【生後11ヶ月の離乳食】進め方とメニュー紹介!注意点は?

離乳食も後期となり、しっかり食べる習慣もついてくる生後11ヶ月。

生後11ヶ月の離乳食の進め方と注意したいポイントなどをまとめました。

「毎日の献立選びに苦労している」「マンネリメニューになっている」というママにもおすすめの離乳食レシピも紹介しますので、参考にしてください。

生後11ヶ月は離乳食後期


生後11ヶ月の赤ちゃんは、歯や歯ぐきを使って噛めるようになり、カミカミ期ともいわれます。

自分で食べたいという、意欲も高まる時期です。
手先も器用に動かせるようになるので、指で食べ物をつかんだり、スプーンで食べようとします。

生後11ヶ月の身体と心の成長

生後11ヶ月になると、行動範囲も広がり、つかまり立ちやつたい歩きができるようになります。
言葉の理解も進み、ママやパパとのまねっこ遊びも大好きな時期です。

夜泣きがはじまる赤ちゃんもいます。

昼間は公園などで、身体を動かしてたくさん遊ばせてください。

昼間たくさん遊んだら、食事もたっぷり食べ、しっかり眠るようになります。

早寝早起きをして生活リズムを整えることが大切です。

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、体重や身長が成長曲線に沿っているようなら心配ありません。

生後11ヶ月の離乳食の進め方

生後11ヶ月の、離乳食の進め方をみていきましょう。

1日に離乳食を食べる回数は3回

離乳食後期3ヶ月目となる生後11ヶ月は、引き続き
1日3回食です。

  • 食事:3回
  • おやつ:1~2回

母乳やミルクより、離乳食から栄養を摂取する割合が、多くなっていきます。

栄養の50~70%くらいを、離乳食から摂るのが理想です。

【授乳量の目安】

  • 母乳:1日5回(飲みたい分だけ)
  • ミルク:1日5回(1日500ml程度)

1回の離乳食の量

1食あたりの、離乳食の目安量をまとめました。

1食あたり

  • 主食(炭水化物):80~90gくらい
  • 主菜(たんぱく質):15gくらい
  • 副菜(野菜):30~40gくらい

おやつ

  • あり:果物や赤ちゃん用のビスケット、おせんべいを1~2個
【タンパク質が含まれる食材と摂取量の目安】
魚・肉:15g
豆腐:45g
乳製品:80g
:全卵1/2個

主食:大さじ8
主菜:大さじ3
副菜:大さじ4

おやつは、与える時間や量に注意してください。
量が多かったり、食事の前に与えると離乳食を食べなくなることもあります。

離乳食を食べる時間帯

離乳食を食べる時間帯も、チェックしましょう。

3回食の目安

  • 1回目:午前10時くらい
  • 2回目:午後2時くらい
  • 3回目:午後6時くらい

大人の食事の時間に合わせ、決まった時間に食べさせましょう。

離乳食の時間は、4時間以上あけます。

調味料は、バターしょうゆも使えるようになります。
離乳食は、風味付け程度のごく薄い味付けにしてください。

バターは3g、しょうゆは小さじ1/3くらいが適量です。

後期離乳食の調理形態

離乳食後期に与える食材は、バナナくらいの固さが目安です。

歯ぐきでつぶせるくらいのやわらかさに、調理しましょう。

あまり固いと丸飲みになってしまったり、舌で押し出してしまい食べないこともあります。

【食材ごとの調理形態】

  • パン:小さくちぎる
  • ご飯:5倍粥~軟飯
  • めん類:やわらかく茹で、1~2センチの長さに切る
  • 野菜・果物:やわらかく煮て、粗くつぶす
  • :加熱し、ほぐす
  • :加熱し、みじん切りにする(脂肪は取り除く)
  • :完全に火を通す

生後11ヶ月にオススメの離乳食レシピ

離乳食後期は、シンプルなおかゆだけでなく、味付けもできる時期です。

だし汁や野菜スープを使えば、離乳食メニューのバリエーションも広がるでしょう。

それでは、生後11ヶ月の離乳食にオススメのレシピを紹介します。

鉄分不足にピッタリ!レバー×離乳食

鉄分が不足しがちな離乳食後期の赤ちゃんには、鉄分を多く含んだ食材を食べさせてあげましょう。

レバーは鉄分を多く含むので、離乳食にも積極的に摂りたい食材です。

レバー入りベビーフードは、手軽に使えるのでオススメですよ!

