助産院出産のメリット・デメリットって?産婦人科との違いは?

人生の中でも一大イベントのひとつである出産ですが、いざ妊娠したことが判明したときに、どこで産もうか悩む方も多いしょう。

分娩可能な施設が年々減っている現状で、病院や診療所などの産婦人科以外の選択肢として、助産院があります。

助産院とはどんな場所なのか、助産院で出産するメリット・デメリット、産婦人科との違いをお伝えします。

助産院とは

助産院とは、助産師が管理している9床以下の分娩施設のことです。

妊婦や赤ちゃんのタイミングを優先する昔ながらの自然な出産が特徴といえます。

医師は在籍していないため、帝王切開や会陰切開・縫合、麻酔剤の使用など各種医療行為は認められていません。

万が一異常が発見された場合に備えて

  • 産婦人科の連携医療機関を定めること
  • 妊婦に書面での説明をおこなうこと

が医療法により義務づけられています。

参照:厚生労働省「助産所における連携医療機関確保について」

助産院で出産できる人とは

助産院では医療行為ができないため、正常分娩のみの取り扱いです。

そのため

  • 帝王切開歴のある妊婦
  • 子宮に異常がある妊婦
  • 合併症のある妊婦
  • 感染症にかかっている妊婦

などのハイリスク妊娠と呼ばれる妊婦は、助産院では受け入れていません。

前回の妊娠時にハイリスクとは呼べない程度の問題があったといった場合も、しっかりと助産院に相談しましょう。

問題がなく助産院に受け入れてもらえたとしても

  • 逆子がなおらない
  • 多胎妊娠(双子以上)
  • 前置胎盤
  • 羊水過多、過少
  • 妊娠高血圧、妊娠糖尿病

このような場合は、助産院での出産ができないので、連携医療機関への転院が必要です。

正常分娩できるように、助産師も熱心に指導してくれますが、妊婦さん自身が妊娠中の体調管理などを意識することも大切です。

妊婦健診について

助産院での妊婦健診は、産婦人科での健診と同じように以下の項目をおこないます。

  • 問診
  • 超音波検査
  • 体重、血圧測定
  • 尿検査
  • 保健指導

ただし助産院は、産婦人科とは違い、時間をかけてじっくりと健診や話ができる助産院が多いようです。

妊娠初期・中期・後期に必要な血液検査や、がん・感染症の検査など、医療行為を含む健診のときは、提携先の病院でおこないます。

助産院によって回数は異なりますが、妊娠期間中に何回か連携病院での健診があり、医師も妊娠経過を確認します。

安全な出産のためには、助産師と医師が密に連携を取り診察することが必要です。

妊婦健診にはしっかり行きましょう。

助産院の費用は?

平成28年度の出産費用の平均(出産育児一時金の直接支払制度対応の施設のみ)は、病院・診療所・助産院の中では助産院が1番安く464,943円となっています。

とはいえ、妊婦健診や出産の費用はそれぞれの産婦人科・助産院が決めるため金額はバラバラであり、必ずしも産婦人科より安いとは限りません。

助産院は自由さが魅力ではありますが、妊婦の希望によっては追加料金がかかることもあります。

実際にかかる費用、補助券が使用可能か、出産育児一時金の直接支払制度についても助産院によって違うので、助産院を選ぶ際には確認が必要です。

参照:国民健康保険中央会「正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度)」

助産院で出産するメリットは3つ

助産院の特徴がわかったところで、実際に助産院で出産することによるメリットにはどんなものがあるのかを紹介します。

1:自分の好きな分娩方法が選べる

助産院では、助産師はあくまで出産を手伝う形です。

妊婦一人ひとりの希望が常に尊重されるので、妊婦自身が主体となる出産ができます。

分娩スタイルや場所、立ち会い可能な人数なども制限ないところが多く、その都度自分がリラックスできる状況、いきみやすい体勢などを選択できます。

妊婦によってまったく違う出産になるため、「オーダーメイド感覚の出産」とも言われています。

  • 仰向けうつぶせ・四つんばい・横向き・しゃがみこむ・立て膝・立ったままなど好きな体勢での出産
  • 自宅や水中での出産
  • 家族に囲まれての出産
  • 赤ちゃんの頭を自分でつかみ、引っ張り出す
  • 旦那にへその緒を切ってもらう

