離乳食のうどんはいつから?気を付けたいことは?レシピまとめ

つるっと食べられるうどんは、子どもも大好きなメニューでしょう。

「うどんっていつから食べられる?」
「うどんのアレンジがわからない」

そんな人のために、モチモチとした食感も人気なうどんの、離乳食として使うポイントやおすすめレシピを紹介します。
毎日の食事メニューに悩んでいるママたちは参考にしてください。

うどんはいつから使える?


うどんは、離乳食初期から食べられます。
10倍粥に慣れてきたら、食べ始めましょう。

うどんは炭水化物なので、お米と同じく、主食として使えます。
消化もよいので、離乳食にはピッタリの食材です。

うどんの原材料は、小麦粉です。
小麦粉は3大アレルゲンの一つで、小麦アレルギーになる心配もあります。

はじめて食べさせるときは、ひとくちひとさじにしましょう。
平日の午前中など、病院に行きやすい時間に食べさせるのも大切です。

湿疹や下痢などの症状が出たら、すぐにお医者さんを受診してください。

時期別の使い方は?


月齢別の調理形態をまとめました。

初期(生後5~6ヶ月ゴックン期)

  • トロトロ・裏ごし
  • やわらかくゆでる

中期(生後7~8ヶ月モグモグ期)

  • すりつぶす・細かく刻む
  • やわらかくゆでる

後期(生後9~11ヶ月カミカミ期)

  • 細かくカットする
  • やわらかくゆでる

完了期(生後12ヶ月以上パクパク期)

  • 食べやすい長さにカットする
  • やわらかくゆでる

参照:厚生労働省「離乳食の進め方の目安」

最初は、おかゆのようにすり鉢などでつぶし、裏ごししたペースト状から始めます。

たっぷりのお湯でしっかり下ゆでをし、水にさらして塩抜きをしてから調理してください。

赤ちゃんの体調や様子をみて、量を増やしていきましょう。

うどんにはどんな栄養があるの?


うどんには、エネルギーの元となる炭水化物が豊富に含まれています。

炭水化物は、身体を作るための重要な栄養素です。
主食となる炭水化物は、赤ちゃんの成長には欠かせません。

参照:厚生労働省「食品群の栄養成分的特徴」

うどんを使う注意点は?


うどんには、塩分が多く含まれています。
塩分は、消化器官が発達していない赤ちゃんの負担になるので、摂取することは避けてください。

麺の種類によって塩分量も違いますが、どれも赤ちゃんには多すぎるため、必ず塩抜きをしてください。

下ごしらえ+塩抜きのやり方

うどんは調理の前に下茹でし、塩抜きをする必要があります。

  1. 鍋に、たっぷりの水を入れる
  2. 沸騰したら、うどんを茹でる
  3. 水を切り、流水で洗い流す(乾麺の場合はとくに念入りに)

*少し長めの時間茹でると、赤ちゃんが食べやすい柔らかさになります。

うどんを選ぶポイント


スーパーなどで売られているうどんには、生麺・乾麺・冷凍うどんがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、調理のしやすさなどで選んでください。

麺の種類 メリット デメリット
生麺 ゆで時間が短い 賞味期限が短い
乾麺 食べやすい長さにカットしてからゆでられる ゆで時間が長い・塩分が多い
冷凍うどん 保存期間が長い コシが強め

コシの強いうどんはNG

コシが強いうどんは、赤ちゃんには食べにくいでしょう。

とくに離乳食初期の赤ちゃんには、すりつぶして食べさせるので、すりつぶす手間を考えると、コシのあまり強くないものがママもラクかもしれません。

赤ちゃん用うどん

「ふつうのうどんを離乳食に使うときは、下準備が面倒…」

赤ちゃん用の商品なら、あらかじめ食べやすい大きさにカットしてあり、塩分も入っていないので、調理もラクチンですよ。

離乳食に便利な保存方法は?


うどんは、調理してから冷凍保存するのが便利です。

  • 冷凍方法

下茹でし、塩抜きしてから冷凍庫で保存しましょう。
1食分ずつ小分けにすると、使いやすいですよ。

  • 解凍方法

電子レンジで加熱するか、出汁で調理します。

冷凍したうどんは、1週間を目安に使い切りましょう。

オススメうどんレシピ


うどんにはもともと塩が入っているので、とくに味付けは必要ありません。

ほかの食材と組み合わせることで、栄養バランスのよい離乳食ができます。

野菜白身魚・しらすなどのタンパク質がオススメです。

離乳食中期:白身魚とキャベツのうどん

やさしい味の白身魚と、うどんの相性はばっちりです。
野菜も加えて、栄養バランスもいいメニューになります。

材料:

  • うどん35g
  • 真鯛10g
  • キャベツ15g
  • だし汁1/4カップ
  • 水溶き片栗粉少々

作り方:

  1. 耐熱容器に、真鯛がかぶるぐらいの水を入れ軽くラップをして、電子レンジで約1分加熱する
  2. 加熱した真鯛は水気を切り、冷めるまで置いておき、その間にうどんをみじん切りにする
  3. 鍋に水を大さじ2とだし汁1/4カップを入れて、中火にかける
  4. キャベツをみじん切りにする(キャベツの芯の部分は取り除く)
  5. だし汁が煮立ってきたら、キャベツとうどんを入れて中火でしばらく煮る
  6. 真鯛を指でほぐしながら、骨と皮を取り除く
  7. ほぐした真鯛を鍋に入れて混ぜてから、水溶き片栗粉を入れとろみがついたら出来上がり

