フォローアップミルクいつから?いつまで?

離乳食が3回になる、生後9ヶ月を過ぎたあたりで、飲み始めるといわれるフォローアップミルク。

「フォローアップミルクって聞いたことはあるけど何?」
「うちの子にフォローアップミルクって必要?」
「フォローアップミルクは普通のミルクとどう違うの?」

など、はじめての子育てでは、フォローアップミルクの存在が初耳というママは多いようです。

フォローアップミルクの使い方は、普通の粉ミルクとは少し異なります。

そもそもフォローアップミルクとはなにか、飲ませる場合はいつからいつまでで、どのくらいの量を飲ませればいいのかなどを解説します。

オススメのフォローアップミルクや、アレルギー対応の商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

粉ミルク育児のママはもちろんですが、母乳育児をしているママも必見です。

フォローアップミルクは粉ミルクとどう違うの?


フォローアップミルクとは、離乳食が3回になる、生後9か月あたりから、離乳食などの食事では摂りきれない不足しがちな栄養を補うための粉ミルクです。

「不足している栄養の補助」としての意味合いが強く、生後9ヶか月未満の赤ちゃんが飲む、一般的な粉ミルクとは異なります。

粉ミルクのほうが、フォローアップミルクよりも高カロリーで、栄養が豊富です。

赤ちゃんの腹持ちの良さも、粉ミルクのほう方が良いとされています。

粉ミルクは母乳の代わりになりるもの、離乳食前の主食なので、納得ですね。

フォローアップミルクは必ずしも飲まなくてOK


フォローアップミルクは、すべての赤ちゃんに必要というわけではありません。

母乳育児でもミルク育児でも、成長にあわせて赤ちゃんが離乳食を食べ、十分に栄養がいきわたっている状態なのかが重要です。

ここでは、フォローアップミルクが本当に必要かどうか、例をあげてみていきます。

フォローアップミルクが必要なケース

  • 離乳食の進みがゆっくりな場合
  • 離乳食の好き嫌いが激しく、あまり食べてくれない場合
  • 母乳育児だが母乳の量が減少し、栄養不足が気になる場合
  • 卒乳に向け、ミルク以外のものを飲ませたいが牛乳には抵抗がある、または1歳未満の場合

離乳食を食べる量が少ない場合は、フォローアップミルクで栄養の補助を考えてよいでしょう。

また「牛乳はまだ早いけど、ミルクは太っちゃうし…」という場合は、フォローアップミルクが頼りになる存在です。

フォローアップミルクが不要な場合もある

  • 離乳食と並行して母乳やミルクもしっかり飲んでいる場合
  • 離乳食もまだ十分に食べられていない場合
  • 生後9か月未満の赤ちゃん

しっかり離乳食を食べていたら、フォローアップミルクは必要ありません。

逆に離乳食の進みがまだ2回食などで、粉ミルクや母乳を併用しているのであれば、フォローアップミルクの出番はまだまだ先といえるでしょう。

いつからいつまで飲ませるべき?


使い始めたり、やめるタイミングに決まりがなく、あいまいなフォローアップミルク。

栄養不足を感じたときに開始すればいいのは、なんとなくは分かってるけど、ちゃんとした基準がなく不安を感じるママもいます。

フォローアップミルクは、いつからいつまで飲ませるべきなのでしょうか。

使い始めは離乳食が3回食になるころ

 
使い始めのタイミングは、主に離乳食が3回になったときです。

3回食になると、栄養の60%を離乳食から摂ります。
残りの不足している栄養素を、フォローアップミルクで補うイメージです。

これはあくまでも目安なので、赤ちゃんの体調などを見て判断してくださいね。

終了する時期は決まってないけど3歳くらいまでが目安

明確に終了する時期はきまっていませんが、各メーカーとも、主に3歳くらいまでとしています。

離乳食を卒業し、普通の食事ができるようになったタイミングで、フォローアップミルクを卒業するママは多いようです。

また1歳を過ぎてアレルギー反応がなければ、牛乳が飲めるようになるになる頃なので、それと同時にフォローアップミルクをやめ、牛乳に移行するママもいます。

マグカップやストローの練習にも

フォローアップミルクを乳幼児のときと同じように、哺乳瓶で与えても構いません。

フォローアップミルクから、マグからストローやコップにステップアップの練習をするのもオススメです。

ひとことにマグといってもハンドルの形状やストローの太さなど、さまざまな種類があるので、赤ちゃんの成長に合わせてマグを選んでください。

オススメのフォローアップミルク5選

オススメしたいフォローアップミルクメーカーと商品を紹介します。

またアレルギー対応のフォローアップミルクもあるので参考にしてみてください。

1:ビーンスターク「つよいこ」

ビーンスタークつよいこ(大缶) 820g

価格 1,551円~
内容量 252~820g
ラインナップ
  • 大缶:820g
  • 小缶:300g
  • スティックタイプ:14g×18本
口コミ 「水でも溶けるから調乳しやすい」など

