雪印ビーンスターク【つわびー】&【プラチナミルク】新商品発表会に行ってきた!

雪印ビーンスターク株式会社から、2018年9月13日「つわびー」という新商品が販売されます!

それにともない、大人のための粉ミルク「プラチナミルク」のスティックタイプ発売も、あわせて発表されました。

今回は「つわびー」がどういう商品なのかに注目!
編集部が新商品発表会に参加してきたので、いち早くみなさまにお届けします。

つわりで困っているママのための「つわびー」

稲葉社長

つわびーとは、島田先生と共同開発をした、妊娠初期の食べられないママのための、栄養補給を助けるための食品です。

つわびーはつわりがつらくて、食べることができないプレママのためのサプリです。

つわりの時期につらい思いをしている妊婦さんは多く、そんな困っている妊婦さんたちのために開発されたのだそう。

しかし、つわりの苦しさは人それぞれで、ときには入院するケースもあります。

つわりの苦しさは、どうにかならないのでしょうか。

つわりの救世主は「ビタミンB6」


マミーズクリニックちとせ 院長 島田茂樹先生

マミーズクリニックちとせの院長、島田先生によると、つわりで吐き気がする明確な原因は、まだ解明されていないそうです。

しかし、妊娠初期のつわりで、吐き気食欲が落ちたりすることで、食事を満足に食べられなくなるケースは多くあります。

また、つわりの時期がつらすぎて「次の妊娠はしたくないな」と、次の妊娠を躊躇することも、少なくないようです。

そんなつわりに、ビタミンB6が有効とされていると、マミーズクリニックちとせの院長、島田先生が教えてくださいました。

出典:マミーズクリニックちとせ 院長 島田茂樹先生

つわりにビタミンB6が有効とする論文は多く、アメリカの米国産婦人科学会では【推奨レベルA】とされています。

日本産婦人科学会による産婦人科診療ガイドラインでは、つわりの緩和にビタミンB6を与えるようにと、2017年に改正されました。

つわりにビタミンB6がよい、というのは世界的にいわれているのですね。

出典:マミーズクリニックちとせ 院長 島田茂樹先生

島田先生のクリニックで、実際につわりで苦しんでいる方にビタミンB6を飲んでもらったところ、70%の方が吐き気が改善されたそうです。

また、食欲の低下が改善した妊婦さんも、65%いたのだそう。

島田先生

ビタミンB6の摂取によって、より快適な妊娠初期を過ごすことができるようになる可能性があります。

もちろん、全員のつわりが改善されるわけではないようですが、つわりが楽になる可能性はあるといってよいでしょう。

編集部
わたしもつわりのときに、知っていたかったな…

妊娠初期に欠かせない「葉酸」

出典:マミーズクリニックちとせ 院長 島田茂樹先生

葉酸は、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすとして、厚生労働省から妊婦さんに推奨されている栄養素です。

神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんがママのお腹の中で成長する過程で起こる障害のことで、二分脊椎症無脳症をひきおこします。

