母子手帳ケースの選び方は?人気のブランド・機能的なのはどれ?

妊娠中、ママの様子と、お腹の赤ちゃんの成長記録に使う母子手帳。

赤ちゃんが生まれたあとも、予防接種や検診があり、母子手帳のほかにも、都度必要なものが多くあります。

そこで母子手帳ケースを使って、母子手帳と保険証などを、ひとつにまとめることで、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。

母子手帳ケースは、種類やデザインが豊富です。
いざ購入するとなると、どれにしようか迷ってしまいがち。

そこで今回は母子手帳の選び方と、人気商品を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

母子手帳の選び方

母子手帳ケースを使うのは、妊娠中だけではありません。
子どもが6歳くらいまでの間は、頻繁に使うようです。

産後は、赤ちゃんの保険証や診察券、予防接種の予診票が必要となるので、持ち歩くものの量が増えるでしょう。

そのため、好みのデザインというだけでなく、容量や機能などをみて自分にとって使いやすいものを選ぶとよいです。

1:母子手帳ケースに入れるものを確認

妊娠中には下記を母子手帳ケースに入れて持ち歩きます。

  • 母子手帳
  • 産婦人科の診察券
  • 妊婦検診受診票
  • 自治体から渡された健診票
  • 病院の領収書(医療費控除に使うため)

そのほかにもペンや安産お守り、エコー写真を入れる方が多いようです。

産後は下記を母子手帳に入れて持ち歩きます。

  • 母子手帳
  • 自分の保険証
  • 子どもの保険証
  • 医療証
  • 診察券
  • お薬手帳
  • 受診票

こうしてみると、妊娠中も産後もたくさんのものを持ち歩く必要があるとわかります。
母子手帳ケースにひとまとめにしておけば、すぐに持ち出せて便利です。

2:母子手帳ケースの種類

母子手帳ケースには、下記の種類があります。

  • ブックタイプ(マルチタイプ)
  • ジャバラタイプ
  • がま口タイプ
  • ファイルタイプ

まずはそれぞれの特徴を確認しましょう。

ブックタイプ(マルチタイプ)

メリット 何がどこに入っているかわかりやすい
かさばらない
デメリット 片手で開きにくい

ブックタイプの母子手帳は、本や手帳のように開けて、何がどこに入っているか見やすいのが特徴です。

薄くて収納しやすいので、バッグに入れてもかさばらないのが嬉しいポイント。

ただし、片手で開きにくいので、産後赤ちゃんを抱っこしながら使うのが少し難しいところがデメリットです。

ジャバラタイプ

メリット 収納力が高い
片手で開けやすい
デメリット かさばりやすい

ジャバラタイプの母子手帳ケースの大きな魅力は、片手で開きやすいところです。
ブックタイプに比べると、収納できる容量が多いので、色々なものをひとまとめにできます。

厚みが出る分、かさばりやすいところがデメリットです。

がま口タイプ

メリット 収納力が高い
片手で開く
デメリット 仕切りがない

がま口タイプの母子手帳ケースは、マチがしっかりあるので母子手帳以外の手帳やカードなどもたくさん入ります。

片手で簡単に開きますが、仕切りがないので、カードなどバラバラに入れてしまうとすぐに見つかりにくいかも知れません。

ファイルタイプ

メリット 何がどこに入っているかわかりやすい
スリムでかさばらない
デメリット デザインはシンプルなのが多い

ファイルタイプの母子手帳ケースは、薄くて実用性に優れています
透明なファイルタイプのものは、中身がみえて整理しやすいのがオススメポイントです。

実用性が高い分、デザインがシンプルなものが多くあります。

おしゃれで可愛いものを選びたいママにとっては、デザイン面で物足りなさを感じることがあるかもしれません。

3:母子手帳が入るサイズか

自治体によって、母子手帳のサイズが異なります。
母子手帳の、縦・横のサイズを確認してから購入しましょう。

とくに通販で購入する場合は、実物を確認できないのでサイズチェックは必須です。

【サイズの目安】
A6版:14.8 × 10.5cm(Sサイズ)
B6版:18.2 × 12.8cm(Mサイズ)
A5版:21.0 × 14.8cm(Lサイズ)