体内では作られず、食事からしか摂ることができないDHA(栄養素)を手軽に摂取できるのが特徴の商品です。

ラインナップも豊富で、使うシーンにあわせて使い分けができます。

普段使いは大缶で、お出かけするときはスティックタイプがあると便利でしょう。

2:アイクレオ「アイクレオのフォローアップミルク」

アイクレオのフォローアップミルク 820g

価格 2,580円~
内容量 136~820g
ラインナップ
  • 大缶:820g
  • スティックタイプ:13.6g×10本
口コミ 「離乳食やおやつの材料としても使えるから便利」など

母乳の成分に近いことが特徴のアイクレオ。

さっぱりとした口あたりが「飲みやすい」と人気です。

毎日の栄養補給にはもちろん、離乳食にも併用できる点もママにとっては嬉しいですね。

3:森永「チルミル」

森永 チルミル 大缶 820g

価格 1,854円~
内容量 140~820g
ラインナップ
  • 大缶:820g
  • スティックタイプ:14g×10本
  • エコらくパック
口コミ 「低温の水でも溶けやすく手間がかからない」など

初回専用セットを購入すると、次回からは詰め替え用として利用できるエコらくパックがオトクです。

袋をあけて、袋ごと専用ケースに入れるだけなので、詰め替えるときにこぼす心配もありません。

スティックタイプは、外出するときがかなり便利です。
粉を詰め替える必要もなく、1回分が入っているので、出かける準備をするときがかなりスムーズになります。

4:和光堂「ぐんぐん」

和光堂フォローアップミルク ぐんぐん830g

価格 1,350円~
内容量 140~830g
ラインナップ
  • 大缶:830g
  • 小缶:300g
  • スティックタイプ:14g×10本
口コミ 「下痢が続いていたのも回復した」など

発育に必要不可欠な「鉄分・カルシウム・DHA」などの栄養素に注目し、バランスよく栄養がいきわたるように工夫されています。

離乳食に好き嫌いがあったり、あまり食べない赤ちゃんにとって、フォローアップミルクは栄養バランスがよくなるかもしれませんね。

5:森永「ニューMA‐1」

森永 ニューMA-1 大缶 800g

価格 4,104円~
内容量 140~830g
ラインナップ
  • 大缶:800gのみ
口コミ 「アレルギーでも安心して飲める」など

アレルギーをもつ赤ちゃんでも、安心して飲めるように開発された商品です。

乳糖をはじめ、大豆成分や卵成分など、消化しにくいたんぱく質を含まなず、赤ちゃんの未熟な消化器官にやさしい配慮があります。

使用するときは、必ず医師や管理栄養士に相談のうえ、指導に合わせて使いましょう。

フォローアップミルクを飲ませるにあたって注意したいこと


フォローアップミルクは、絶対に必要なものではありません。

しかし、赤ちゃんの発育にとって、栄養は必要不可欠です。
足りない栄養素を、フォローアップミルクで補うとよいでしょう。

ここでは、フォローアップミルクを飲ませるにあたって、ママに注意してほしいことを書いていきます。

与えすぎは栄養過剰の原因になる?

赤ちゃんの栄養不足が不安になればなるほど、栄養豊富なフォローアップミルクに頼りたくなるのは、わが子を思う親心かもしれません。

フォローアップミルクの与えすぎは、栄養過剰や腎臓の負担などの原因になります。

飲めば飲むだけ、与えればよいわけではありません。。

量は、体重とのバランスをみて決めましょう。

飲み始めに体調の変化があることも

フォローアップミルクを飲み始めた頃は、赤ちゃんの体がフォローアップミルクに順応できていません。

フォローアップミルクには、多くのたんぱく質や栄養分が含まれているため、赤ちゃんの未熟な消化機能では処理しきれず、下痢をすることがあります。

また風邪や予防接種のあとなど、普段と異なる体調のときに、フォローアップミルクの開始時期が重なると、下痢や体調を崩す原因になりうるので注意してください。

フォローアップミルクに切り替えるタイミングはいつ?

離乳食が3回になっていない段階でフォローアップミルクを与えると、赤ちゃんはフォローアップミルクだけでお腹がふくれてしまいます。

お腹がいっぱいになることで離乳食を食べなくなると、栄養バランスが崩れてしまうのです。

フォローアップミルクは「離乳食3回」がしっかり定着してから、与えるようにしましょう。

赤ちゃんの成長に合ったミルクをあげよう


赤ちゃんにすくすく元気に育ってほしいからこそ、フォローアップミルクの使う期間や種類、頻度に敏感になるママも多いようです。

赤ちゃんにとってフォローアップミルクは絶対必要ではありません。

必要かどうかは、赤ちゃんの離乳食の進み具合や、赤ちゃんの体調などを参考に、ママ・パパが判断しましょう。

どうしても判断に困るなら、検診時やお近くの育児相談所などで、相談するのもひとつの方法です。

フォローアップミルクはあくまでも「足りない栄養を補う便利なもの」です。

便利に使って楽しく子育てをしましょう。

この記事もチェック!

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...