レバー入りハンバーグ

材料:

  • レバー入りベビーフードフレーク状は3g、ペースト状は20~30g
  • 絹ごし豆腐15g
  • 練りごま少々
  • パン粉大さじ1
作り方:

  1. 耐熱容器に絹ごし豆腐とひたひたになるくらいの水を入れて、軽くラップをして、電子レンジで20秒加熱します。
  2. 加熱した絹ごし豆腐の水気を切って、裏ごしします。
  3. レバー入りベビーフードに練りごま少々を入れ、絹ごし豆腐と混ぜ合わせます。
  4. 食べやすい大きさの平たいハンバーグの形を作り、油を熱したフライパンで中火で焼きます。
  5. 火が通り、両面に焼き色がつくまで焼いたら出来上がりです。

栄養バランス◎野菜×離乳食

栄養価の高い野菜は、いろいろな種類をバランスよく食べさせたいですね。
離乳食後期になると、食べられる野菜の種類も多くなります。

キッシュはいろどりもきれいで、食欲をそそる見た目も魅力です。

野菜たっぷりキッシュ

材料:

  • かぼちゃ20g
  • ブロッコリー10g(茎の部分は使いません)
  • 赤ピーマン5g
  • レバー入りベビーフード6g
  • 溶けるチーズ1/4枚
  • とき卵10g
作り方:

  1. 耐熱容器にカボチャとカボチャがかぶらないくらいの水を入れて、軽くラップをして電子レンジで2分~2分30秒加熱します。
  2. 耐熱容器にブロッコリーと赤ピーマンと野菜がかぶるくらいの水を入れて、軽くラップをして電子レンジで2分加熱します。
  3. 加熱した野菜を、食べやすい大きさに切ります。
  4. レバー入りベビーフードに規定の量の湯を加えて、ペースト状にしたらとき卵を混ぜます。
  5. ちぎったスライスチーズを入れて、混ぜます。
  6. 耐熱容器にすべてを入れて、オーブントースターで軽く焦げ目がつくまで焼いて完成です。

作り方を動画でチェック↓
https://www.babys-room.net/1730.html

ボリュームたっぷり!お肉×離乳食

離乳食後期になると、鶏肉だけでなく豚肉や牛肉も使えるようになります。

赤身のお肉は鉄分が含まれているので、貧血予防にも効果的です。
使うときは、脂肪分は取り除いてください。

マカロニミートトマトスープ

材料:

  • トマト10g(皮と種を取り除いたもの)
  • マカロニ15g
  • 牛もも薄切り肉15g
  • 玉ねぎ10g
  • 野菜スープ1/2カップ
  • 水溶き片栗粉少々
作り方:

  1. マカロニを茹でたあと、水気を切ってあらみじん切りにします。
  2. 皮と種を取り除いたトマトを、7~8ミリ角に切ります。
  3. 玉ねぎをみじん切りにします。
  4. 牛肉をみじん切りにして、包丁でたたきます。
  5. 鍋に水1/2カップと野菜スープを入れて煮立てます。
  6. 煮立ってきたら、牛肉を入れて煮ます。
  7. 牛肉に火が通ったら、玉ねぎとマカロニを入れて煮ます。
  8. 玉ねぎに火が通り、透き通ってきたらトマトを入れてひと煮します。
  9. ひと煮したら、水溶き片栗粉を入れ、とろみが出るまで混ぜて出来上がりです。

作り方を動画でチェック↓
https://www.babys-room.net/1718.html

生後11ヶ月の離乳食で注意したいことは3つ

生後11ヶ月の離乳食で、注意したいことをまとめました。

1:そろそろ歯磨きの習慣を

生後11ヶ月は、上下2本の前歯が生えてくるころです。

虫歯予防のためにも、食後に歯を磨く習慣をつけましょう。

ガーゼなどで、歯を拭いてあげることからはじめます。
慣れてきたら、赤ちゃん用の歯ブラシで歯磨きしてください。

2:手づかみ食べもやさしく見守って

自分で食べることに、まだ慣れていない赤ちゃん。
口から食べ物がこぼれたり、床に落としたりしてしまいます。

ぐちゃぐちゃになってしまっても、イライラしないでください。

ただ遊んでいるように見えても、ひとりで食べる練習です。
根気強く、見守ってあげましょう。

テーブルの下に新聞紙を敷いたり、ランチョンマットを活用すれば、片付けもラクになりますよ。

3:食事に集中させる

家族で食事していると、周囲に気を取られ、食事に集中しなくなる赤ちゃんもいます。
テレビは消して、食事に集中できる環境を作ってあげましょう。

あまりだらだらと、食べるのはよくありません。
赤ちゃんの集中力が続くのは、10~20分といわれています。

食事の時間は、20分くらいで切り上げましょう。
「これで、ごちそうさまにしようね」など、やさしく声をかけてください。

離乳食後期いろいろな味を経験させよう

生後11ヶ月は離乳食後期で、しっかり食事する習慣もついてくるころです。
味のバリエーションも増え、味覚も発達してきます。

「あまり食べない気がする」「食べ過ぎちゃうみたい」
不安に思うママもいるかもしれませんが、赤ちゃんが食べる量には個人差があります。
元気な様子であれば、あまり心配することはありません。

一緒に食事を楽しみ、赤ちゃんの成長に合わせて、ゆっくり焦らず進めていきましょう。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...