助産院とは?病院とどう違うの?

赤ちゃんを産むときに、どの病院で産むのかを重要視する女性は多いでしょう。

最近では、その選択肢に助産院を加える人が増えているようです。

病院と助産院では、どのような違いがあるのでしょうか?

分娩方法産後のケア出産費用のことまで、徹底比較しました。

助産院とは?

助産院(助産所)とは、助産師が自然な分娩の手助けをおこなう場所です。

妊産婦の生活について指導したり、産後は赤ちゃんのお世話や育児相談も手掛けてくれます。

母乳育児相談室や骨盤ケアまでおこなっている助産院もあるようです。

ただし助産師は医師免許を持たないため、助産院にはさまざまな制約がつきます。

たとえば緊急時を除いて、助産師は医薬品の投与など、患者に危害を及ぼしうる行為ができません。

またベッド数も、9床以下という制限があります。

参照:厚生労働省「助産所について」
参照:厚生労働省「助産所と医療機関の連携について」

助産院と病院の違いって?


助産院といえば、アットホームな和室と、ゆったりとした環境で出産できるというイメージが一般的ですが、病院と違うところには以下のふたつがあげられます。

  • 医療行為が認められているか
  • 産婦人科の医師がいるか

この2点が違うことで、妊娠中・出産・産後のケアにも違いが出てくるのです。

助産院と病院の違い1:妊婦検診

助産院でも、妊婦検診を受けられます。

  • 問診による健康状態の把握
  • 体重、血圧、尿たんぱく
  • 超音波検査等による検査計測
  • 保健指導

上記は、助産院でおこなえる検診の項目です。

産婦人科であれば、血液検査・がん検診・感染症の検査などがありますが、これらは医療行為なので、助産院では受けられません。

母体や胎児の健康に関わる、大きなリスクがないかを調べる大切な検査なので、助産院で出産する場合であっても、提携している病院で検査が必要です。

受けられる健診の種類が制限されるため、厚生労働省は助産院で出産予定の女性には病院や診療所の嘱託医のもとでの妊婦検診をオススメしています。

参照:厚生労働省「妊婦検診Q&A」

助産院と病院の違い2:出産

自分の思い描く出産方法(バースプラン)で産める、フリースタイル分娩が、助産院で出産するメリットのひとつです。

病院の分娩台のように決まった姿勢ではなく、横向きや四つんばいなど、妊婦さんが楽な姿勢での出産をサポートします。

フリースタイル分娩では、通常布団での出産が多いようですが、水中出産や自宅分娩が可能な助産院もありますよ。

ただし助産院で出産できるのは、自然分娩のみです。

帝王切開や会陰切開などは医療行為にあたるので、助産院ではおこなえません。

途中で医療行為が必要になった場合は、提携の医療機関で処置する必要があります。

助産院と病院の違い3:費用

助産院での出産時にかかる費用は約35〜50万、病院では約45〜100万が相場です。

助産院の方が安い傾向にあるようですが、入院中に利用する部屋や食事、サービスの内容によっても金額は変わります。

「出産費用を抑えたいから助産院」と考えているのであれば、事前に問い合わせて確認しておく必要があるでしょう。

助産院で検診を受けたり出産する場合でも、病院で出産するのと同じく、自治体が発行する補助券を利用でき、地域の子育て支援制度も受けられます。

助産院で出産するためには条件がある


助産院で出産できるのは、妊娠中を健康に過ごし、妊娠37週から42週未満の「正常な妊娠・分娩」のみとなります。

次の項目にひとつでも当てはまるときは、助産院での出産ができません。

  • 双子、三つ子の妊娠
  • 帝王切開をしたことがある
  • 合併症がある(喘息、甲状腺機能異常など)
  • 感染症がある(B型肝炎、C型肝炎、HIV等)
  • 子宮筋腫がある、または子宮に異常がある
  • 子宮の手術をしたことがある
  • 血液型がRh(-)や不規則抗体(+)である
  • 前置胎盤といわれている
  • 胎児に異常がある(胎児発育遅延、奇形など)
  • 妊娠経過に異常がある(高血圧、高血糖など)
  • 羊水に異常がある(羊水が多い、少ないなど)
  • 逆子(骨盤位)がなおらない(30週以降)

