離乳食のいちごはいつから?気を付けたいことは?レシピまとめ

甘くて、見た目も可愛いいちごは子どもに人気のフルーツです。

「いちごは何歳から食べられる?」
「どんなレシピがいい?」

そんなママのために、いちごについて離乳食でいつからつかえるか、栄養や注意点、選び方や冷凍方法について調べました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

いちごはいつから使える?


いちごは離乳食初期(生後5~6ヶ月)から使えます。
10倍粥をなめらかにすりつぶしたものに慣れ、野菜を取り入れはじめたら、イチゴにも挑戦してみましょう。

はじめて食べさせるときは食物アレルギーの心配があるため、1さじからはじめてください。

時期別の使い方は?


使い方を時期別にまとめました。

    初期(5~6ヶ月)

  • 裏ごしをする
  • 加熱して裏ごしする
  • 中期(7~8ヶ月)

  • つぶす
  • 加熱する
  • 後期(9~11ヶ月)

  • つぶす
  • 加熱する
  • 生のまま切る
  • 完了期(12ヶ月以上)

  • つぶす
  • 加熱する
  • 生のまま切る

いちごは、清潔にしてへたを取り除けば、生のまま食べられます。
ですが甘みだけでなく酸味があるため、好き嫌いが分かれることも。

加熱には、

  • 酸味を和らげる
  • 食中毒のリスクを減らせる

というメリットがあるので、最初の1さじは加熱するのもよいでしょう。

離乳食初期の赤ちゃんにとって、いちごの種のつぶつぶは食べにくいことが多く、消化もしにくいので、裏ごしして取り除きましょう。

単品でももちろん美味しいですが、粉ミルク牛乳プレーンヨーグルトなどとも味の相性がいいため、組み合わせて調理するのもオススメですよ。

いちごにはどんな栄養があるの?


いちごはビタミンCを豊富に含んでおり、その量、なんと100g中に80mg。

そのため「ビタミンCの女王」呼ばれることもあるようです。

ビタミンCには、動脈硬化や脳卒中を予防する働きもあるので、大人も一緒に食べるとよいですね。

そのほかに、塩分を体外に排出する働きをするカリウム赤血球を作るのに関わる葉酸も含まれています。

参照:九州農業漁業大冒険「いちご」

参照:北陸農政局「2月 いちご」

いちごを使う注意点は?


アレルギーの発症数が多い、または重篤な症状になりやすい食品は特定原材料として表示が義務づけられている、もしくは推奨されています。

果物では、オレンジ、キウイ、もも、りんご、バナナが選ばれており、いちごはその中に入っていません。
ですがどんな食べ物でもアレルギーを発症する可能性があり、なかにはいちごで発症する子どももいるようです。

はじめてあげる場合は、かかりつけ医の開いている日の午前中に、1さじからあげるようにしましょう。

口のまわりがイガイガしたり、湿疹がでる場合は、口腔アレルギー症候群の可能性もあります。
食事後は様子を気にかけ、もし症状が出た場合は、専門家に相談しましょう。

ジャムは不向き

食パンなどにつけると美味しいジャムには、保存性を高めるため多くの砂糖が使われています。

そのため離乳食には向きません。
離乳食期には生のいちごがよいでしょう。

いちごを選ぶ3つのポイント


いちごを選ぶときは

  • 色むらがなく、つやがあるもの
  • へたがしおれていないもの
  • つぶれていないもの

を選ぶのがポイントです。

全面が色づいて、つやがあるものが美味しいいちごです。
また鮮度をチェックするため、ヘタを見ましょう。
しおれておらず、ピンと元気があり、濃い緑色ないちごは新鮮です。

パック詰めされている場合、下の段のいちごは重みでつぶれやすい傾向があります。
つぶれたいちごは、いたみやすいため、その日のうちに食べない場合は避けた方がよいでしょう。

離乳食に便利な保存方法は?


いちごは、痛みやすい食材です。
保存方法をまとめました。

いちごはすぐ食べるならそのまま冷蔵庫にいれ、食べきれない分は冷凍保存するのがオススメです。

常温保存は1日くらい

基本的に、常温保存はオススメしません。
痛みやすい食材のため、夏は1日、冬でも3日もつかどうかといったところのようです。

保存に適した温度は5度前後のため、冷蔵庫に入れるのが無難といえるでしょう。

冷蔵庫での保存は1日~1週間

早めに食べる場合は、冷蔵庫で保存できます。
熟れ具合にもよりますが、保存期間は1日から1週間ぐらいが目安です。

冷蔵庫で少しでも長持ちさせるためには、

  • へたをとらない
  • 洗わない
  • ラップをかける

の3点に気を付けましょう。

へたを取ると乾燥が進みます。
またいちごはやわらかく、繊細なので、下ごしらえする際中に傷がつきがちです。

傷ついたりつぶれたものは、長持ちしないため、へたをとったり洗うのは食べる直前がよいでしょう。
ラップは乾燥防止になりますよ。

冷凍保存は1週間から10日くらいで消費

洗ってへたをとり、裏ごしまたはスプーンでつぶして、1食分ずつにわければ冷凍保存できます。

1回分ずつに分けるときは、ラップで包む、製氷皿に入れる、市販の小分けパックを使うなどがよいでしょう。

いちごは解凍すると水分がでて食感が悪くなるため、ペースト状が向いているようです。
解凍するときは、お湯で溶いたミルクなどで煮てくださいね。

オススメいちごレシピ


イチゴを使った、離乳食レシピを紹介します。
URLをクリックすると作り方を紹介しているページに移動します。
ぜひ、作ってみてくださいね。

離乳食初期:ミルクパン粥

ミルクパン粥にいちごをいれると、デザート風になります。
いつものメニューをアレンジすることで気分が変わって、たくさん食べてくれるかもしれません。

作り方はこちら↓

離乳食完了期:スティックパン

つかみ食べにもぴったりな、簡単メニューです。
イチゴジャムと混ぜることによって、苦手な子もヨーグルトが食べられるようになるかもしれませんね。

作り方はこちら↓


いちごを使ったベビーフード3選


ママの強い味方ベビーフードにもいちごが使われています。
上手に取り入れて、楽しく食事できるといいですね。

和光堂/1歳からのおやつ+DHA いちごみるくくっきー

和光堂 1歳からのおやつ+DHA いちごみるくクッキー

和光堂 1歳からのおやつ+DHA いちごみるくクッキー

170円(11/21 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

価格(税抜き) 189円(2018年9月編集部調べ)
対象年齢 12ヶ月~
アレルゲン 卵・乳・小麦

DHA、鉄、カルシウム入りが嬉しい口どけのよいクッキーです。
可愛い形も素敵ですね。

キユーピーベビーデザート/いちごとブドウのジュレ

価格(税抜き) 150円
対象年齢 12ヶ月~
アレルゲン なし

12ヶ月から食べられる、果汁・果肉入りのジュレです。
すくいやすく食べやすいやわらかさに工夫されています。

いちごは離乳食初期から使えるので便利!


いちごは10倍粥に慣れれば、離乳食初期から使えます。

ビタミンCをはじめ、葉酸やカリウムなどの栄養素が含まれているので、家族みんなで食べるのもいいですね。

離乳食は食材によって進め方が違い、戸惑うことも多いかもしれませんが冷凍保存など、便利な方法を取り入れながら、肩の力を抜いて進めましょう。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...