新生児がしゃっくりをする原因って?効果的な止め方は?

生まれたばかりの赤ちゃんが、しゃっくりをしているのを見て「苦しそう…」と感じたことはありませんか?

「早くしゃっくりを止めてあげたいけど、どうすればいいの?」と悩んでいるママは多いようです。

あまり頻繁にしゃっくりをしていると、なにか悪い病気ではないかという心配もあるでしょう。

この記事では、新生児がしゃっくりをする原因と、しゃっくりを止める方法についてまとめました。

新生児がしゃっくりする原因って?


しゃっくりは、肺の下の横隔膜という筋肉が痙攣(けいれん)することで起きる症状です。

大人でも、食べ過ぎなどで胃や食道に刺激が加わると、横隔膜が痙攣してしゃっくりが出ることがあります。

生後間もない赤ちゃんは、体の機能が未発達なので、ちょっとしたきっかけで、しゃっくりをしやすいのです。

最近では、ママのおなかにいる胎児のころから、しゃっくりをしていることもわかっています。

  • ミルクと一緒に空気を飲み込んだ
  • ミルクを勢いよく飲みすぎた
  • 体温がさがっている(体が冷えている)

このようなことが、しゃっくりの理由としてあげられますが、まれに薬の副作用アレルギーでしゃっくりが出ることもあります。

離乳食がはじまっている子であれば、食べ物のアレルギーが考えられますが、ミルクしか飲まない乳児でもミルクアレルギーの可能性があるのです。

ママの食べたものの栄養分が母乳に入って、アレルギーを起こすこともあるでしょう。

ただほとんどのしゃっくりは生理現象で、成長とともに頻度も減り、心配いらないケースがほとんどです。

新生児のしゃっくりを止める方法は?


赤ちゃんがしゃっくりをしていると、苦しそうだと感じることもありますが、実際にはそれほどツラさを感じることはないようです。

多くの場合は、大人と同じように放っておけば自然に止まります。

あまりにもしゃっくりの回数が多かったり、長時間止まらないときには、次のような方法を試してみましょう。

母乳やミルクを飲ませる

大人でも「しゃっくりを止めるのに水を飲む」というのはよく使う方法ですが、赤ちゃんも飲み物を飲むことで、しゃっくりが治まることがあります。

乳児であれば、ミルクや母乳、白湯を飲ませましょう。

ゲップをさせる

母乳やミルクと一緒に、空気を飲み込んだことでしゃっくりが出ている場合は、ゲップで空気を吐き出すことでしゃっくりが治まることがあります。

授乳後はしっかりゲップを出して、空気が胃にたまらないようにすることも大切です。

哺乳瓶の乳首を、赤ちゃんの月齢に合ったものを使用することで、授乳のときに空気が入りにくくなります。

母乳の場合は、おっぱいを深くくわえさせるようにしましょう。

体を温める

体が冷えているのが原因でしゃっくりが出ている場合は、体を温めることが効果的です。

気温が低い場合は、部屋の温度をあげたり、暖かい服を着せます。

オムツがおしっこで濡れた状態でも体が冷える原因となるので、オムツを交換することも忘れずに。

背中をトントンする

背中を優しくトントンとたたいたり、赤ちゃんの姿勢を変えることでしゃっくりが止まることもあります。

背中をたたくときは、赤ちゃんを抱っこしてやさしくトントンとたたきましょう。
力を入れすぎないのがポイントです。

驚かせるのはNG!


しゃっくりを止めるときに、「驚かす」というのはよくある方法のひとつです。

実際に驚いたことで、しゃっくりが止まったという経験があるという人もいるでしょう。

ただ赤ちゃんのしゃっくりを止めるために,驚かすのはやめましょう。
おどろいて泣き出したり、恐怖心を与えることにもなりかねません。

息を止める」「水を一気に飲む」というのも、大人であればよく使う対処法ですが、赤ちゃんにおこなうのは危険なのでやめましょう。

病気の可能性は?


赤ちゃんのしゃっくりは、多くの場合放っておいても問題ありませんが、しゃっくり以外に気になる症状がある場合は、病気の可能性もあります。

  • 2時間以上しゃっくりが止まらない
  • くしゃみ・鼻水・発熱などの症状がある
  • 呼吸が苦しそう
  • ミルクや母乳をよく吐く(吐き気がある)
  • ミルクや母乳を飲む量がいつもより少ない
  • ぐったりして元気がない

しゃっくりと合わせて、このような症状が出ている場合は、小児科の受診をオススメします。

それではしゃっくりが出る病気には、どのようなものがあるのかみていきましょう。

逆流性食道炎

胃液が逆流することで、食道の粘膜が炎症を起こしている状態を逆流性食道炎といいます。

赤ちゃんは、胃からの逆流を防止する筋肉がしっかり発達していないために、逆流性食道炎になりやすいのです。

しゃっくりのほかによだれを垂らしていたり、ミルクや母乳を噴水のように吐く場合は、逆流性食道炎の可能性があるでしょう。

逆流した内容物が器官に入ると肺炎や気管支炎になる可能性もあり、最悪は窒息することもあるので注意が必要です。

大人であれば手術で人工的に逆流を防ぎますが、赤ちゃんの場合は成長して逆流を防ぐ仕組みが整うのを待ちます。

それまでは、授乳時の体勢に気をつけたり、ミルクや母乳の量を減らして回数を増やすなどの対策をとりましょう。

状況によっては、粘膜を保護する薬を使用することもあります。

参照:日本小児科学会「胃食道逆流症」

難治性しゃっくり

しゃっくりが1ヶ月以上続くときは、難治性しゃっくりの可能性があります。

胃や肺などの器官に疾患がある、重篤なケースもあるので、病院で検査をしてもらい適切な治療を受けましょう。

参照:サイト日本医事新報社「難治性吃逆(しゃっくり)への対応は?」

新生児のしゃっくりはほかの症状に注目する!


生まれたばかりの赤ちゃんは、大人と比べてしゃっくりが出やすいので、放っておいても問題ないことがほとんどです。

頻度が多いときは、紹介した対処法を試しながら様子を見ましょう。

育児中は、赤ちゃんのちょっとした変化も気になるものですが、「病気かも」と心配なときは、ほかに症状がないかをチェックしてください。

子どもの様子にも注意しながら、気になるときは早めに病院を受診して医師に相談しましょう。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...