離乳食のカッテージチーズはいつから?気を付けたいことは?レシピまとめ

チーズのなかでも、塩分控えめ&低脂肪なカッテージチーズ。
くせも少なく、はじめて使うチーズにも向いています。

そんなカッテージチーズについて離乳食でいつから使えるのかをはじめ、栄養や選び方、保存方法やオススメレシピをまとめました。
ぜひ、参考にしてくださいね。

カッテージチーズはいつから使える?

カッテージチーズは、離乳食中期(生後7ヶ月~8ヶ月)から使えます。

乳製品のため、はじめてあげるときはアレルギーに注意が必要です。
かかりつけ医の開いている午前中に、1さじから進めるのが安心ですよ。

カッテージチーズとは

チーズと一口にいっても色々な種類があります。
そのためカッテージチーズに、なじみのない方も多いのではないでしょうか。

カッテージチーズは、生乳から脂肪分を取り除いた脱脂乳が原料の非熟成チーズです。

白色でやわらかく、ぽろぽろとしたそぼろ状のチーズで、クセが少ないのが特徴です。
裏ごしした商品も市販されています。

味は爽やかな風味と、ほんのり酸味があるのが特徴です。

スライスチーズをはじめとするプロセスチーズ粉チーズより脂肪分、塩分が少ないため離乳食に向いているといわれています。

チーズによっていつから使えるかが違う

チーズによって、脂肪分や塩分が異なるため、進め方も異なります。

目安としては

  • 離乳食中期から:カッテージチーズ・粉チーズ
  • 離乳食後期から:プロセスチーズ・クリームチーズ

が使えるようです。

ただ粉チーズは塩分が多く含まれているため、量は少なめにすると安心です。

時期別の使い方は?

時期別に使い方をまとめました。

  • 初期(5~6ヶ月)
    食べさせなくてよい
  • 中期(7~8ヶ月)
    そのまま
    他の食材と混ぜる
  • 後期(9~11ヶ月)
    そのまま
    他の食材と混ぜる
  • 完了期(12ヶ月以上)
    そのまま
    他の食材と混ぜる

離乳食中期以降、カッテージチーズは下ごしらえや加熱せずそのまま食べさせられます。
クセが少なくほかの食材との相性もいいので、いつもの離乳食に混ぜてあげるのもオススメです。

カッテージチーズにはどんな栄養があるの?

チーズは牛乳の栄養を凝縮して作られており、たんぱく質ビタミンAビタミンB2を豊富に含んでいます。

またほかのチーズと比べると少ないですが、カルシウムも含まれていますよ。

参照:農林水産省「国産ナチュラルチーズの魅力(3)」

カッテージチーズを使う注意点は?

カッテージチーズを離乳食に使う前に、押さえておきたい注意点をまとめました。

賞味期限をチェックしよう

チーズといえば、賞味期限が長いイメージがあるかもしれませんが、カッテージチーズの賞味期限は短いです。
水分をたくさん含んでおり、塩分が少ないため、長く保管することができません。

