妊娠線予防に人気の「モナマミー」評価は?顔や赤ちゃんの肌には使える?

「モナマミーの口コミ・評価はいいのか?」気になりますよね。

先輩ママの中には
「妊娠中は肌トラブルが酷かった」
「保湿していたのに妊娠線ができちゃった」

という人が、意外と多いようです。

MONA MOMMYは、お腹ケアクリームランキングで1位を獲得し、モニター調査でも満足度が90%以上の妊娠線クリームです。

妊娠線の予防にはもちろん、できてしまった妊娠線にも継続して使用すると、目立たなくなると口コミでも評判なんですよ。

この記事では『MONA MAMMYの口コミ評価、損しない買い方』などを紹介していきます。

モナマミー(MONA MAMMY)の特徴

≫公式サイトで詳細をチェック≪

MONA MAMMYには、どんな特徴があるのかみていきましょう。

厳重な安全管理

妊娠中は普段よりも肌が敏感になっています。
出産したママへのアンケートでも、全体の52%が肌トラブルを経験しているという結果になりました。

安全管理はもっとも大切なチェックポイントですよね。

MONA MAMMYは、ナチュラルさ効果にこだわって作られています。

厳選した自然素材を使用し、品質検査はもちろん、アレルギー検査やパッチテストを行い、肌トラブルが起きにくい処方になっています。

製造環境にも配慮されていて、国内でも有数のISO9001を取得している工場で、品質や環境を徹底管理して作られているんですよ。

ベビーにも使える

「こどもに使いたいかどうか」を商品開発の基準にしているというMONA MAMMYは、赤ちゃんにも、もちろん使用できます。

敏感な赤ちゃんでも使用できるというのは、安心できますよね。

家族みんなマシュマロ肌でいられるように、パパも一緒に使ってみてもいいかもしれません。

ママのお顔にも使える?

残念ながら、ママのお顔に塗るのはNGです。

MONA MAMMYを開発製造している、はぐくみプラスに問い合わせをしてみました。

MONA MAMMYは、ボディクリームとして開発されています。

パッチテストなども身体を対象に行っているため、お顔は避けた方が良いですね。

首などに塗る際に、多少ついてしまう分には問題ありませんが、お顔にしっかり塗ってしまうのは避けていただきたいです。

との回答をいただきました。
赤ちゃんとママのお顔のお肌はやはり別物で、肌環境も異なるためお顔は避けて使用しましょう。

つわりがあっても安心の無香料

ボディクリームのよい香りは、妊娠前ならうれしいものですよね。

でも妊娠中は、嗅覚が過敏になってしまうことがあります。

つわりなどがあると、ちょっとしたにおいにも敏感になってしまって、保湿剤を使えなくなることもあるでしょう。

MONA MAMMYは、無香料なのでつわりのときでも安心して使えますよ。

妊娠初期から妊娠線ケアをしているのとしていないのとでは、結果が違ってきます。

入浴後などにしっかりケアしてあげましょう。

5つのフリー

  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • アルコール
  • 紫外線吸収剤

MONA MAMMYは、以上の5つを使わずに作られています。

とくにアルコールや鉱物油は、肌に塗るとトラブルの原因にもなりかねません。

この5つを使っていないのは、かなり安心できるのではないでしょうか。

モナマミー(MONA MAMMY)の効果


MONA MAMMYにはどのような効果があるのでしょうか?

一つひとつみていきましょう。

そもそも妊娠線ができる理由は?

そもそもどうして妊娠線ができてしまうかご存知でしょうか?

