新生児がくしゃみをするのはなぜ?寒い?病気?原因対策方法まとめ

産まれたばかりの赤ちゃんが、寝いているときやおっぱいを飲んでいるとき、何度もくしゃみをしているとママはびっくりしてしまいますよね。

ママさん

寒いのかな?

ママさん

ハウスダストやもしかして花粉症もありえる??

ママさん

病院に行った方がいい?

など次々と心配が頭にうかぶのではないでしょうか。

実は新生児はよくくしゃみをします。
でもそのほとんどが心配いらないものです。

なぜ新生児はくしゃみが出やすいのでしょうか。

家庭ではどんな対策ができるのでしょうか。

風邪などの病気やアレルギーとの見分け方病院に連れていく目安などを紹介します。

新生児のくしゃみの原因


一般的にくしゃみは、空気中のゴミウイルスが肺に入らないようにするための体の防御反応です。

とくに、生後間もない新生児は鼻の機能が未発達のため、ちょっとした刺激でもすぐにくしゃみをします。

新生児がくしゃみをしやすい原因をみてみましょう。

新生児の鼻には毛がない

実は、新生児の鼻には鼻毛がまだ生えていません。

私たちの鼻は外からホコリや細菌などの異物が侵入してくると、鼻毛によってそれ以上中に入らない仕組みになっています。

しかし鼻毛のない新生児は異物が直接鼻の粘膜に入るため、くしゃみによって外に出すしかないのです。
そのため大人よりも頻繁にくしゃみが出てしまうというわけです。

また、異物以外にも

  • 温度の差 外出先から戻ったり外に出たとき
  • 湿度の差 お風呂場から出てきたとき
  • 明暗の差 暗いところから急に明るいところに移動するなど(遺伝的要素もあります)

上記のような差を大人より敏感に感じとってくしゃみが出てしまいます。

参照:富山県子育て健康課「子育てネッ!とやま くしゃみとしゃっくり」
参照:中外製薬 「鼻 からだとくすりのはなし」
参照:学研サイエンスキッズ科学「なぜなぜ100当番 どうしてくしゃみが出るの?」

心配ないくしゃみ?風邪などの病気やアレルギーとの見分け方


それでは心配のいらないくしゃみと、病気やアレルギーの時のくしゃみはどのように見分ければよいのでしょうか。

風邪などの病気の時

まず、くしゃみ以外に症状がないかがポイントです。
くしゃみと共に下記のような症状がある場合は風邪などの病気の可能性があります。

  • 粘り気のある鼻水
  • 発熱
  • 食欲不振
  • 下痢

また、いつもと比べて母乳を飲む量が少なかったりおしっこの量や回数が減っているようなら注意が必要です。
赤ちゃんの状態をよく観察してみましょう。

アレルギーの時

アレルギーが原因でくしゃみをしている場合、赤ちゃんがいつも同じ状況でくしゃみをしているかどうかで気が付くことができます。

例えば

  • ベットに寝かせたとき
  • 車に乗せたとき
  • 草花に触れたとき
  • ペットと過ごているとき

また、同時に水のような鼻水がダラダラ出ているようなときはアレルギーによるくしゃみが疑われます。
アレルゲン(アレルギーの原因となるもの)によっても対処方法が変わってくるので小児科を受診しましょう。

参考「初めてのパパママ0歳から6歳の病気とホームケア」 主婦の友社
「赤ちゃんの病気新百科」ベネッセ

病院に行くべき目安は

病院に行くべき状態の目安については下記を参考にしてください。

  • 機嫌が悪い
  • 食欲がない
  • 熱がある
  • せきが出る
  • 激しいくしゃみを連発し体力を消耗している

くしゃみに加えて上記のような症状がある場合は早めに小児科を受診しましょう。

参考「初めてのパパママ0歳から6歳の病気とホームケア」 主婦の友社
「赤ちゃんの病気新百科」ベネッセ

家庭でできるくしゃみの対策 赤ちゃんにちょうど良い環境とは


「新生児のくしゃみは心配ない」とはいっても、くしゃみの原因となるハウスダスト急な寒暖差などは赤ちゃんの健康にも少なからず影響します。

できるだけ取り除いてあげたいものです。

そこで、家庭でできるくしゃみの対策についてまとめてみました。

適切な湿度温度を保つ

温度や湿度変化によるくしゃみを予防するためにできることは、

  • 温度湿度を整える
  • お風呂上りなどの急な寒暖の差に注意する

があげられます。

新生児に快適な湿度と温度は、夏場で26~28℃冬場で20~23℃程度、湿度は60%程度が良いといわれています。
また、適度に換気をすることも忘れてはいけません。

お風呂に入るときは脱衣所を温めておくなど、温度差をできるだけ無くすよう気をつけてあげるとよいでしょう。

参照:厚生労働省 2011年「保育所におけるアレルギーガイドライン」

ハウスダストの予防

部屋のほこりやダニなどのハウスダストによるくしゃみを予防するには、こまめな掃除が大切です。

特に、寝室や寝具は赤ちゃんが多くの時間を過ごす場所なので注意が必要です。
赤ちゃんが寝ているときに掃除をする場合ほこりを立ち上げないように工夫しましょう。

ほこりを立ち上げない掃除の仕方

  1. ウェットモップや雑巾などで軽くふき掃除をする。その際上から下に。
  2. 換気をしながら掃除機をかける。

掃除機を最初にかけてしまうとほこりを立ち上げやすいので最後にかけるようにしましょう。
カーテンやカーペットなどの布製品はホコリの原因になるので、こまめに洗濯や天日干しもできるといいですね。

参照:厚生労働省 2011年「保育所におけるアレルギーガイドライン」

参考「初めてのパパママ0歳から6歳の病気とホームケア」 主婦の友社
「赤ちゃんの病気新百科」ベネッセ

新生児のくしゃみは心配いらないものがほとんど


新生児のくしゃみはそのほとんどが心配いらないものです。

しかしまれに、病気やアレルギーなどが原因でくしゃみをしている時もあります。
そのような時はいつもと違う様子はないか、他に症状がないかをチェックしましょう。

そして、なるべく赤ちゃんが快適に過ごせるように室内環境を整えてあげると良いでしょう。

赤ちゃんの鼻の機能が発達してくると、くしゃみの回数もだんだんと減ってきます。

「新生児のうちはくしゃみが出やすいんだったな」と考えて、あまり心配しすぎず無理のない範囲でお世話をすることが大切です。


アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...