパがお婿さんの場合は父方の実家から贈られるものでした。

しかし近頃では、必ずしもそうでないケースもよくみられます。

両家の祖父母が折半して贈ったり、お金は祖父母が用意しパパママが自分たちで気に入ったものを購入したりとさまざまです。

地域や各家庭によっても異なるので、夫婦だけで決めるのではなく、双方の祖父母と相談して決めるのがよいでしょう。

何を着たらいいの?

赤ちゃんが主役の行事なので、赤ちゃんのことで頭がいっぱいで自分のことを忘れてしまいがちですが、パパママもおしゃれして初節句を迎えられるといいですね。

親族で食事会やスタジオなどで記念撮影を行う場合、普段とは少し異なりフォーマルに決めるとよいでしょう。

赤ちゃんの服装

赤ちゃんは、被布を着せておめかししましょう。

しかし食事をする際には、汚してしまうこともあるので動きやすい格好や簡単に着替えられるよう準備が必要です。

普段着に被布を羽織るだけでも、いいでしょう。

何回も着る機会がないので被布は購入しなくても、レンタルのものありますし、袴ロンパースなんてものもあります。

またお宮参りなどでベビードレスを持っている方は、それを着るのも記念となります。

ママの服装

ママは、せっかくの晴れの日なので、目一杯おしゃれしたいところですが、赤ちゃんと行動することを忘れないようにしましょう。

あくまでも子どもが主役なので、露出を抑えた上品な服装がいいでしょう。

授乳中のママの場合、授乳のタイミングや場所、授乳しやすさなども考慮する必要があります。

和装で着物を着こなすのも素敵ですが、授乳の際汚れたり、抱っこでよだれがついた場合、お手入れが大変でしょう。

初節句のときに、お子さんの月齢が大きければ和装も素敵ですが、動きやすさを重視するとワンピースやスーツがオススメです。

オススメの授乳服:スウィートマミー

>>公式サイト<<

授乳服と聞くと、種類は少なくおしゃれではないイメージをもっている人も多いかもしれません。

そんな人には、「スウィートマミー」という授乳服とマタニティウェアの通信販売専門店がオススメです。

育児中でもおしゃれを楽しみたいママや赤ちゃんに、ピッタリのこだわりぬかれたオリジナルの洋服が、そろっています。

マタニティから授乳期まで兼用できるものや、日常使いからフォーマルまであり、どの服も素敵なデザインでおしゃれなものばかりです。

通信販売なので、子育てで忙しくなかなか買いに行く時間が作れないママでも簡単に購入でき、おしゃれを楽しめます。

また大人用だけでなく、ベビーの袴ロンパースなどもあるので、一度HPを覗いてみるとおもしろいかもしれません。

Sweet Mommy公式HPを見てみる

どんな料理を用意するの?

ひな祭りの代表的なお祝いメニューは5つあります。

  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • ひしもち
  • ひなあられ
  • 白酒

これらのメニューには、それぞれ意味があります。

ちらし寿司

おせちのように入っている具材に意味があり、エビは長生き、レンコンは見通しがきく、豆はまめに生きるといった具合です。

たくさんの具材が入っているため、「食べ物に困らないように」と願いが込められています。

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は対になっていないとピッタリと合わないことから、「一人の人と生涯連れ合うように」と願いが込められています。

ひしもち

緑、白、赤の餅を重ねてひし形に切ったものがひしもちです。
色にそれぞれ意味があります。

緑は「よもぎ」で長寿や健康、白は「菱の実」で子孫繁栄や「雪」で清浄、赤は「梔子」で魔よけの意味です。

雪解けの下には新芽が芽吹き、大地には桃の花が咲く春を表しています。

ひなあられ

もともとはひしもちに由来していて、ひしもちを細かく砕いて作ったものです。

意味は、ひしもちと同様に色ごとに願いが込められています。
また3色に黄色を加え、四季に見立て、1年中健康で過ごせるようにという意味もあります。

白酒

本来は、邪気を払い体力の充実をもたらす桃の花を酒に浸した「桃花酒」を飲んでいました。

それが江戸時代以降に桃花酒に代わり白酒が定着していきました。

仕出し弁当がオススメ

家族や親戚を招いてのお食事会をする家庭もあるでしょう。

赤ちゃんのお世話をしながら、普段とは異なる料理に加え、招く人数が多ければそれだけ準備が大変です。

離乳食が始まっているのであれば、赤ちゃんの分だけはひな祭り使用のオリジナルのアイディア溢れる離乳食を、手作りするのもいいかもしれません。

大人の食事は、お祝い膳のケータリングや出前などもあるので活用するのもよいでしょう。

オススメの宅配弁当サービス:東京正直屋

東京正直屋公式サイトはこちら

オススメは、大正13年創業と歴史のある「東京正直屋」の宅配弁当サービスです。

初節句にピッタリの華やかで美味しいお祝い膳が楽しめます。
種類も豊富で、どのお祝い膳にするか選ぶのも楽しいでしょう。

配達可能エリアは、東京、埼玉、千葉の一部なので、対応する地域に住んでいる方はチェックしてくださいね。

公式サイトを見る

記念撮影もお忘れなく!

せっかくの晴れやかな日なので、ぜひ記録に残しましょう。
スタジオなどで写真撮影をすれば、衣装を着て写真映えします
し、いつもと違った写真が楽しめます。

わざわざスタジオに行かなくても、自分たちで写真をたくさん撮ってあげるのもいいでしょう。

パパやママなどよく知った人が撮影すると赤ちゃんもリラックスして、自然にいい表情が撮れるかもしれません。

オリジナルフォトブックが作れる:らくらくフォトブック

らくらくフォトブック公式サイトはこちら
せっかく素敵な写真が取れたら、データのままおいておくなんてもったいないです。

お気に入りの写真を選ぶだけで、オリジナルフォトブックが作成できる「らくらくフォトブック」というサービスがあります。

フォトブックにすれば、思い出したときにすぐに見返すこともできますし、人にプレゼントしてもいいでしょう。
またコメントも入れることができるので、詳しく大切な思い出を残すことができます。

価格は、印刷タイプで1冊500円+送料なので、祖父母や親戚に贈るもの喜ばれるでしょう。

公式サイトを見る

お祝いをいただいたらどうすればいいの?

無事初節句を迎えることができたことで、お祝いをいただくことがあります。

お祝いをいただいたら、初節句のお祝いの席に招き、おもてなししましょう。
これが内祝いとなるので、品物でお返しする必要はありません。

もし都合がつかなかったり、遠方で来れない場合は、お祝い金額の1/3〜半額程度の品物を内祝いとしてお返しします。

遅くとも1週間以内に、のしは蝶結びの水引で赤ちゃんの名前にします。
お礼状と一緒に写真も贈ると喜ばれることでしょう。

赤ちゃんの成長を祝おう!

赤ちゃんにとっての初節句は生涯に一度きりです。

日本ならではの伝統やマナーも大切ですが、健康にすくすくと大きくなってくれるよう願いを込めて、それぞれの素敵で思い出に残る桃の節句を楽しみましょう。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...