【生後5ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?

生まれてから5ヶ月、どんどん成長していく赤ちゃん。
このころから、いよいよ離乳食をはじめる赤ちゃんも多いでしょう。

「離乳食ってどうはじめればいいの?」
「どんなものを食べさせたらいいの?」

ママと赤ちゃんにとってもはじめての離乳食は、わからないことや心配なこともあるかもしれません。

生後5ヶ月の離乳食の進め方や、注意したいことを詳しくまとめました。
おすすめメニューも紹介するので、参考にしてくださいね。

生後5ヶ月は離乳食初期

生後5ヶ月は、離乳食がはじまる時期です。
生後5・6ヶ月は離乳食のゴックン期ともいわれ、赤ちゃんは噛まずにゴックンと飲み込みます。

そのためヨーグルトくらいのかたさを目安に、なめらかにすりつぶした、飲み込みやすい形状に調理した離乳食を食べさせましょう。

離乳食をはじめるタイミングの目安をチェック!

離乳食をはじめるタイミングは、人それぞれですが、こんな様子を示したら離乳食をはじめるタイミングです。

  • ひとりでおすわりができる
  • 大人が食事をしている様子に興味を示す
  • スプーンなどを口に入れても、舌で押し出すことがなくなる

月齢に関係なく赤ちゃんの様子を見て、離乳食を始める時期を判断しましょう。

生後5ヶ月の離乳食の進め方

離乳食を進めるスケジュールを、チェックしましょう。
子どもの発達には個人差があるので、様子を見ながらあまり焦らずに進めてくださいね。

赤ちゃんが飲み込むこと、食材の舌触りに慣れることが目的です。
そのため食べないからといって、慌てる必要もありません。
赤ちゃんのペースに合わせて、少しづつ慣れさせましょう。

アレルギーの心配の少ない、おかゆからはじめましょう。

参照:厚生労働省「離乳食の進め方の目安」
参照:厚生労働省「離乳食」

1日に離乳食を食べる回数は1回

離乳食は、1日1食からはじめます。
離乳食をはじめて1ヶ月間の離乳食は、1日1回です。

  • 食事:1回
  • おやつ:なし

母乳・ミルクと離乳食の割合

離乳食をはじめたばかりのこの時期は、母乳やミルクからの栄養が欠かせません。
母乳やミルクは、赤ちゃんの飲みたいだけ飲ませてあげてください。

1回の離乳食の量

生後5ヶ月の、離乳食を食べさせる量の目安です。

赤ちゃんの食欲や体調によって、調整してください。

1食あたり

  • 主食(炭水化物):30gくらい
  • 主菜(たんぱく質):5gくらい
  • 副菜(野菜):15gくらい

おやつ

  • なし

スプーン小さじ1からはじめます。
まずは10倍がゆを食べさせてみましょう。

慣れてきたら、野菜や果物も食べさせます。
やわらかく茹でて、ペースト状にすりつぶしてからお湯やだし汁、野菜スープなどでゆるめてください。

赤ちゃんの様子をみながら、徐々に量を増やしていきます。

1週目 1~2日目 小さじ1
3~4日目 小さじ2
5~7日目 大さじ1(小さじ3)
2週目 8~14日目 おかゆ:大さじ1
野菜:小さじ1
3週目 15~30日目 おかゆ:大さじ1~2
野菜:小さじ1~3

離乳食を食べる時間帯

離乳食を食べさせる時間帯は、午前中の授乳前がオススメです。

1回食の目安

  • 午前中の授乳前(決まった時間に食べさせる)

もし体調が悪くなったときに、お医者さんに行きやすい時間帯でもあります。

生後5ヶ月の離乳食にオススメレシピ

10倍がゆに慣れてきたら、野菜を食べさせましょう。
離乳食初期にオススメの食材を使った、素材の味を生かしたいろいろな種類のレシピを厳選して紹介します。

離乳初期の基本:カンタン!10倍がゆ

離乳食は、10倍がゆからはじめます。

10倍がゆは、米:水の割合=1:10で作ったおかゆです。
水分が多いので飲み込みやすく、消化器官が未発達の赤ちゃんにもぴったりです。

材料:

  • 炊いたご飯大さじ1
  • 水50cc

作り方:

  1. 鍋にごはんと水を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮る
  2. ふたをして、そのまま10分ほど蒸らす
  3. すり鉢などで、なめらかになるまですりつぶす

