予定帝王切開とは?いつ決まる?手術の時期や流れまとめ

もうすぐ出産するプレママのなかには、医師からあらかじめ日程を決めて帝王切開をおこなうと伝えられる人もいます。

「出産の流れはほかのママたちと何がちがうの?」「痛みの強い産みかたなのかしら…」など、戸惑うこともあるでしょう。

この記事では予定帝王切開をおこなうのはどんなケースなのか、また手術の手順や退院までの流れ、費用についてまとめました。

予定帝王切開とは?


帝王切開とは、子宮を切り開いて赤ちゃんを取り出す手術です。

自然分娩ではママや赤ちゃんに危険が及ぶ可能性が高い場合、ママと赤ちゃんを守るために帝王切開がおこなわれます。

帝王切開には、予定帝王切開緊急帝王切開の2種類があります。

緊急帝王切開とは、緊急に対処すべき問題が起こり、できるだけ早く赤ちゃんを取り出す必要がある場合に行われるものです。

それに対し予定帝王切開は、自然分娩が難しいとあらかじめわかっているケースにおいて、事前に日を決めて計画的におこなわれます。

予定帝王切開になる理由

予定帝王切開になる理由にはさまざまなものがあります。

どのような理由があるのか、おもなものを下記で詳しくみてみましょう。

参照:あさぎり病院「帝王切開について」
参照:日本産科婦人科学会「帝王切開術」

前回の出産が帝王切開

前回の出産が帝王切開だった場合、自然分娩時に子宮破裂のリスクが高いため、予定帝王切開を選択することが多くなります。

同じ理由で、以前子宮にメスを入れた手術(子宮筋腫の手術など)の経験がある妊婦さんも、予定帝王切開になる可能性が高いでしょう。

ただし1度帝王切開をした人は、2回目以降必ず帝王切開でなくてはならないというわけではありません。

自然分娩でのお産をサポートしてくれる病院もあります。

高齢出産

高齢で初産の場合は、体力的に自然分娩が難しいこともあります。

さらに高齢になると、子宮口の収縮性や膣壁の柔らかさが低下するため、赤ちゃんが通り抜けられないケースもあるでしょう。

医学的に高齢出産は35歳以上といわれますが、何歳から予定帝王切開を適用するかは、医療機関や医師によって見解が異なっています。

自然分娩も可能だったとしても、リスクを軽減するために予定帝王切開を選ぶことも多くなるでしょう。

多胎妊娠

双子や、三つ子など多胎妊娠の場合、妊娠高血圧症候群切迫早産になりやすい傾向にあります。

そのためママや赤ちゃんの負担を軽減する目的で、予定帝王切開を選ぶことがあります。

前置胎盤

前置胎盤とは、胎盤が子宮口をふさいでいたり、胎盤の一部が子宮口にかかっている状態です。

前置胎盤の場合、陣痛で子宮口が開きかけた時に大出血となることがあります。

大量出血のリスクを回避するために、予定帝王切開となることが多いのです。

手術予定日よりも早く出血が始まった場合は、緊急帝王切開となります。

合併症がある

糖尿病や心疾患などの合併症があって、陣痛に母体が耐えられないと判断された場合は、予定帝王切開となります。

子宮筋腫が子宮口をふさぐ位置にあったり、サイズが大きい場合も予定帝王切開になることが多いでしょう。

逆子

出産が近づいてくると赤ちゃんは子宮口に頭を向けた状態になるのが普通です。

しかし妊娠後期になっても、頭が上で足が子宮口側にある状態の赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの足が反対向きのままである状態を逆子といい、出産時に赤ちゃんが低酸素状態になるリスクが高いため、予定帝王切開となるでしょう。

児頭骨盤不均衡

ママの骨盤の幅より赤ちゃんの頭が大きかったり、ママの骨盤の形に問題があって赤ちゃんが産道を通り抜けられそうもないケースを、児頭骨盤不均衡といいます。

自然分娩が難しいため、予定帝王切開となります。

胎児発育不全

胎児発育不全でも症状が軽い場合は自然分娩も可能です。

しかし赤ちゃんが経膣分娩のストレスに耐えられないと判断された場合は、予定帝王切開が選ばれることが多いです。

ただし子宮内で発育が停止するなど緊急を要する事態になった場合は、緊急帝王切開に切り替わることもあるでしょう。

予定帝王切開はいつ決まる?

予定帝王切開の決定は、ママや胎児の状態・状況をみて、医師がケースバイケースで判断します。

すでに帝王切開で出産した妊婦さんの場合や高齢出産の場合は、早い時期から帝王切開することが決められることもあるでしょう。

経過観察しつつ36週ごろに、自然分娩で産むのか帝王切開を選択するのかを決定することが多いようです。

参照:あさぎり病院「帝王切開について」

予定帝王切開の手術日の時期は?

出産予定日間近になると、陣痛がいつおこってもおかしくありません。

陣痛が始まってしまうと緊急帝王切開になってしまいます。

また赤ちゃんを子宮から取り出すためには、赤ちゃんの身体の機能が十分に発達しているかどうかも考慮しなければなりません。

そのため予定帝王切開は、出産予定日より2週間前の妊娠38週ごろにおこなわれることがほとんどです。

しかし手術の予定日より先に破水や出血があった場合は、緊急帝王切開に切り替わることもあります。

参照:国立育成医療研究センター「帝王切開」

スケジュールや手術の流れは?


