離乳食の鮭はいつから?気を付けたいことは?レシピまとめ

たんぱく質やビタミン、EPAやDHAが含まれており、栄養たっぷりな鮭は離乳食にもオススメの食材です。

「鮭はいつから食べられるの?」
「魚類は栄養があるけど、調理が難しそう」

など心配なママもいるでしょう。

鮭は白身魚に分類されますが、鯛やカレイより離乳食で使える時期が遅いです。

この記事ではそんな鮭について、離乳食でいつから使えるのか、使い方や注意点、選び方について紹介します。

鮭はいつから使える?

鮭は離乳食中期(生後7~8ヶ月ごろ)から使えます。

鮭は身がピンク色なので、赤身魚と思われがちですが、じつは白身魚に分類されます。
ただタイやカレイなどの離乳食初期から使用できる白身魚と比べ、脂が多いため、離乳食中期から食べさせる方がよいようです。

また鮭を食べて、アレルギー症状を起こす赤ちゃんもいます。
はじめて食べさせるときは注意し、食後は様子を気にかけてあげましょう。

時期別の使い方は?


時期別に使い方をまとめました。

  • 初期(5~6ヶ月)
    食べさせなくてよい
  • 中期(7~8ヶ月)
    ゆでる
    下ゆでをしてから煮る
  • 後期(9~11ヶ月)
    ゆでる
    焼く
    煮る
    揚げる
  • 完了期(12ヶ月以上)
    ゆでる
    焼く
    煮る
    揚げる

離乳食初期には、食べさせません。

離乳食中期に食べさせる場合は、脂分を落とすため下ゆでしてから使うのがオススメです。
水溶き片栗粉でとろみをつけると、パサパサ感がなくなり、たべやすくなります。
また離乳食後期以降は、ゆでる、焼く、煮る、揚げるなど幅広い使い方ができますよ。

どの時期でも、皮や骨は食べさせません。
取り除いてあげてくださいね。

鮭にはどんな栄養があるの?


鮭の主な栄養成分はたんぱく質です。
そのほかに、

  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • エイコサペンタエン酸(EPA)
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)

などの不飽和脂肪酸が含まれています。

たんぱく質は筋肉や血になり体をつくる働きをします。
また脂質に含まれているDHAやEPAは、脳の発達や視力の向上に関与しているそうです。

そのほかに血栓をできにくくする働きもあり、大人の体にもいいですよ。

参考:厚生労働省「食品群の栄養成分的特徴」

参考:農林水産省「魚食大国ニッポン」

鮭を使う注意点は?


はじめて食べさせるときは、アレルギーに注意しましょう。

食物アレルギーは、体を守るための免疫が摂取した食物を、異物と認識し、過剰に体が反応するために起こります。

湿疹じんましん、下痢、嘔吐、呼吸器系の症状など症状はさまざまです。
重症の場合命にかかわることもあります。

鮭は、表示を推奨する特定原材料に準ずる18品目にも選ばれており、赤ちゃんによってはアレルギー症状を引き起こす可能性があります。
かかりつけ医の開いている午前中に、1さじから始めるのが安心ですよ。

食べ過ぎは体に負担がかかる

たんぱく質の摂りすぎは、子どもの体に負担をかけてしまいます。

量の目安としては

  • 離乳食中期:10~15g
  • 離乳食後期:15g
  • 離乳食完了期:15~20g

です。

成長にしたがい、食べられる量が増えていきます。
ほかの肉や豆腐、乳製品や卵などのたんぱく質と一緒に摂取するときも、たんぱく質の量の合計が多くならないよう気を付けましょう。

鮭を選ぶ5つのポイント


離乳食で使う鮭を購入するときは、

  • 生鮭であるか
  • 皮が銀色で、身がしまっているか
  • 脂の少ない部位か
  • 骨の周りに赤い血がついていないか
  • ドリップ(赤い液体)がでていないか

の5つを確認しましょう。

離乳食に使えるのは、味の加工がされていない生鮭です。
新鮮な生鮭は、皮が銀色で身に弾力があります。
鮭は腹側より背側のほうが脂が少なく、離乳食に向いています。

また骨の周りに赤い血がついていたり、ドリップとよばれる赤い液体がでているものは、鮮度が落ちている可能性が高いため避けるのが無難です。

サーモンも鮭と同じように使っていいの?