4:お手入れしやすい素材か

長い期間使う母子手帳ケースは、お手入れのしやすさも考えて選びましょう。

赤ちゃんが生まれてからはとくに、思いがけないことで汚れたり、傷をつけてしまうものです。

汚れにくいビニールやナイロン素材、汚れをふき取りやすい防水加工の素材であれば、お手入れも楽にできるでしょう。

【最新版】人気の母子手帳ケース

先輩ママは、どんな母子手帳ケースを使っているのでしょうか。

ここからは、ママに人気の母子手帳ケースを紹介します。

ジェラートピケ/ベアスター母子手帳ケース

母子手帳ケースのタイプ ブックタイプ
カラー ピンク/ネイビー
サイズ 約24×17.5cm

くまと月がモチーフの、かわいい母子手帳ケースです。

中はカードケースやペン入れのほかに、収納ポケットがたくさんついているので、整理しやすいでしょう。

また47都道府県、どの母子手帳にも合うサイズなので、プレゼントとしても選びやすいですね。

汚れにくい素材なので、安心して使えます。

ディズニー/マルチケース

母子手帳ケースのタイプ ジャバラタイプ
カラー カーズ/ミッキー&フレンズ/トイ・ストーリー/くまのプーさん
サイズ 約22.5×18.5×2cm

ディズニー人気キャラクターの母子手帳ケースです。

ジャバラタイプなので、中身が見やすく、取り出しやすいのが魅力。
さらに、マジックテープで止めれるので、ケースの開け閉めがしやすく扱いやすいです。

ディズニーの母子手帳ケースは、デザインの種類が豊富なので、兄妹でキャラクターごとに分けているというご家庭もあるようですよ。

アニエスベー/ボーダー母子手帳ケース

母子手帳ケースのタイプ ブックタイプ
カラー ホワイト×グレー
サイズ 約25×17×1cm

アニエスベーの母子手帳ケースは、人気のため、再入荷を繰り返しています。

最新の母子手帳ケースは、診察カード、USBなどもたっぷり入る大きめサイズ。

耐水性に優れた素材で、汚れにくく、お手入れに手間がかからないのが嬉しいですね。

ファミリア/母子手帳入れ

母子手帳ケースのタイプ ブックタイプ
本体価格 サイズ1:7,560円
サイズ2:8,100円
サイズ3:8,640円
カラー 赤系チェック/青系チェック
サイズ サイズ1:約21×15cm
(母子手帳サイズ17.5×11.5cmくらいまで使用できる)
サイズ2:約23.5×17cm
(母子手帳サイズ19.5×13cmくらいまで使用できる)
サイズ3:約25.5×19cm
(母子手帳サイズ21.5×15cmくらいまで使用できる)

老舗の神戸発子ども服ブランド「ファミリア」の母子手帳ケースです。

母子手帳のサイズに合わせて、3種類から選べます。

チェックや動物の刺繍が可愛らしくてママに人気です。

ペンホルダーやカードポケットが豊富で、手帳や診察券を見やすくまとめられます。

無印良品/ポリエステル母子手帳ケース(大)

引用元:無印良品公式
母子手帳ケースのタイプ ジャバラタイプ
本体価格 2,769円
カラー ブラック/ネイビー
サイズ 約24×17cm

見た目はシンプルですが、仕切りがたくさんついていて兄弟分の母子手帳を分けて収納できます。

内側にファスナー付きポケットがあるので、小銭入れ代わりとしてもいいでしょう。

片手で持ちやすく、鞄に入れても邪魔になりません。

ハンナフラ/母子手帳ケース

母子手帳ケースのタイプ ブックタイプ
カラー(柄) ロックスターブラック
サイズ 約14.5×20cm

ペンホルダーやカードケースが充実しており、通帳や印鑑までたんぷり入る母子手帳ケースです。
やわらかい生地なので、たくさん入れてもOK!

ファスナーポケットには、エコー写真を入れたり、ハンカチやティッシュを入れてもいいでしょう。

マリメッコ/母子手帳ケース

母子手帳ケースのタイプ ブックタイプ
カラー ネイビー/ブラック/ブルー/ホワイト/レッド/イエロー/ハッピーカラー/ラッキーカラー/グリーン/ラズベリー
サイズ 約16~16.5×24cm

口コミでも人気の声が高い、マリメッコ生地を使用した母子手帳ケースです。

カラーもバリエーション豊富な10種類。
カードポケットも充実しています。

ポロラルフローレン/母子手帳ケース

母子手帳ケースのタイプ ブックタイプ
カラー(柄) ボーダー
サイズ 約23×18cm

透明で中身が確認できる、ファスナーポケットつきの母子手帳ケースです。

ペンホルダーもついているので、ペン類を一緒に収納しても落とす心配がありません。

ラルフローレンらしい太目ボーダーとポロのマークがとてもおしゃれで、プレゼントにも最適でしょう。

mamaco/母子手帳ケース

母子手帳ケース 母子手帳カバー「mamaco」 マスタード

母子手帳ケース 母子手帳カバー「mamaco」 マスタード

3,990円(11/22 00:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
母子手帳ケースのタイプ ジャバラタイプ
カラー ホワイト/ブラック/ベージュ/マスタード/ブラウン/グリーン/ライトブルー/ネイビー/グレー/ピンク/レッド/オレンジ
サイズ 約22×18×2.5cm

ママコの母子手帳ケースは、ジャバラタイプのように開けられますが、薄い作りです。

デザインはシンプルでありながら、大人っぽいレザー調。
PVCレザーという汚れに強い素材なので、汚れがつきにくく、ついた汚れも簡単に落とせます。

赤ちゃんが大きくなってからもママコの母子手帳ケースが使えるように流行りのないデザインです。

カラーバリエーションが豊富なので、自分好みの色を選びましょう。

自分で作る母子手帳ケースも人気

「オリジナルのケースを作りたい」とハンドメイドで母子手帳を作りたいと考えている方がいるのではないでしょうか。

ブックタイプ(マルチタイプ)の母子手帳ケースの作り方

上記の動画では、実際の縫い方や、裁断した布をどの場面で使うかなどがわかりやすく紹介されています。

ジャバラタイプの母子手帳ケースの作り方

ジャバラタイプは、ブックタイプに比べると、立体的なつくりなので、布同士を組み合わせて縫うなど細かな作業が必要です。

上記の動画では、手順がわかりやすく紹介されていますので、参考にするとよいでしょう。

ハンドメイドできる人に頼む

最近では、インスタグラムやツイッター、ブログ、ハンドメイドサイトなどを通じて個人で作成した母子手帳ケースを販売している方を多く見受けます。

好みのデザインをオーダーメイドして、作ってもらうのもオススメですよ。

母子手帳ケースは自分に合って使いやすいものを選ぼう!

人気の母子手帳ケースを紹介しました。

使いやすさで人気なのは、スリムでかさばりにくいブックタイプと、容量が多くて開きやすいジャバラタイプなようです。

母子手帳ケースは、赤ちゃんが6歳になるころまで使います。
妊娠中だけでなく、産後を見据えたときにどんなものだったら使いやすいかを考えて、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...