さらに、高年初産(35歳以上で初産)の方・不妊治療での妊娠・喘息や精神疾患の既往がある方は、助産院で分娩可能かを提携医師と相談して決める必要があります。

初産経産かで条件が変わることもあるため、注意しておきましょう。

参照:日本助産師会「助産所での出産を考えている方へ」

助産院を選ぶときの注意点


自由なスタイルで産めると人気の助産院ですが、ベッド数が9床以下と決まっているため受け入れ数が少なく、希望する助産院での出産が難しい可能性もあります。

助産院での出産を決めたら、早めに助産院を選びましょう。

ここでは、助産院を選ぶときの注意点を紹介します。

病院と助産院で出産場所を迷っている方は、あわせて【産婦人科の選び方】出産に良い産院とは?決め手を紹介!もチェックしてください。

希望する出産方法で産めるか

自分の希望している方法で産めるかを確認しましょう。

フリースタイル分娩であれば、ほとんどの助産院で出産できますが、水中分娩や自宅出産の場合、助産院によっては対応していないこともあります。

助産院のホームページに記載している場合もあるので、チェックしておくとよいでしょう。

通いやすさ

助産院までの、通いやすさも確認しておきましょう。

おなかが大きくなると、長い距離を歩いたり電車に乗るのも一苦労です。

助産院の通いやすさを確認するとともに、破水や陣痛がきてから病院に行くまでの移動手段も考えておきましょう。

スタッフは信頼できそうか

出産のサポートをしてもらうスタッフと、信頼関係を結べるかというのは、とても重要です。

母子の大切な命を預けるのですから、信頼関係がなければ、とてもお産にはのぞめません。

助産院の口コミや評判をチェックすることで、実際に通った先輩ママたちの声も聞けますよ。

気になる助産院があったら、実際に足を運んで、話を聞いてみるのもオススメです。

その際に、助産院の雰囲気や衛生面もチェックしておくといいでしょう。

来院前には、電話で予約しておくこともお忘れなく。

深夜や夜間の医療体制は万全か

出産はいつ始まるのかわかりません。
深夜や夜間に、突然陣痛や破水が起こることもあり得ます。

そんなときすぐ対応してくれるか、医療行為が必要になった場合に迅速な対応ができるかをチェックしておくと安心です。

助産院での緊急時の対応について、しっかり確認しておきましょう。

院内助産院という選択も


助産院は、助産師が開業した施設で、診察などの業務をおこなうのが一般的でした。
ところが近年では、出産の新しいスタイルとして、院内助産院も注目されています。

もともとはオーストラリアやヨーロッパなどで、医師不足を解消するためにはじまり、日本でも助産師外来院内助産院を開設する病院が増えてきました。

正常な妊娠・出産のサポートは助産師、医療行為が必要なお産は産科医がおこなうことにより、一人ひとりのケアを効率よくおこなえるのがメリットです。

同じ施設に助産院と産婦人科があるので、緊急時の対応も早く安心感がありますね。

妊婦検診などの記録を、助産院と病院で常に共有できるシステムも、院内助産院の魅力といえるでしょう。

希望に合わせた出産スタイルを選ぼう

出産といえば「産婦人科の分娩台の上で」というのがこれまでの常識でしたが、最近では、さまざまなスタイルの出産方法が選択できるようになってきました。

妊娠の経過や状況によっては、思い通りのお産ができないこともありますが、選択肢として知っておくことで、後悔することも少なくなるでしょう。

自分や家族が、納得できるお産を迎えてくださいね。

臨月を迎えた先輩ママの体験談はこちら

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...