妊娠初期の基礎体温!グラフの変化は?どんな兆候がある?

妊娠を希望している女性であれば、基礎体温をつけている人は多いでしょう。

ただ体温のちょっとした変化に、「妊娠しているのかな?」と一喜一憂することもあるのではないでしょうか?

この記事では、基礎体温をつけることで妊娠が判明する仕組みについてまとめました。

正しい知識を身につけて、妊活に挑みましょう。

基礎体温とは


基礎体温とは、体のエネルギーが最小限しか使われてないときの体温です。

基礎体温を毎日測ることで、排卵日がいつなのか、妊娠が成立しているかを知ることができます。

まずは基礎体温について、簡単に知っておきましょう。
参照:日本スポーツ振興センター「月経について」

基礎体温の正しい測り方

基礎体温を正しく測るには、婦人用の基礎体温計を用意しましょう。

通常の体温計では、細かい体温の変化を計測できないので注意してください。

日中は体温が上がるため、朝起きてすぐに基礎体温計を舌の裏に当て口を閉じて測るのが、基礎体温の正しい測り方です。

起き上がって動くと体温が上がるので、布団の中で動かずに測りましょう。


基礎体温はいつ測るの?

基礎体温は本来、寝ている間に測るのがもっとも正確ですが、寝ている間は自分で測れないですよね。

ですから基礎体温は、朝目覚めてすぐに測るのが一般的です。

普段、基礎体温はどのように変化する?

基礎体温には、低温期・高温期と呼ばれる期間があります。

月経が始まると低温期に入り、排卵すると妊娠準備のために高温期が続きますが、体温が何度であるべき、という具体的な決まりはありません。

妊娠するためには、高低差の平均が0.3度以上あればよいでしょう。

妊娠したら体温はどうなる?

生理周期の長さにかかわらず、排卵日から14日後に月経が始まるのが一般的です。
月経が始まると、体温が下がるため低温期に入ります。

しかし妊娠が成立すると、基礎体温は下がらずに高温期が続きます。
高温期が14日以上続いている場合は、妊娠の可能性があるでしょう。

妊娠するとなぜ体温が上がるの?

排卵すると、着床や妊娠をサポートする、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが分泌されます。

このプロゲステロンが基礎体温を上昇させるので、妊娠すると高温期が続くのです。

胎盤が完成する妊娠4ヶ月ころになると、徐々に体温が低下していきます。

妊娠したときの体温以外の症状は?

妊娠すると、基礎体温以外にも、さまざまな症状があらわれます。

  • 微熱の時のようなだるさが続く
  • いつもは感じない眠気がある
  • 匂いに敏感になる
  • 胃がムカムカする
  • 下腹部痛がある
  • 吐き気がする

妊娠初期症状は、多くの女性が妊娠したときに感じる体の変化です。

「赤ちゃんの部屋」でおこなったアンケートをみても、先輩ママたちはさまざまな妊娠初期症状を経験しています。

ただ月経前や風邪をひいたときの症状にも似ているため、自覚症状のみで妊娠を判断することは難しいでしょう。


こんな場合妊娠の可能性は?

基礎体温には個人差があるため、「自分の基礎体温がほかの人と違う」ということもあるでしょう。

状況別に、妊娠の可能性についてみていきましょう。

体温が低い


体温が低い状態が続いていたり、グラフに高低差がない場合、妊娠の可能性は低いでしょう。

低温期がずっと続いているケースでは、排卵が起こっていない可能性があります。

月経が毎月あっても排卵していないケースがあるので、低温期が続いている場合は、産婦人科で診察を受けましょう。

グラフがガタガタ

高低差はあるものの、低温期と高温期がガタガタしている場合、さまざまな原因が考えられます。

ストレスや体調の変化でも基礎体温に影響するので、ガタガタとしたグラフになることはあるでしょう。

ただグラフがガタガタの場合でも、妊娠する可能性はあります。

正しい計測ができていないこともあるので、計測方法を見直してみるといいでしょう。

妊娠検査薬を使うのはいつ?

高温期が続き、生理が来ない場合は、妊娠検査薬を使ってみましょう。

生理予定日から1週間経過を目安に使用します。

生理予定日から使える、早期妊娠検査薬もあるので利用してもよいでしょう。

ただ陰性であっても、検査時期が早かっただけで妊娠していることもあります。
陰性なのに高温期が続く場合は、日をあけて再度検査薬で調べてみましょう。

陽性であれば、ほぼ確実に妊娠はしていますが、正常妊娠であるかまでは判断できないため、必ず産婦人科を受診しましょう。

病院に行くタイミングは?

妊娠検査薬で陽性が出たときは、できるだけ早めに病院を受診しましょう。

妊娠週数は、最後に月経が来た日を0週0日と数えます。

生理予定日から1週間経った時点で陽性が出ているのであれば、妊娠5週ころでしょう。

この時期に、胎芽と呼ばれる細胞(赤ちゃん)を包む「胎嚢」が、超音波で確認できますよ。

妊娠6~7週目ころに、心拍を確認できれば妊娠が判定されます。

受診費用の目安

はじめて病院を受診する場合、どれくらい費用がかかるのかも気になるでしょう。

受診費用は、病院によって金額が変わります。

妊娠の場合、健康保険が適用されないので全額負担です。

初診料の相場は、5,000〜15,000円というところが多いので、2万円程度用意しておくといいでしょう。

病院によっては、クレジットカードが使えることもあるので、カード払いを希望する場合は、事前に確認してくださいね。

持ち物は?

病院を受診するときの持ち物も確認しておきましょう。

  • 健康保険証
  • 最後の月経開始日がわかるメモと筆記用具
  • お金
  • ナプキン

健康保険証は、保険が適用されなくても必要です。

内診で出血する場合があるので、念のためナプキンを持っていくとよいでしょう。

妊娠初期は不安なことやわからないことが多いものですが、受診時に聞こうと思っていたことも、いざ病院へ行くと緊張で忘れてしまうこともあるものです。

不安なことや、聞いておきたいことがある場合は、忘れないようにメモしておきましょう。

どんな服装で行くべき?

服装については、内診のときに着脱しやすいものを選びましょう。

タイツやストッキング、サロペットなどは着脱しにくいので注意が必要です。

スカートであれば、下着を脱ぐだけでよいので、スムーズに内診が終わります。

初診では腹部のエコー検査が無いので、ワンピースを着てもよいでしょう。

陽性が出たのに体温がさがった!流産の可能性は?


妊娠検査薬で陽性が出たのに、体温が下がった場合、原因として次のようなことが考えられます。

  • 外気温の変化
  • 計測ミス
  • 初期流産

基礎体温は気温の変化によっても左右されるので、妊娠していても基礎体温がさがることはあるでしょう。

測る時間や睡眠不足などの体調変化によっても、基礎体温がさがることはあります。

基礎体温の低下とともに、腹痛・お腹の張り・出血などの症状がある場合は、流産の可能性もあるでしょう。

気になる症状があれば、まずは病院を受診しましょう。

妊娠初期の体温変化には個人差がある!


基礎体温は、低温期と高温期があり、計測を続けることで、排卵日や生理予定日・妊娠の可能性がわかります。

ただ人によっては、体温が高い・低いという違いもあり、高温期と低温期がわかりにくかったり、ガタガタしたグラフになることもあるでしょう。

自分の基礎体温の変化を知るためにも、正しい方法で継続しておこなうことが大切です。

心配なことがあれば、産婦人科を受診して医師に相談しましょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...