「できることなら予防したい」と思うのは、親心かもしれません。

じつは、ママが葉酸をとることで、神経管閉鎖障害になる可能性が減ることが、世界中のさまざまなデータで実証されています。

島田先生は、多くのデータから葉酸の必要性を教えてくれました。

妊娠前~妊娠初期のプレママにとって、葉酸は摂らなければならない栄養素といっても過言ではないようです。

葉酸が必要なのにつわりで食べられない

出典:マミーズクリニックちとせ 院長 島田茂樹先生

島田先生のクリニックで行ったアンケートにようると、つわり中に栄養不足を感じている妊婦さんは76%もいたそうです。

編集部

吐いてしまったり、食欲が落ちることで、栄養不足を意識するのは、わたしにも覚えがあります。

出典:マミーズクリニックちとせ 院長 島田茂樹先生

しかし、栄養不足を感じているものの、日本の妊婦さんでサプリメントを使って、栄養を摂取している人10~20%しかいないようです。

妊娠初期のつわりで食べにくい時期にこそ、サプリメントで葉酸を摂取する必要性が高まります。

編集部

無理して「食べなきゃいけない」と思うのではなく、必要な栄養をサプリメントで補えばよいと考えたら、気持ちは楽になりますね。

「つわびー」はビタミンB6と葉酸のサプリ


島田先生のお話のあとは、いよいよつわびーの紹介です。

雪印ビーンスターク株式会社は、ママのための商品もたくさん開発しています。

今回、注目したのは「妊産婦の生活実態」でした。

出典:雪印ビーンスターク株式会社

つわりがひどくて、食事を満足に食べることができないプレママたちのなかには、栄養不足を心配する方が多くいます。

出典:雪印ビーンスターク株式会社

葉酸接種率のでデータを見ると、葉酸が大量に必要な妊娠初期が、もっとも葉酸の摂取量が低いとあります。

これは、食べて栄養を摂ることができない「つわり」が関係しているかもしれません。

雪印ビーンスターク株式会社 マーケティンググループ 千代﨑 茉璃奈 様

そこで、「妊娠初期の葉酸摂取を助けたい!」と、雪印ビーンスターク株式会社は考え、つわびーの開発を行ったそうです。

つわびーは、直径8mmの小粒タイプなので、食べられないときでも飲みやすい大きさ

においが気になる方のために、錠剤をコーティングしてあり、無味無臭で飲みやすさを意識して作られています。

編集部

これだと、食欲がないときでも、飲みやすそうです。

つわびーの成分


つわびーの主要成分は、葉酸とビタミンB6です。

  • 葉酸:400μg
  • ビタミンB6:25mg

葉酸は厚生労働省の推奨量を考えて、400μg配合されています。

ビタミンB6は、25mg。
島田先生のクリニックで、70%の方が吐き気が軽減されたという結果がでたときに、妊婦さんにビタミンB6を飲んでもらった量と同じです。

ただし、ビタミンB6の1日の上限は、45mg。

そこで、1日3回の個包装にして飲みすぎないように、さらに3回に分けて飲むことで、血中濃度の維持まで考えられています。

  • 価格:10日分900円(税抜)

1日当たり、税込みでも100円を切る金額です。

編集部

この金額だったら、試してみてもいいのでは?と思いました。

全国の産婦人科で試供品の配布を実施

出典:雪印ビーンスターク株式会社

多くに妊婦さんに知ってもらうために、つわびーの試供品を全国の産婦人科医で配っているようです。

つわりでツライなぁと思っている方に、少しでもつわびーを知ってもらいたいという思いから、試供品を配布していると、雪印ビーンスターク株式会社の方がお話くださいました。

大人のための粉ミルク「プラチナミルク」

雪印ビーンスターク株式会社は、粉ミルクで有名な老舗企業です。

お客様センターに「赤ちゃん用のミルクを高齢者が飲んでもいいの?」という内容のお問い合わせがあったことが、開発のきっかけになったのだそう。

赤ちゃんはミルクだけで栄養を摂りますが、大人は食事をするので、赤ちゃん用の粉ミルクを牛乳の代わりに飲むと、栄養過多になってしまう可能性もあります。

そこで、大人用に開発されたのがプラチナミルクです。

出典:雪印ビーンスターク株式会社

牛乳とプラチナミルクforバランスを比較すると、脂質は少なめですが、たんぱく質やカルシウム、鉄・亜鉛などのミネラル、ビタミンA・B1・B6・E、DHAが豊富に含まれています。

編集部

普段飲んでいるコーヒーに、プラチナミルクを入れるだけで、簡単に栄養をとることができるのです。

今回、新発売はスティックタイプ

大人向け粉ミルクのプラチナミルクは、2017年に販売開始をしてから右肩上がりに売れています。

しかし缶での販売だったため「少しだけ試してみたいな」という声があったのだそう。

そこで、2018年の春に風味を改良し、この秋にスティックタイプを販売することになりました。

妊婦さんにもおすすめ!


