漫画「つわりの偏食は子どもに影響するのか?」(吉川くま子)

今回は大人気ブログ「くま母もよう~家族絵日記」の著者吉川くま子さんに、つわり時の偏った食事による子どもの好き嫌いへの影響について寄稿していただきました!

はじめまして!くま母と申します。

私、旦那、6歳娘、3歳息子と暮らしています。

本日は過去をさかのぼりながら、つわりについて書いてみました!

それではどうぞ☆

1人目の妊娠初期は、トマト

くま母つわり

くま母つわり

一人目の妊娠初期、つわり中の救世主はトマトでした。

しばらくは何の問題もなく食べていたのですが、ふと気になり出すと止まらない、
子どもの好き嫌いへの影響。

当時、妊娠中にお母さんが食べていたものを子供が大好きになった!とか、
食べすぎが原因なのか、嫌いになった〜!という情報誌のアンケートを見たのがきっかけで、密かにずっと気になっていました。

 

産後はバタバタした生活ですっかり忘れていたこの問題。

娘の離乳食期、トマトは好きな方だったと思います。

ただ、大好きという訳でもなさそうでした。

時は経ってしまったのですが、こういう記事を書かせて頂いたのをきっかけに
改めて娘に聞いてみたところ、「普通!」という答えが返ってきました(笑)

娘に関しては、特に何の影響もなかったです。

 

二人目のときはカレーがNG!

くま母つわり

つづきまして、息子のときはなぜか、カレーだけ受けつけない体になってしまいました。

私がカレー好きなので、あの時期は辛かった…。

「カレーで発狂する母を見る家族の目」も辛かったです。

絶対お腹の子は、カレー嫌いに違いない!!

何年経っても変わらない思考回路により、モヤモヤ(笑)

が、今となってはカレー大好き!
もりもり食べています。

つわり時の偏った食事による子どもの好き嫌いへの影響、我が家の場合は特に2人とも影響はありませんでした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

<くま母>

吉川くま子さん、ご寄稿いただきありがとうございました!

妊娠初期症状のつわりによって、食べられないものが増え、日常生活に支障をきたしているママはたくさんいるそうです。

つわりで悩んでいる妊娠中の方は、原因や対処法の記事を読むと参考になるかもしれません。

<おすすめの記事>