スーパーやお寿司屋さんで見かけるサーモンは、ニジマスを海で養殖したトラウトサーモンと呼ばれるものがほとんどです。
育つ場所が違うため鮭とは分類が異なりますが、近い品種のため鮭と同じ進め方でよいようです。

ただしお刺身用など生食用はたくさん脂が、のっていることが多いです。
表面が光っている脂の多いものは、離乳後期から使うようにしましょう。

参照:一般社団法人母子栄養協会「鮭(さけ)はいつから? サーモンは赤ちゃんにあげていい?」

塩鮭は離乳食に不向き

スーパーなどでは長期保存を可能にするため、鮭を塩に漬けた塩鮭も販売されています。
塩鮭塩分が多く含まれているため、離乳食には向きません。

また甘鮭甘口、甘塩鮭などと表示されている鮭も、塩水で加工されているため赤ちゃんにとっては塩分が多いです。
生の鮭を選ぶようにしましょう。

鮭フレークは離乳食に使っていいの?

おにぎりの具やご飯にかけるのにも便利な鮭フレーク
離乳食に使うのは、絶対NGというわけではないようです。

ただ食べてわかるように味が濃く、塩分添加物が気になります。
そのため使う場合は、離乳食後期以降に少量のみがよいようです。
ムリに使う必要はありません。

離乳食に便利な保存方法は?


鮭は冷蔵庫または、冷凍庫で保存できます。

冷蔵庫での保存は消費期限内に

すぐ使う場合は、冷蔵庫で保存しましょう。
日にちがたつほど鮮度が落ちるので、表示されている賞味期限を目安に早めに使うといいですね。

冷凍保存は10日くらいで消費

まとめて下ごしらえして、1回分ずつフリージングすることもできます。
方法は以下の通りです。

  1. ゆでる
  2. (または耐熱容器に少々の水と一緒に入れ、ラップをかけてレンジで加熱する)

  3. 骨と皮を取り除く
  4. 使う大きさにほぐす。
  5. ラップに包む、小分けパックにいれる、製氷皿にいれるなどして1食分ずつ分けて冷凍する。

冷凍保存でも、期間がたつと劣化するため、1週間から10日程度で使い切るようにしましょう。

おすすめ鮭レシピ


手軽に作れるレシピを紹介します。

離乳食中期:鮭と大根のだし煮

鮭と大根を使っただし煮の作り方をご紹介します。
7ヶ月から8ヶ月離乳食中期向けのレシピです。

材料

  • 10g
  • 大根20g
  • だし汁1/3カップだし汁の作り方
  • 水溶きかたくり粉小さじ1~2

作り方

  1. 皮を剥いた大根をすりおろします。
  2. なべにすりおろした大根とだし汁を入れて中火で煮ます。
  3. 大根とだし汁を煮ている間にをみじん切りにします。
  4. なべの中が煮立ってきたらみじん切りにしたをなべに入れて火が通るまで煮ます。
  5. に火が通ってきたら水溶きかたくり粉を入れてとろみをつけて出来上がりです!

魚の骨はきちんと取り除きましょう!

片栗粉でとろみをつけているので、魚のパサパサした食感が苦手な赤ちゃんでも食べやすいメニューです。
慣れ親しんだだし汁の味で、受け入れやすいかもしれませんね。

鮭を使ったベビーフード3選


子育て中のママの強い味方ベビーフードにも、鮭が使われています。
活用してみてはいかがでしょうか。

和光堂/鮭と青菜の和風あんかけの素

  • 価格(税抜き):290円
  • 対象年齢:7ヶ月~
  • 内容量:2.7g×5包

生後7ヶ月から使える、鮭と国産野菜のあんかけの素です。
お粥・軟飯・うどんに混ぜあわせたり、野菜にかけたりとアレンジ自在なのがうれしいですね。

キューピーベビーフード/鮭と野菜のクリームシチュー

  • 価格(税抜き):150円
  • 対象年齢:12ヶ月~
  • 内容量:80g

じゃがいも、玉ねぎ、人参、とうもろこしと一緒に牛乳やバター、小麦粉、チキンエキスなどで鮭をじっくり煮込んだシチューです。
クリーミーな味で、子どもでも食べやすく仕上げてあります。

和光堂/鮭とほうれん草の雑炊弁当

  • 価格(税抜き):279円
  • 対象年齢:9ヶ月~
  • 内容量:80g×2

お出かけに便利なお弁当タイプのベビーフードです。
器にもなる使い捨て容器に入っており、温めなくても食べられるのが魅力です。
スプーンもついていますよ。

鮭とほうれん草の雑炊」と「茶わん蒸し」の組み合わせです。

雑炊はにんじんや大根などの野菜、茶わん蒸しには野菜やタラが使われています。

鮭は離乳食中期から使える!


栄養たっぷりな鮭は、離乳食中期から使えます。
選ぶときは塩分の多い塩鮭、甘鮭ではなく、新鮮な生鮭の切り身がオススメです。

離乳食は母乳やミルクから、固形食を食べられるようにステップアップする準備期間です。

育児は大変なことも多いですが、フリージング(冷凍保存)やベビーフードも活用しながら、ママも赤ちゃんも楽しく進めていけるといいですね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...