予定帝王切開となった場合は、自然分娩よりも入院期間が数日長くなります。

医療機関によって多少の違いはありますが、一般的なスケジュールと手術の流れは以下を参考にしてください。

予定帝王切開のスケジュール

予定帝王切開の場合、入院期間はだいたい8日前後となります。

病院やママの回復状況によって多少異なりますが、前日から入院し、手術後6日間程度入院というスケジュールになることが多いようです。

下記は一般的なスケジュールといわれています。

ご自身の入院期間など詳細は、通院している担当の先生に確認してください。

手術前日 術前の検査や準備がおこなわれます。前日から入院する病院が多いようです。
手術当日 点滴と麻酔の後、手術を開始します。手術後は安静に過ごしましょう。体調がよければ赤ちゃんと触れ合うこともできるでしょう。
手術後1日目 流動食ができます。体を動かした方が回復が早いため、歩行を開始します(トレイに自分でいくなど)。おっぱいチェックを行う病院もあるようです。
手術後2〜4日目 授乳開始。食事は普通食になります。シャワーを浴びることもできます。
手術後5日目 診察にて回復状況をチェック。退院後の生活についての説明があります。
手術後6日目 とくに問題がなければ母子揃って退院です。

参照:国立育成医療研究センター「帝王切開」
参照:あさぎり病院「帝王切開について」

予定帝王切開手術の流れ

医療機関によって多少の違いはありますが、当日の手術の流れは以下の通りです。

  1. 浣腸する
  2. 赤ちゃんの心音確認
  3. 点滴開始
  4. 麻酔をする
  5. 切開
  6. 赤ちゃんの取り出し
  7. 子宮の縫合 ※吸収糸(溶ける糸)にて縫合
  8. 病室に戻り安静に過ごす

麻酔は、全身麻酔でなく、局所麻酔が用いられることが多いでしょう。

また緊急の場合はおなかを縦にに切ることが多いのですが、予定帝王切開の場合は、傷跡が目立たない横に切る方法が取られることがほとんどです。

ただし前回の帝王切開で縦に切った場合は、縦に切ることとなります。

参照:日本産科麻酔学会「帝王切開の麻酔Q&A」
参照:日本産科婦人科学会「帝王切開術」

予定帝王切開手術の麻酔

予定帝王切開の手術では、通常、局所麻酔が使われます。

局所麻酔には何種類かありますが、よく使われるのは、脊髄くも膜下麻酔か硬膜外麻酔です。

局所麻酔をすると、胸から足先までの痛みを感じません

しかし押したり、触られたりする感覚は残っており、意識もはっきりとしています。

赤ちゃんを取り出すのは分かりますし、赤ちゃんの産声を聞くこともできます

麻酔が十分でなく痛みを感じる場合や、麻酔が効きすぎて呼吸が苦しく感じる場合は、お医者さんや看護師さんに伝えてください。

参照:日本産科麻酔学会「帝王切開の麻酔Q&A」

退院後に気をつけたいこと

自然分娩でも帝王切開手術でも、生まれた赤ちゃんの発育に違いはありません。

しかしママの体の回復は、自然分娩よりも少し時間がかかるのが普通です。

おなかに力を入れる動きなど負担がかかるような動作はなるべく避けてください。

退院直後はスーパーの買い物袋を持つ程度でもおなかに痛みを感じるもの。

ムリをせず、体力の回復を第一に考え、ご主人やご両親に家事や子育てを協力してもらいましょう。

また手術後の経過確認の検診には、必ず行ってくださいね。

予定帝王切開するママが知っておきたいこと


予定帝王切開することになった場合、知っておきたいことをまとめてました。

予定帝王切開の場合の費用は?

手術となると、費用がかかるのではないかと心配される方もいるかもしれません。

予定帝王切開による出産の場合、通常の自然分娩の費用に加えて、手術費(予定帝王切開の場合20万1,400円)がかかり、入院日数も長くなります。

しかし帝王切開による手術は健康保険が適用されるため、自己負担は3割です。

また帝王切開手術後の入院費にも健康保険が適用されるため、支払いの総額は自然分娩とあまり変わらないという人もいます。

民間の医療保険に入っている場合は、給付金が支給されることもありますので、ご自身の加入している保険会社に問い合わせてみましょう。

帝王切開の費用をおさえたい方は、「帝王切開の出産費用を抑えるコツまとめ」を見てください。

産前休暇はどうなるの?

働くママの場合、予定帝王切開の場合の産休について気になることでしょう。

産後休暇は実際の出産日から8週間と決まっていますので、手術予定日からカウントされます。

しかし産前休暇は実際の出産日ではなく、出産予定日の6週間前から取得が可能となっています。

予定帝王切開の手術日の6週間前ではないので、間違えないようにしましょう。

関連記事

予定帝王切開、不安なときは相談しましょう


ママか赤ちゃんになんらかの問題があって、普通分娩が難しい場合、医師の判断で予定帝王切開を選択することがあります。

予定帝王切開で出産することが決まった場合には、手術のことや費用のことなど不安になるママも多いかもしれません。

でも大切なのは、分娩の方法ではなく、赤ちゃんに会える日までの日々をママがゆったりと落ち着いた気持ちで過ごすことです。

不安なときは、一人で悩まずに担当医や看護師さんに確認・相談してみましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...