白身魚とキャベツのうどんの作り方を動画でチェック

離乳食中期:きな粉うどん

おやつにもオススメ、おいしいうどんレシピです。

材料:

  • うどん1/8玉(約40g)
  • きな粉小さじ4(8g)
  • 出汁1/4カップ

作り方:

  1. 耐熱容器にうどんと、うどんがかぶるくらいの水を入れて軽くラップをして、電子レンジで約1分30秒加熱する。
  2. 加熱後、うどんの水気を切り、うどんをみじん切りにする
  3. みじん切りにしたうどんと出汁を耐熱容器に入れ、軽くラップをして、電子レンジで約1分加熱する
  4. 加熱後、うどんをつぶす
  5. ある程度つぶしたら、きな粉を混ぜて出来上がり

*とろみが足りない場合は、お湯を加えて食べやすいように調整しましょう。
きな粉うどんの作り方を動画でチェック

離乳食中期:ほうれん草と納豆のうどん

ほうれん草と納豆をアレンジした、栄養抜群のレシピです。

材料:

  • ほうれん草10g
  • ひき割り納豆15g
  • うどん35g
  • だし汁1/4カップ

作り方:

  1. ひき割り納豆と茹でたうどんを、みじん切りにする
  2. ほうれん草の葉の部分を洗って、茹でる
  3. 茹でたほうれん草の水気を絞り、みじん切りにする
  4. 耐熱容器にみじん切りにしたうどんと、だし汁と水1/4カップを入れて軽くラップをして、電子レンジで約1分30秒加熱する

ほうれん草と納豆のうどんの作り方を動画でチェック

離乳食後期:わかめと豆の納豆うどん

離乳食が進んだカミカミ期にオススメの、具だくさんのうどんです。

材料:

  • うどん60g
  • 納豆15g
  • 絹さや5g
  • わかめ5g

作り方:

  1. 納豆をみじん切りにする
  2. うどんを3センチくらいの長さになるように切る
  3. 耐熱容器にうどんと、うどんがかぶるくらいの水を入れて軽くラップをして、電子レンジで約2分加熱する
  4. 加熱したら、水気を切る
  5. 耐熱容器に絹さやと、絹さやがかぶるくらいの水を入れて軽くラップをして、電子レンジで約2分30秒加熱する
  6. 加熱したら、絹さやの水気を切ってみじん切りにする
  7. うどんの上に、絹さやとわかめ、納豆をのせて出来上がり

わかめと豆の納豆うどんの作り方を動画でチェック

うどんを使ったベビーフード3選


お出かけするときや忙しいときに便利なベビーフードも、うどんメニューが揃っています。

うどんがあらかじめ食べやすい長さにカットしてあるので、すぐ食べられて便利です。

野菜をたっぷり使って栄養バランスにも優れた、人気メーカーのうどんのベビーフードを紹介します。

ビーンスターク「鶏ときのこの煮込みうどん」

ビーンスターク 鶏ときのこの煮込みうどん 80g 9ヵ月頃から

ビーンスターク 鶏ときのこの煮込みうどん 80g 9ヵ月頃から

155円(10/16 02:59時点)
Amazonの情報を掲載しています
価格(税抜き) 160円
対象月齢 9ヶ月~
使っている野菜 にんじん・さといも ・大根・しいたけ・ひらたけ

鶏そぼろと9種類の野菜を、やわらかく煮込んだうどんのベビーフードです。

9種類もの野菜を使って調理する手間を考えると、コスパもよく、ママにとってもうれしいベビーフードでしょう。

和光堂「グーグーキッチン 野菜と卵のあんかけうどん」

和光堂 グーグーキッチン 野菜と卵のあんかけうどん 80g

和光堂 グーグーキッチン 野菜と卵のあんかけうどん 80g

108円(10/16 02:59時点)
Amazonの情報を掲載しています
価格(税抜き) 119円(2018年8月編集部調べ)
対象月齢 9ヶ月~
使っている野菜 キャベツ・ごぼう・大根・にんじん

とろっとしたあんがおいしい、かき卵風のうどんです。
讃岐うどんと野菜をやわらかく煮込んでいます。

キユーピー「すまいるカップ かぼちゃと豚肉の煮込みうどん」

価格(税抜き) 220円
対象月齢 12ヶ月~
使っている野菜 じゃがいも・にんじん・かぼちゃ・玉ねぎ

カップタイプのベビーフードで、そのまま食べられるのでお出かけにも便利ですよ。
豚肉と野菜を昆布だしで煮込んだ、甘みのあるうどんです。

うどんを使って離乳食のバリエーションも広がる!


離乳食にオススメのうどんについて紹介しました。

いつものご飯にちょっと飽きてきたら、めんのメニューも新鮮です。

とくにうどんは、食べやすく子どもにも人気のある食材なので、たくさん食べてくれるかもしれません。

離乳食後期になると、大人と一緒のメニューも楽しめるでしょう。

うどんの調理法や保存方法をマスターして、レパートリーを増やしてみてはいかがですか。