【30代の妊娠】確率は変わる?20代との違いは?

「30代の妊娠はリスクを伴う可能性が高いの?」

「同年代にママさんが多くて焦る…」

「私の年齢で妊娠できる…?」

そう思う女性も多いようです。

一般的に、35歳以上の妊娠・出産を高齢出産と言います。

そして個人差はありますが、年齢とともに自然妊娠率(避妊をせずに妊娠する確率)は下がり、妊娠に伴うさまざまな出産リスクは増えてくると言われています。

30代はそのボーダーラインです。

しかし、30代でも、それ以上の年齢でも元気な赤ちゃんを授かる女性の方はたくさんいます。

今回はそんな30代女性の自然妊娠の確率や原因、出産リスクについてご紹介します。

自然妊娠率は年齢とともに下がっていく

20代と30代の自然妊娠率を分けると次のようになるといわれています。

  • 20代後半~30代前半…25~30%
  • 30代後半…18%

詳しくはこちら↓

この数値を見てもわかる通り、30代前半は20代の妊娠率とさほど変わりません。

しかし、35歳を過ぎると、自然妊娠率は下がっていきます。

また、加齢とともに流産する可能性も上がっていきます。

下の図は年齢別の自然妊娠率と生産率(出産率)、流産率を表したものです。

引用:一般社団法人 日本生殖医学会

なぜこのような結果になるのでしょうか。

これにはいくつかの理由があると言われています。

①年齢によるからだの衰え

年齢が上がってくると、体力の低下仕事と家庭の両立で悩む方も増えてきます。

それにより、ストレスを抱えたり、生活習慣が変化したり、女性の妊娠する力夫婦の子づくりに対する気持ちが弱くなってしまいます。

また、30代から、子宮筋腫子宮内膜症など、婦人科系のトラブルを抱える人が多くなっていくようです。

子宮筋腫について

子宮筋腫とは、30代~40代の女性に多くみられる、子宮壁にできるこぶのような良性の腫瘍で、筋肉が異常増殖したものです。

小さな腫瘍も含めると、女性の3分の1はかかると言われているものです。

子宮筋腫のはっきりした原因は分かっていませんが、1つだけ分かっていることは、女性ホルモンの影響で子宮筋腫が大きくなるということです。

子宮筋腫は30代後半から40代になると急激に増えると言われていますが、これはその年代に症状が出てきたり、ガン検診を受ける女性が多く、そのときに見つかる場合が多いそうです。

腫瘍の大きさが5センチを超える状態になると子宮の形が変わり、それが不妊の原因となるので、定期的に病院で検診を受けることをおすすめします。

子宮内膜症について

子宮内膜症とは、子宮の内膜に似た組織が子宮以外にできる病気です。

子宮内膜症の明らかな原因はわかっていませんが、女性ホルモン排卵の影響で月経周期に合わせて増殖します。

子宮内膜症になると、卵管という部分が詰まることもあり、それが不妊につながることもあるそうです。

そしてこの病気のピークは30代前半にあると言われています。

また、月経周期が短く、月経の期間が長い人のほうが発症しやすいとも言われていますし、遺伝的なものもあるともいわれています。

早期発見をし、正しい治療を行うことは症状の軽減や病気の進行を抑えることに効果的なので、やはり病院での定期的な検査は大切です。

②卵子の老化

女性の自然妊娠の確率が年齢とともに下がっていく原因として、卵子の数質の低下があげられます。

卵子の老化(数や質の低下)は、女性にとって避けられないことです。

卵子は、自分が産まれたときから体の中にあり、約700万個作られます。

出生後からその数はどんどん減っていき、毎日作られる精子と異なり新しく作られることは二度とありません

下のグラフからもわかる通り、年を重ねるほど卵子も年をとり、減り続けてしまうのです。

それによって女性の生殖能力が下がってしまい、妊娠しづらくなってしまいます。

引用:一般社団法人 日本生殖医学会

30代の妊娠のリスク

30代の妊娠には、さまざまなリスクを伴う可能性があると言われています。

あくまで可能性ですので心配しすぎる必要はありませんが、注意が必要です。

今回は胎児が抱えるかもしれないリスクとお母さんが抱えるかもしれないリスクに分けてご紹介します。

胎児の染色体異常によるリスク

年齢が上がるにつれ、染色体の異常を引き起こす可能性も高くなると言われています。

本来、染色体は男性でも女性でも同じ数同じ形持っているものです。

そしてその数や形が変わってしまうこと染色体異常です。

胎児の染色体異常によって起こりうるリスクをご紹介します。

流産のリスク

流産の原因には、胎児の染色体異常が多くを占めているそうです。

流産はどの妊婦さんにも起こる可能性があることですが、年齢が上がるにつれてその可能性も上がると言われています。

流産についての関連記事はこちら↓

ダウン症のリスク

ダウン症とは、胎児の染色体の異常によって発症します。

ダウン症を持って生まれた赤ちゃんは、先天的な心臓の疾患を持っていたり、産まれた時から普通の人よりも全体的にゆっくり発達していく特徴があります。

ダウン症の赤ちゃんが産まれる可能性も、年齢とともに上がっていくと言われています。

母体へのリスク

染色体異常によるリスクの他にも、お母さんが妊娠中に引き起こしてしまうかもしれない合併症というものがあります。

ここでは簡単に説明しますが、詳しく書かれている記事もあるので下のURLを参考にしてみてくださいね。

妊娠高血圧症

妊娠後期になると、赤ちゃんに栄養を送るために、お母さんの血圧が上がります。

このとき、血管が広がらずに血圧が上がってしまうため、高血圧になるのが妊娠高血圧症です。

妊娠する時期が遅くなるほど、血管の柔軟性がなくなるため、かかりやすくなります。

妊娠高血圧症についての関連記事はこちら↓

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、妊娠による身体の変化によって発症し、妊娠中に診断されたもののことをいいます。

その他の合併症や、早産や難産、場合によっては流産につながる場合もあるそうです。

妊娠糖尿病についての関連記事はこちら↓

帝王切開の出産

年齢とともにからだの柔軟性が失われていきます。

それと同じように、胎児が通る「産道」も、30代になると柔軟性が弱まるといわれています。

そのため、30代の妊婦さんの帝王切開率は20代の妊婦さんと比べて高いようです。

30代の妊娠のメリット

これまでリスクや危険性をたくさんご紹介してきましたが、30代の妊娠は決して悪いことばかりではありません。

30代だからこそ、20代の経験を妊娠生活に活かせることも多いんです。

ポジティブに妊娠を考えていきましょうね。

人生経験が豊富

仕事友達付き合いなど、これまで築き上げてきた人間関係が妊娠中のナイーブな気持ちを支えてくれます。

気持ちの浮き沈みが激しくなりがちな妊娠中も、気持ちに余裕をもって、前向きに、楽しんで過ごす人が多いようです。

経済的な安定

妊娠から子育てまで考えると、たくさんのお金が必要になってきます。

金銭面で悩む若い女性たちは多いでしょう。

仕事も安定し、20代に比べ比較的に金銭的な不安を感じることなく、妊娠生活を過ごすことが出来る人も少なくありません。

30代の体について正しい知識を

20代の妊娠に比べ、30代の妊娠は確率が低かったり伴うリスクも多いです。

20代の妊娠が理想的なことも事実です。

しかし、必ずしも30代で妊娠した子どもや母体に何かしらのトラブルがあるというわけではありません。

定期的な検診や対処法で避けられるリスクもたくさんありますし、何より自分の体の状態を理解し、正しい知識を持つことが大切です。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分