【生後7ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?

月齢が進むと、離乳食のメニューにも変化があります。

「どんな離乳食がふさわしいの?」
「この時期にあった食材の調理方法は?」

そんな疑問を持っているママ・パパに、生後7ヶ月の離乳食の進め方や注意したいことをまとめました。

栄養バランスばっちりの、おすすめレシピも紹介します。
毎日の離乳食メニューに悩んでいるママもぜひ参考にしてくださいね。

生後7ヶ月は離乳食中期

【生後7ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?生後7ヶ月の赤ちゃんは腰もすわり、一人でおすわりができるようになります。
歯も、そろそろ生え始めてくるころです。
この時期は離乳食初期から中期となり、モグモグ期ともいわれます。

ゴックンと飲み込んでいた赤ちゃんが、舌を上あごに押し付けながらつぶして、飲み込むようになります。

赤ちゃんの食べものへの興味がさらに広がる時期です。
食べられる食材の数も多くなり、献立メニューのバリエーションも増えてきます。

生後7ヶ月の離乳食の進め方

【生後7ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?生後7ヶ月、離乳食中期となる時期の離乳食の進め方のスケジュールをみていきましょう。

1日に離乳食を食べる回数は2回

7ヶ月の離乳食を食べる回数です。
授乳の前に食べさせます。

  • 食事:2回
  • おやつ:なし

1日2回食で、食事のリズムをつけていきます。

1日の離乳食の量

1日の離乳食の目安量です。
あくまでも目安なので、その日の赤ちゃんの体調などをみて調整してください。

1食あたり

  • 主食(炭水化物):50~80gくらい
  • 主菜(たんぱく質):10~15gくらい
  • 副菜(野菜・果物):20~30gくらい

果汁

  • あり:水分補給のため、授乳や離乳食の間に与えます。

たんぱく質を10g~15gほど摂取するには、

  • 魚・肉の場合:10~15g
  • 豆腐の場合:30~40g
  • 乳製品の場合:50~70g
  • 卵の場合:卵黄1~全卵1/3個

が目安です。

1回目と2回目は、同じくらいの量を食べさせます。

  • お粥:大さじ5
  • 野菜:大さじ2
  • 魚:大さじ1

離乳食の量が増えるにつれて母乳・ミルクの飲む量は減っていきますが、飲みたいだけ与えましょう。

  • 母乳:飲みたい分だけ
  • ミルク:1日3回+離乳食後2回

離乳食を食べる時間帯

離乳食を食べる時間帯を紹介します。

2回食の時間帯の目安

  • 1回目:午前中10時
  • 2回目:午後6時

1日2回、決まった時間に与えます。
大人の食事の時間に近づけていきましょう。

参照:厚生労働省「離乳食」

生後7ヶ月の離乳食のおすすめレシピ

この時期の離乳食はペースト状から、少しずつ水分を減らし、舌でつぶせるくらいのかたさに変えていきます。

やわらかく茹でて、粗くつぶしたり、細かく刻んだりして食べさせましょう。

おかゆは、7倍粥です。

おかゆ以外の主食にもチャレンジ

「毎日のごはんにちょっと飽きたな」と思ったら、めん類を与えるのもオススメです。

食べやすいように、細かくカットして与えましょう。

うどんそうめんなどのめん類は、原料として小麦が使われています。

小麦はアレルギーを起こしやすい食材なので、注意が必要です。
最初はひとさじからはじめて、大丈夫そうなら徐々に量を増やしていきましょう。

ブロッコリーと白身魚のそうめん

野菜と魚が一緒にとれる、栄養満点のメニューです。
片栗粉でとろみをつけるので、モグモグ期にはいったばかりの赤ちゃんでも食べやすいでしょう。

材料:

  • ブロッコリー20g
  • 真鯛10g
  • そうめん15g
  • 野菜スープ1/2カップ
  • 水溶き片栗粉少々

作り方:

  1. ブロッコリーをひたひたになるくらいの水を耐熱容器に入れ、電子レンジで2分加熱する
  2. 加熱したブロッコリーをみじん切りにする
  3. 耐熱容器に真鯛とひたひたになるくらいの水を入れて、電子レンジで1分加熱する
  4. 加熱した真鯛を手でほぐす
  5. 鍋に水1/2カップと野菜スープ1/2カップを入れて、煮立てる
  6. 煮立ったら、そうめんを入れて4~5分茹でる
  7. そうめんを4~5分茹でたら、みじん切りにしたブロッコリーと真鯛を入れて混ぜ、水溶き片栗粉を入れてとろみを付けて出来上がり