プラチナミルクは高齢者に人気がある商品のようですが、じつは妊婦さんにおすすめです。

スティックタイプであれば、職場にも持って行きやすく、働く妊婦さんが手軽に栄養補給できます。
バランスよく栄養を摂ることが、体によいというのは、もはやみんなが知っている常識かもしれません。

しかし、実際にバランスよく栄養を摂るのは、結構難しいと感じています。

編集部

どうせ栄養を摂るなら美味しく摂りたい方は、自分が好きな味なのかを、スティックタイプで試せるのがうれしいですね。

実際に試飲&試食をさせてもらいました!

プラチナミルクを冷たい水で溶かしたものを、試飲させてもらいました。

編集部

ほんのり甘くておいしい…!

編集部

牛乳よりは若干甘い気がするけど、後味がすごく牛乳みたい…!これは牛乳の代わりに飲める味!

思っていたよりおいしいかも♡

アレンジレシピとして、アイスも試食。

プラチナミルクとジュースを混ぜて、製氷皿で凍らせるだけの簡単アレンジです。

編集部

トマトジェラードだ!…むっちゃトマト感がして濃厚!

編集部

バランスラッシー美味しい!これが一番好きかも♡

冷たいアイスは、さっぱりしているので、口の中がスッキリします。

「つわり中でもこれなら食べられる!」と思う妊婦さんは、結構いるんじゃないかな、と思った味でした。

なによりも、混ぜて凍らせるだけの手軽さがいいですね。

「つわびー」と「プラチナミルク」を一緒に摂っても心配ない?


質疑応答のお時間で、気になることを聞かせていただきました。

葉酸やビタミンB6には、過剰摂取にならないように上限値があります。
つわびーにも、プラチナミルクにも、葉酸・ビタミンB6が入っていますが、はたして一緒に飲んでも、過剰摂取にはならないのでしょうか

結論からいいますと、つわびーを1日3回飲んで、プラチナミルクを数回飲む程度では、過剰摂取になることはないそうです。

葉酸の上限値は1000μg

  • つわびー1日分:400μg
  • プラチナミルク1回分:13µg

ビタミンB6の耐用上限は45㎎

  • つわびー1日分:25㎎
  • プラチナミルク1回分:0.12mg

上記を考えると、つわびーを摂取しながらプラチナミルクを1日数杯飲んでも、なんの心配もいりません。
安心して飲めますね。

雪印ビーンスターク株式会社ってどんな会社?


雪印ビーンスターク株式会社 代表取締役社長 稲葉聡様

雪印ビーンスターク株式会社は、2002年に雪印乳業(現:雪印メグミルク)株式会社と、大塚製薬株式会社の共同出資で「赤ちゃんとご家族のすこやかな笑顔のために」誕生した会社です。

出典:雪印ビーンスターク株式会社

じつは、日本で初めて全国規模で母乳調査を開始したのは、雪印ビーンスターク株式会社なのだそう。

約60年にわたる母乳研究をしてつちかった技術を、赤ちゃん用の粉ミルクをはじめ、多くの商品に活かしている会社です。

赤ちゃんだけでなく、ママ向け、シニア向けの商品も増え、まさに家族みんなの笑顔のために商品展開をしています。

今回発売のつわびー、プラチナミルクの開発背景を聞いて、しっかりママや家族のことを考えている会社なんだなーと、感動していました。

つわびー共同開発者の島田先生


マミーズクリニックちとせ院長島田先生と編集長

つわびーの開発に大きくかかわった島田先生は、お腹の赤ちゃんはもちろんのこと、妊婦さんにもしっかり寄り添うステキな先生でした。

ご自身のクリニックで妊婦さんのために、「つわりを楽にしてあげたい」と考えられています。

妊娠中は、どうしても赤ちゃんを優先して考えがちです。
しかし、妊婦さん自身の体も大切
そんな思いをもって、商品開発にのぞまれていました。

ひとりでも多くのママに笑顔でいてほしいという思いは、赤ちゃんの部屋編集部と同じです。

多くのママが、笑顔で楽しいマタニティライフをすごせますようにという思いが、ぎゅっと詰まった新作発表会でした。