素材の甘みを生かす!かぼちゃを使った離乳食

離乳食の初期は、調味料は使わず味付けはしません。
かぼちゃ甘みがあるので、赤ちゃんもおいしく食べられるでしょう。

かぼちゃがゆのレシピを紹介します。

材料:

  • 5倍がゆ大さじ1
  • お湯大さじ1
  • かぼちゃ10g

作り方:

  1. 5倍がゆをすり鉢に入れ、なめらかになるまで潰し、お湯を大さじ1加えて混ぜる
  2. かぼちゃをラップで包み、電子レンジで約1分程加熱する
  3. 加熱したかぼちゃをラップで包んだまま指でつぶす
  4. 指でつぶしたかぼちゃを、1で作ったおかゆの中に入れて混ぜて完成

作り方を動画でチェック↓

おかゆとの相性も抜群!野菜を使ったトロトロ

とろみのある食感で、離乳食をはじめたばかりの赤ちゃんにも食べやすいメニューです。

トロトロはいろいろな野菜で作れるので、離乳食のバリエーションも増えるでしょう。

さつまいもとにんじんのトロトロのレシピを紹介します。

材料:

  • にんじん10g
  • さつまいも20g

作り方:

  1. にんじんとさつまいもの皮を剥いて、スライスする
  2. スライスしたにんじんとさつまいもを耐熱容器に入れ、ひたひたになるくらいの水を入れて、電子レンジで約2分30秒加熱する(加熱時にでた汁はとっておく)
  3. 加熱したにんじんとさつまいもを、取り出して裏ごしする
  4. 裏ごししたら、加熱したときの汁を少しずつ加えて、トロトロになったら完成

作り方を動画でチェック↓

栄養たっぷり!緑黄色野菜の離乳食

赤ちゃんの成長には欠かせない鉄分やビタミンが含まれているほうれん草小松菜などの緑黄色野菜など、離乳食にもオススメの食材が豊富のメニューです。

ほうれん草のクリームソースのレシピを紹介します。

材料:

  • ほうれん草(葉先のみ使用)5g
  • ホワイトソース1袋

作り方:

  1. ほうれん草の葉先を耐熱容器に入れ、ほうれん草がかぶるくらいの水を入れて、電子レンジで1分30秒加熱する
  2. 加熱したほうれん草の水気を切って、あらみじん切りにして、すり鉢ですりつぶす
  3. すりつぶしたほうれん草をお皿に盛り付け、規定の量のお湯で溶かした市販のホワイトソースをかけて出来上がり

ちょっとひと手間ですが、ほうれん草はアクが強いので、しっかりアク抜きをしてください。

ほうれん草の下ごしらえ

  1. 沸騰したお湯に、ほうれん草を入れ下茹でする
  2. 冷水にさらす
  3. 水にさらした後は、しっかり水気をきる

下ごしらえで、ほうれん草のエグミがとれるので、赤ちゃんも食べやすくなりますよ。

作り方を動画でチェック↓

生後5ヶ月の離乳食で注意したいこと

離乳食の進め方には、個人差があります。
赤ちゃんの体調や状態をみながら、ゆっくり進めましょう。

1:離乳食を食べないときは

食べなかったり、口から出すときは、ムリに食べさせなくてもよいでしょう。

赤ちゃんの機嫌のよいときや、健康状態が安定しているときにはじめるのがオススメです。

食べないときはこうしてみよう

スプーンを口の奥に入れると、嫌がることがあります。

少量を下唇の上にのせるようにしてみましょう。
そして上唇が閉じるのを待ちます。

赤ちゃんが自分で口を閉じて、食べ物を取り込むことが大切です。

2:アレルギーが心配

はじめての食材を、食べさせるときは「食物アレルギーが心配」というママも多いでしょう。

どの食材でも同じですが、はじめて食べるときは、少量からスタートしてください。
様子を見ながら、量を増やしていきす。

食べたあとに、湿疹下痢などの症状が出た場合は、お医者さんを受診してください。

離乳食をはじめよう!

生後5ヶ月はいよいよ母乳やミルクだけだった赤ちゃんが、離乳食をスタートする時期です。

離乳食は、上手に食事ができるようになる練習でもあります。
離乳初期の5ヶ月は離乳食も、まだ始まったばかりです。

最初は、食べ物をゴックンと飲み込めればOK!
離乳食を続けるうちに、上手に食べられるようになっていきます。
焦らずにゆっくり進めていきましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...