お腹はもちろん体重の増加によって大きくなるバストやヒップが、急激な肌の伸びに対応しきれず、肌の下で断裂が起きて妊娠線ができてしまうんです。

気を付けたいのは、お腹やお尻だけではありません。

二の腕やお尻太ももなども妊娠線ができてしまうことも多いんです。

また妊娠中は肌サイクルが乱れやすく、お顔や足など全身の肌トラブルが起きやすくなっています。

妊娠線ケアに必要なのは、保湿効果肌サイクルを整える効果です。

しっかり保湿して柔らかな肌にしておくと、お腹が大きくなった時も皮膚がしっかり伸びてくれるため、断裂を起こさずにすみます。

妊娠線クリームは肌サイクルを整えてくれるので、トラブルが起きやすい関節部分や首筋など、お腹以外の全身にも、ぜひ使用してみてくださいね。

MONA MAMMYには、保湿効果も肌サイクルを整える効果も期待できるので、キレイなお肌のままいられますよ。

保湿効果

妊娠線のケアで一番重要なのは、保湿です。

MONA MAMMYは、角質まで保湿してくれるので、皮膚の内部まで柔らかくしてくれます。

角質層までしっかり保湿できれば、妊娠線もできにくくなるでしょう。

保湿してくれる成分をご紹介します。

自然派オイル

  • ココナッツ
  • アルガン
  • シアバター
  • オリーブ

美容に敏感な方なら、一度は聞いたことのある自然派オイルが豊富に配合されています。

エモリエント効果があるのも、自然派オイルの特徴で、水分の蒸発を防いでお肌に潤いと柔軟性を保つ効果が期待できますよ。

自然由来の成分なので、安心して使えますね。

ソメイヨシノ葉

ソメイヨシノ葉は、その名前の通り、桜のソメイヨシノから抽出した保湿成分で、肌に潤いを与えてくれる効果があります。

  • 抗炎症作用
  • メラニンの生成を抑制する作用
  • 美白
  • 肌荒れ防止

上記の効果も期待できる、非常に優秀な保湿成分なんですよ。

妊娠中は全身が乾燥しやすく、季節を問わずカサカサになりやすいので、優秀な保湿成分が配合されているのは、うれしいですよね。

美容成分

妊娠線ケアで重要なのは、保湿だけではありません。

妊娠中はホルモンバランスが乱れがちなので、肌サイクルにも悪影響がでてしまい、肌トラブルが多くなってしまうんです。

MONA MAMMYは、肌サイクルを整えてくれる美容成分も配合された、理想のクリームなのですね。

シラノール誘導体

シラノール誘導体とは、海外でも話題になっている美容成分で、お肌の乾燥や伸びが原因で起きてしまうひび割れを防いだり、深くついてしまったシワを緩和したりする効果が期待されています。

シラノール誘導体には「ケイ素」が含まれていて、皮膚が受けたダメージを回復してくれる効果があるといわれています。

妊娠線は、そもそも皮膚がダメージを受けてしまった状態のことです。

シラノール誘導体が配合されているMONA MAMMYなら、すでにできてしまった妊娠線のケアにも、効果が期待できるというわけですね。

幹細胞エキス

MONA MAMMYには、角質細胞を活性化させてくれる幹細胞エキスも、配合されています。
アンチエイジングなどにも効果が期待されていて「肌再生原料」ともいわれているんです。
幹細胞エキスが肌再生能力を促して、肌本来のリズムに整えてくれる効果が期待できますよ。

水にもこだわり

クリームや化粧水の成分を見ると、1番目か2番目に出てくるのはです。

容器に記載されている成分の、最初に出てくるものほど多く含まれているので、水はかなり多くを占めていることがわかりますよね。

どんなによい成分を配合していても、多くを占める水が高品質のものでなければ意味がありません。

MONA MAMMYは、水にもこだわって作られていて、北アルプスの天然雪解け水を使用しています。

水にまでしっかりこだわっているクリームは、あまりないんですよ。

公式サイトを見る

モナマミー(MONA MAMMY)の口コミ評価


実際に使用した人やモニターからの口コミも見てみましょう。
使用感などは個人差がありますが、参考にしてくださいね。

良い口コミ

  • お腹だけじゃなく、全身に塗っているおかげか、妊娠中でも乾燥知らずでいられた
  • できてしまった妊娠線に塗り込んでるけど、見た目も少しづつ薄くなってきたし、触り心地は全然違う
  • 肌のくすみや乾燥も和らいできた
  • 無香料なので、つわり中にも問題なく使用できる
  • コスパも良く、続けやすい

悪い口コミ

  • オイルが多く、保湿効果は期待できるけど、べたつきが気になる
  • できてしまった妊娠線は、1ヶ月使用してみてもあまり変化が感じられない
  • 敏感肌で合わなかったのか、赤いぽつぽつができてしまった

