ワンオペ育児とは?つらい現状を楽勝にする4つの方法!夫はどうする?

夫が積極的に家事や育児に参加する「イクメン」という言葉が話題となるいっぽうで、「ワンオペ育児」という言葉があるのを知っていますか。

妻がたった一人で家事から育児までをこなす環境にあり、場合によっては仕事しながら一人で抱え込んでいるママもいるようです。

社会問題のひとつとしてもニュースやメディアで取り上げられるワンオペ育児は、ママにとって心身共にとても大きな負担となります。

今回はワンオペ育児の現状やリスク、少しでもワンオペ育児が楽になる方法、夫がとるべき行動を、紹介しましょう。

実際に乗り越えた先輩ママもいるので、経験談も参考にしてくださいね。

ワンオペ育児とは?


ワンオペとは「ワンオぺレーション」の略語で、飲食チェーン店が深夜など従業員が足りない時間帯に、一人で業務をおこうことを意味します。

育児や家事・仕事を休む間もなく、一人でおこなっているママに当てはめて、ワンオペ育児といわれています。

夫が単身赴任だったり、仕事で帰宅が深夜になる家庭、一人親の世帯で、頼れる家族が近くにいないためにワンオペ育児に直面しているママが少なくありません。

また真面目な人ほど、ワンオペ育児中でもあらゆることを完璧にこなそうとしたり、自分一人で抱え込む傾向にあるようです。

過酷な労働環境や、核家族化、夫の育児・家事への不参加が、ワンオペ育児を助長しているといえるでしょう。

ワンオペ育児のリスクは?

ワンオペ育児は簡単に抜け出せる問題ではなく、限界まで頑張り続けた結果、うつ病育児ノイローゼの原因になることもあります。

またあまりに夫の理解が得られない場合、離婚に至るケースまでみられるようです。

心身や家庭までをむしばむ可能性のあるワンオペ育児は、現代の深刻な社会問題といえるでしょう。

ワンオペ育児のツラさはここにある


そもそも子どもを育てるというのは簡単なことではありませんが、ワンオペ育児を強いられているママは、さらに過酷な状況に置かれています。

そのツラさに共働きだからもっと大変、専業主婦だからマシということはないようです。

ママたちが語り切れないワンオペ育児の苦労や辛さはどのようなものなのでしょうか。

共働きママのワンオペのツラさは?

女性の進出にともなって、共働きの家庭は増えています。

そのいっぽうで、一昔前の「女性=家事・育児」「男性=仕事」という親世代のイメージを引きずっている男性が、まだ多いようです。
また世界的に見ても働きすぎている日本人は、残業が当たり前で、どうしても仕事から早く帰れないパパも多いでしょう。

その結果ママもパパと同じように、社会の一員として責任を負って働いているのにもかかわらず、家に帰ると家事や育児をママが一人で担当するという、不平等な状況があるのです。

この不平等感に不満が募り精神的にもツラく、労働時間も多いので肉体的にも疲労がたまっていきます。

仕事から帰ってこなす家事と、疲れ果てた身体にムチを打つ育児、夫の協力が得られない孤独感はツライものでしょう。

専業主婦のワンオペのツラさは?

専業主婦は、共働きに比べると楽でしょ」と思われがちです。
しかし専業主婦だからこそのツラさが存在します。

専業主婦は、働いていないんだから家事と育児を一人でするのが当然と考えている人が多く、責任や孤独感がのしかかっています。

24時間、赤ちゃんと一緒にいてお世話をするため、息をぬく時間がありません。
友人や同僚と話をしたり、静かな場所で気持ちを落ち着ける時間もとれないため、ストレス発散ができない環境にあるのです。

また最近「名もなき家事」という言葉があるように、家事といっても、洗濯・ごはんの支度・掃除といったように名前もないような作業が無限に存在しています。

これが専業主婦なんだから当たり前といわれ、ツラさが理解されない、評価さえされないような環境にいると、だれでも精神的にツラくなるでしょう。

24時間休めないにもかかわらず、家事や育児の大変さが軽視されがちのようです。

ワンオペ育児の解決法とは?