そのため

  • 賞味期限内に使う
  • 開封後は早めに使い切る

ことを心がけましょう。

パスタやサラダにも合うので、離乳食で余ったら大人のご飯に使うのもいいですね。

アレルギーに注意

アレルギーの発症数が多い、または重篤な症状になりやすい食品は、特定原材料として表示が義務付けられています。

現在は卵、牛乳など7品目あり、そのうちの1つが乳製品です。
カッテージチーズは原材料が脱脂乳であり、乳製品に含まれます。

そのため子どもにはじめて食べさせるときは、様子を見ながら少しずつ与えましょう。

はじめて与えるときは、

  • ほかのはじめての食材と一緒に与えない
  • かかりつけの空いている午前中に与える
  • 小さじ1程度の少量からはじめる

ことに気をつけて、始めてください。


たんぱく質の量をチェック

赤ちゃんは胃の発達が未成熟なため、胃に負担をかけるたんぱく質は適量を食べさせてあげるよう気にかけましょう。

乳製品の摂取量は

  • 離乳食中期(7~8ヶ月):50~70g
  • 離乳食後期(9~11ヶ月):80g
  • 離乳食完了期(12ヶ月~18ヶ月):100g

が目安です。

カッテージチーズ単体で超えることは、あまりないかもしれません。

ですが肉・魚・豆腐・卵・ヨーグルトや牛乳などのほかの乳製品と一緒に食卓に出す場合は、気にかけるといいですね。

カッテージチーズを選ぶ2つのポイント

カッテージチーズを選ぶときのポイントを紹介します。

ポイント1:賞味期限内に使い切れるサイズかどうか

カッテージチーズを選ぶときは、

  • 商品の回転が速い店で、使い切れる大きさの物を選ぶ
  • 食感のタイプを確認する

ことがオススメです。

賞味期限の短いチーズなので、賞味期限と容量を確認し、使い切れる商品を選ぶと食品ロスを防げます。

ポイント2:チーズの形状で選ぶ

カッテージチーズは、

  • そぼろ状のつぶタイプ
  • 裏ごしタイプ
  • 水分を抜いて押し固められたパニールタイプ

などが販売されています。

離乳食に使うなら、つぶタイプ裏ごしタイプを選びましょう。
とくに食感がなめらかな裏ごしタイプが使いやすいですよ。

離乳食に便利な保存方法は?

カッテージチーズは冷蔵庫で保存し、早めに食べ切りましょう。
常温保存はNGです。
また水分が多いため、カビが生えやすく、長期保存には向いていません。

使いかけは、乾燥と冷蔵庫のにおいが移るのを防ぐため密封容器に入れて、早めに使い切りましょう。

カッテージチーズは自宅で作れる

カッテージチーズは、レモンと牛乳があれば、自宅で手作りできます。

作り方は簡単です。

  1. 牛乳を温める
  2. 温めた牛乳にレモン汁少量を加える
  3. ペーパータオルなどでこす
  4. ホエーとチーズが分かれたら、完成

余裕があれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめカッテージチーズレシピ

URLをクリックすると作り方を紹介しているページに移動します。

料理が苦手なママでも完成させやすいよう、動画でわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

離乳食中期:チーズとさつまいものスープ

電子レンジを活用したお手軽レシピです。


ゆでると時間のかかるサツマイモも、レンジなら短時間でやわらかくなります。

火を使わないので暑い季節でも調理しやすく、鍋やフライパンなどの大きな洗い物がでないのもうれしいポイントです。

離乳食中期:かぼちゃとリンゴのスープ

たくさんの栄養を1品でとれるのがうれしい野菜スープです。
かぼちゃとりんごの自然な甘みで、赤ちゃんも食べやすそうですね。


かぼちゃのリゾット

余った粉ミルクを活用できるレシピです。

材料

  • かぼちゃ:40g
  • カッテージチーズ:小さじ1
  • 7倍がゆ:40g
  • 茹でたパセリ:少々
  • 調乳した粉ミルク:40ml

作り方

  1. かぼちゃは柔らかくゆでておく。
  2. お湯で溶いたミルク・かぼちゃ・カッテージチーズ・おかゆを合わせよく混ぜる。
  3. 茹でて細かく刻んだパセリを散らして完成。

後期になれば、トマトブロッコリーを入れて、より栄養豊富にアレンジしてもいいですね。
作り方動画はありませんので、ご了承ください。

離乳食後期:じゃがいもとチーズのおやき

相性抜群の組み合わせで、手づかみ食べにもピッタリのメニューです。



離乳食後期:チーズとコーンのポテトサラダ


アレンジポテトサラダで、献立のまんねりを解消しちゃいましょう。
味を変えれば、気分も変わってたくさん食べてくれるかもしれませんね。

カッテージチーズは離乳食中期から使えるので便利!

カッテージチーズはチーズのなかでも、早くから食べさせられる種類で、離乳食中期(7~8ヶ月)から使えます。

また塩分や脂肪分が少なく、たんぱく質ビタミンAビタミンB2が含まれているのが特徴です。

賞味期限が短いので、早めに使い切るといいですね。
サラダやパスタなど大人のご飯にも使えるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...