作り方を動画でチェック↓

お肉×離乳食

離乳食中期は、お肉も食べられます。
はじめてのお肉は、やわらかく脂肪分の少ない鶏肉を使用しましょう。

しっかり火を通してから、身をほぐし、水溶き片栗粉などでとろみをつけると、赤ちゃんが食べやすくなります。

ささみのかぼちゃ煮

かぼちゃの甘みが加わって、赤ちゃんもきっと喜ぶでしょう。

お鍋を使わずに、電子レンジで完結するので、ママにとってもうれしいメニューです。

材料:

  • 鶏ささみ10g
  • かぼちゃ20g
  • 青ねぎ少々

材料:

  1. 耐熱容器に鶏ささみと青ねぎ、ひたひたになるくらいの水を入れ、電子レンジで1分30秒加熱する
  2. 鶏ささみと青ねぎをみじん切りにする(煮汁はとっておきます)
  3. 鶏ささみと青ねぎをお皿に移し、煮汁を少しかける
  4. 耐熱容器にかぼちゃを入れ、煮汁を少しかけて、電子レンジで2分30秒加熱する
  5. かぼちゃを裏ごしして、煮汁を加えながらペースト状にして、鶏ささみにかけて出来上がり

作り方を動画でチェック↓


乳製品×離乳食

ヨーグルトは、下ごしらえなしで、そのまま食べさせられるので、離乳食にはとっても便利な食材です。

使用するのは無糖のプレーンヨーグルトにしてください。
加糖は、糖分を摂りすぎてしまいます。

とろみがあり、なめらかで食べやすいですが、無糖なので、すっぱくて赤ちゃんが嫌がることも…
甘みのある素材と合わせることで、赤ちゃんも食べやすくなるでしょう。

さつまいものヨーグルトあえ

さつまいもの自然な甘みで、赤ちゃんも喜んでたべてくれるでしょう。

材料:

  • さつまいも1本
  • プレーンヨーグルト小さじ2

作り方:

  1. さつまいもを1センチほどの輪切りにし、皮を厚めにむく
  2. 輪切りにしたさつまいもを5~15分ほど水につけ、アク抜きをする(レモン汁を加えると変色を防げますよ)
  3. さつまいもの水気を切り、軽く水洗いする
  4. 耐熱容器に入れ、大さじ1の水を加えてラップをかけて、電子レンジで4分加熱する
  5. 加熱後、熱いうちにフォークやマッシャーなどですりつぶす
  6. ある程度つぶしたら、なめらかにするために裏ごしする
  7. 裏ごししたさつまいもに、少しずつお湯を足してなめらかにする
  8. なめらかになったらさつまいもを取り分け、お皿に盛り付けてプレーンヨーグルトをかけて出来上がり

作り方を動画でチェック↓


生後7ヶ月の離乳食で注意したいことは3つ

【生後7ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?離乳食を食べさせる際に、気をつけたいことをまとめました。

1:食べるペースは赤ちゃんに合わせましょう

食べものは、赤ちゃんのペースで口へ運ぶようにしてください。

まだ口の中に食べ物が残っているのに、スプーンを口元に運ぶと、どうしてもペースが早くなってしまいます。

モグモグをしてから、飲み込んで口の中が空になったら、次のひとくちを食べさせましょう。

ゆったりとしたペースで進めることがポイントです。

2:うんちの状態をチェックする

うんちの中に食べたものが、そのまま出てきてびっくりすることもあります。
食べたものがそのまま出てきても、下痢でなければあまり心配することはありません。

赤ちゃんが成長し、消化器官が発達すれば、消化吸収がうまくできるようになります。
そのまま出てくることも減ってくるでしょう。

3:食物アレルギーの心配

はじめて食べる食材は、アレルギーがでないか心配です。

はじめて取り入れた食材を食べさせたときは、赤ちゃんの様子をこまめにチェックしましょう。

アレルギーの症状が出たときは、すぐに病院を受診してください。

アレルギーの症状

  • 湿疹・じんましんなどの皮膚症状
  • 息苦しいなどの呼吸器症状
  • 腹痛・下痢などの消化器症状

はじめて取り入れる食材を食べさせるときは

新しく取り入れた食材は午前中、慣れている食材は午後に食べさせます。

  • 少量からはじめる
  • 平日の午前中に食べさせる

ことに気を付けましょう。

はじめて食べる食材は、小さじひとさじからが基本です。
ほかのはじめての食材と一緒に与えないようにしましょう。

万が一、体調が悪くなったケースを考えて、すぐに受診できる時間帯に食べさてください。

モグモグ期、いろいろな味にチャレンジしよう!

【生後7ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?離乳食の進み具合は、赤ちゃんによって違います。
とくに離乳中期は、よく食べる子と母乳やミルクが大好きで離乳食をあまり食べない子など、個人差が出る時期です。

赤ちゃんの機嫌によって、あまり食べなかったりする日もあります。

「おいしいね」などとやさしく声をかけながら、あまり焦らず、一緒に練習するつもりで見守ってあげてくださいね。