それでは、ワンオペ育児を少しでも楽にするためには、どうすればいいのでしょうか。

家事は手抜きでOK!と割り切る

家事も育児もきちんとこなそうと、まじめに取り組むママほど自分を追いつめてしまいます。

子育ては本来ママが一人で担当するものではありませんが、頼れる人がいなければ仕方ありません。
それだけの重労働を一人でこなしているのは、とても立派なことです。

家事にまで手がまわらないのは、当然のことでしょう。
ムリにすべてをこなそうとせず、最低限でいいと割り切りましょう。

現在では家事代行サービスなども盛んなので、ツラくて仕方ないときや、手がまわらないときは、家事は外注するのもオススメです。
そのぶん、子どもと笑顔の時間を増やせることのほうが有意義でしょう。

できるだけ人とのかかわりを持つ

一昔前までは、「そうかいオバサン」という「そうかい、そうかい」と愚痴をきいてくれる近所のおばさんや地域の大人たちが存在していました。

しかし最近では、黙っていても世話をやいてくれる人はとても少ないようです。

そのため一人で悩みをため込んでいると、どんどんストレスが溜まっていきます。
誰かに愚痴を聞いてもらったり、同じように頑張っているママ友と話をするだけでも、気持ちはスッキリするでしょう。

気の知れた友人やママ友、SNS上でのやり取りなど、自分の気持ちをだれかに伝えてみてください。

また、ママ友同士で助け合っている人たちもいます。
交流を持つことで、いざというときに助け合える友好関係を築くことにもつながるでしょう。

実際に話を聞いてもらって、気持ちが楽になったという体験談もあります。

自分の時間を持つようにする

子どもが保育園や幼稚園にいくようになれば、自分の時間はつくりやすくなります。

共働きのママは、パパにも有給をとってもらったり、休日の一時預かりやベビーシッターなどを利用して自分のためだけにつかう時間をつくりましょう。

日本ではベビーシッター制度があまり浸透しておらず、「親が常に子どもの近くにいるべき」「シッターに預けるのはかわいそう」という風潮もあるようです。
しかし実際には、ベビーシッターが当たり前の先進国では、子どもの幸せ度も高く、孤独感も感じにくいという調査があります。

ママやパパが自分の人生を楽しく生きている姿を見せてあげることが、大切です。

自分だけの時間を持つことで息抜きになり、また頑張ろうと思えるでしょう。

参照:ユニセフ「先進国における子供の幸福度の概要」


夫と話し合うことがなにより重要

世の中のワンオペ育児をしているママたちの意見を見ていると、夫にきちんと自分の気持ちやツライ状態、どうしてほしいのかを話し合えていないママが多いようです。

夫の意識・思いやりひとつで、楽になることは多いでしょう。

どれだけ多忙な夫であっても、家事や育児の大変さを理解できれば、お互いに思いやりのある行動や言葉がでてくるはずです。

まずは一番の協力者であるべき夫と話し合い、ルールを作ってもいいですね。

夫はどうしたらいいの?


では自分もワンオペ育児をさせていると気がついた場合、夫はどうしたらいいのでしょうか?

妻に一人で家事・育児すべてをさせない

仕事が残業ばかりで家にいる時間が少なくても、できることはあります。

朝いつもより少し早く起きて、掃除をしたり朝ご飯を用意する、週末は育児や家事を担当するなどして、積極的に家事・育児を分担しましょう。

そうした少しの行動の変化でも、妻の精神的負担は軽減します。
「子育ての責任は妻・夫にある」ことを、しっかりと自覚することが大切です。

ただし夫も頑張りすぎないように注意が必要です。
まずは仕事から帰って、自分ができることから始めましょう。

夫婦でのコミュニケーションを増やそう

育児や家事を分担して、身体的負担を軽減することも大切ですが、ワンオペ育児は精神的にもかなりの負担がかかります。

とくに月齢の低い子どもがいる家庭では、孤独感を感じているママも多いでしょう。

子育てに対する不安や責任をだれにも相談できずに、ストレスを溜めている可能性もあります。

育児や家事の話でなくてもいいので、普段の会話を積極的にとるようにしてください。
単身赴任をしていても、どんなに仕事が遅くてもできることでしょう。

夫は、一生をともにするパートナーです。
なんでも話せる信頼関係性は、孤独感や精神的なプレッシャーを解消します。

意識を変えれば言動もかわってくるはずです。
積極的に声をかけてあげてくださいね。

いろいろな手段を試して、ワンオペ育児から脱出しよう


ワンオペ育児が続くと、どんどん悪循環におちいっていきます。

「疲れ、もう限界…」と感じる前に、息抜きする時間を確保できるよう、紹介した方法をヒントにあらゆる方法を試すといいでしょう。
すべての責任を母親が一人で抱え込むべきではありません。

さまざまな意見がとびかうワンオペ育児ですが、人の意見よりも、自分の生活や心身の健康を一番に考えて行動してくださいね。

子どもはママの笑顔が大好きなので、いつでも笑顔でいられるようにしましょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...