評価はおおむね良好でした。

コスパがよいのは、長い妊娠期間中重要なポイントですね。

MONA MAMMYなら、定期コースで2回目以降も割引があるので、安心です。

使用感や効果も期待できそうなのが、口コミからわかりますね。

できてしまった妊娠線を消すことはできませんが、目立たなくすることは可能です。

最低でも、3ヶ月以上継続することで、変化がみられるかもしれません。

妊娠していると今までの肌質と変わってしまうことがあるため、あわないことも考えられます。

クリームが肌にあわないと感じたら、使用を中止し病院で診てもらうと安心ですね。

またMONA MAMMYは、90日以内なら返金保証もあるので、公式サイトから問い合わせをしてみましょう。

モナマミー(MONA MAMMY)の使い方


MONA MAMMYを使い始めるおすすめのタイミングは、妊娠初期からです。
最低でも乾燥が始まる前や、体重が急激に増加してしまう前までには、ケアを始めておくと安心です。

まだお腹が大きくなっていないうちから、皮膚を柔らかくしておけば、妊娠線ができにくくなります。

MONA MAMMYは、保湿効果・美容効果が高いので、妊娠前からボディクリームとして使用してももちろんOKですよ。

ケア方法は?

MONA MAMMYのケア方法は、とっても簡単ですよ。
塗るタイミングは、お風呂上がりがベストです。

良く伸びるクリームなので、少量でも十分保湿できるのもうれしいですね。

軽くマッサージをしながら、リラックスして塗っていきましょう。

あまり多く塗りすぎると、べたついてしまうので注意してくださいね。

妊娠線は、体重の増加とともにできます。

「お腹だけでOK」と思わずに、ほかの部位でもお肉がついてしまう場所は、お腹と同じようにケアすることをオススメしますよ。

たとえば二の腕や足お尻などにもしっかりMONA MAMMYを塗っておきましょう。

モナマミー(MONA MAMMY)の買い方


MONA MAMMYは公式サイトから注文できます。

買い方は3種類です。

 

本体価格 送料
通常購入 6,980円(税込み) 送料540円
定期1個コース 初回1,980円(税込み)
2回目以降3,980円(税込み)
初回のみ送料無料
2回目以降送料540円
定期2個コース 初回3,980円(税込み)
2回目以降7,960円(税込み)
送料無料

通常購入

通常購入は、買い切りの購入方法ですが、約71%の割引もありませんし、初回から送料もかかってしまいます。

「1個だけお試ししたい」「第一子だし、そこまでたくさん使わない」という場合でも、1個定期コースをオススメします。

定期1個コース

MONA MAMMYが毎月1個づつ届く、手軽な定期便コースです。
注文の手間がないので、つわりや体調が安定しなくても続けられますよ。

初回がお得なので、試してみたいだけの方も定期1個コースがオススメです。

ただし初回は送料無料ですが、2回目以降は送料540円がかかってしまうのでご注意くださいね。

定期2個コース

MONA MAMMYが毎月2個づつ届く、お得な定期便コースです。
1個あたりの価格は変わりませんが、2回目以降も送料が無料になるので、お得に購入できます。

第一子やパパも含め、家族全員で使用する場合などは2個定期コースがオススメですよ。

定期便で注文しても、回数縛りはないので、1回だけでやめることもできます。

もし肌に合わない場合には、90日以内に問い合わせをすると返金してもらえるので、敏感肌の方や心配な場合には、1個定期コースでお試ししてみてくださいね。

定期便コースに申し込んだ方限定で、クリームと相性のよい、非売品のベビーオイルMONA OILをプレゼントしていますよ。

電話注文もOK

インターネットでの購入が不安な場合には、電話(0120-8993-17)での注文も受け付けています。

日・祝日以外は9時から18時まで受け付けていますよ。

疑問点や不安などがあれば、あわせて質問もできるので、安心して購入できますね。

楽天やAmazonなどでも買える?

MONA MAMMYは楽天やAmazonでの販売はありませんでした。

ドラッグストアやディスカウントストアなどでも販売していないので、現在購入できるのは公式サイトのみです。

水にまでこだわる高品質のMONA MAMMYでママのからだを乾燥から守ろう


妊娠線ケアは毎日の積み重ねが大事です。

毎日デリケートな肌に使用するので、当然安全でなければなりません。

MONA MAMMYは、配合成分の多くを占める水にまでしっかりこだわって作られているので、安心して使えますね。

美容成分や保湿成分も、申し分ないほど配合されているので、効果も期待できます。

モニター調査でも、90%以上の評価を得ているだけあって、お腹ケアクリームランキング1位も納得ですね。

妊娠出産を経てもキレイな女性でいられるように、MONA MAMMYで妊娠線ケアを始めてみてはいかがでしょうか?


診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...