このように分娩スタイルにこだわりがある場合は、助産院がオススメです。

妊娠中から正常分娩で産めるよう努力を重ねることや、医療の介入がないこともあり、自分の力で産んだという実感が得られやすいようです。

選択肢が多いからこそ、どんな出産にしたいか家族で事前に話し合い助産院にも伝えておきましょう。

ただし自宅出産や水中出産などは、対応していない助産院もあります。

事前に確認しておきましょう。

2:母乳育児しやすい

助産院では、入院中は基本的に母子同室で過ごします。

母乳育児のプロフェッショナルである助産師が常に指導してくれるので、母乳育児が成功しやすいようです。

産婦人科で入院した場合、その日によって担当の助産師が違ったり、忙しそうであったりと相談しにくい場合もあるでしょう。

助産院の場合は、妊娠中から母乳育児が成功するよう指導してくれます。

時間をかけて信頼関係を築いている助産師が担当なので、退院後にトラブルが起きたときも相談しやすいでしょう。

完全母乳育児を目指している人や、母乳育児に不安がある妊婦さんは、母乳外来も実施している助産院を選ぶのもよいですね。

3:自分に合わせた入院ができる

助産院では、出産時だけでなく産後の入院中も自由がききやすいです。

産後の回復が早い場合には短期間での退院が可能であったり、逆に床上げまでの長期間お世話をしてくれる産褥入院を実施している助産院もあります。

会陰切開や縫合を実施しないため、妊娠中からケアの指導もあり、産後の回復が早いという意見もあります。

家族も一緒に入院可能な助産院もあるので、上の子を見てくれる人がいないという場合も安心です。

各家庭での事情も考慮してくれることが多いので、相談してみましょう。

助産院で出産するときのデメリットは3つ

妊婦にとっては魅力的な助産院ですが、デメリットもあります。

デメリットも把握した上で、自分に合った助産院を選びましょう。

1:何かあった場合の対処が遅れることもある

助産院では医療行為がおこなえないため、出産時に問題が起こった場合に、対処が遅れる可能性があります。

トラブルが起きたとこは連携医療機関へ搬送されますが、連携医療機関は必ずしも近くにあるとは限りません。

直前まで問題がなかったとしても、出産はいつ何が起こるかわからないので、連携医療機関の場所や搬送にかかる時間も踏まえて、より安心できる助産院を選びましょう。

院内助産院と呼ばれる、産婦人科に併設している助産院もあるので、探してみるのもよいですね。

助産師によって知識量が違うため、搬送の判断が遅れたり、医療介入を嫌う助産師もいるようです。

妊婦自身が勉強して、出産についての知識を身につけることや、助産院の評判や助産師のスタンスを見極めることも重要になってきます。

2:ママ友を作りにくい

助産院ではそもそも受け入れ人数が少なく、ママ友を作りにくい側面があります。

産婦人科の大部屋入院であれば、ほかのママ達と交流するきっかけもあるでしょう。

個室入院の場合でも食堂や授乳室で、同時期に出産したママと交流する機会があります。

妊婦健診の待ち時間に、顔見知りになることもあるでしょう。

しかし助産院は個人向けに特化しているため、助産師との仲はより密接になりますが、ほかの妊婦との交流が少なくなる可能性があります。

地域でおこなわれる母親学級や、産後に子育て広場などを活用してママ友を作りましょう。

3:衛生面

助産院は清潔を保持するものと定められていますが、衛生面での明確な基準は設けられていません

衛生面が心配されるケースとして、自宅での水中出産などがあります。

自宅は分娩場所として管轄外となるため衛生面は本人が用意したままの状態です。

自宅での出産を考えている場合は、自分でしっかりと衛生面を整えることが必要です。

助産院での衛生面についても、健診のときにチェックしておきましょう。

助産院での出産を希望する方へ

助産院で出産をすると、アットホームな環境で自分らしく新たな命を迎えられます。

産前産後も寄り添ったケアを受けることで、必要以上に1人で悩むことなく子育てをはじめられるでしょう。

助産院での出産を希望する場合には、

  • 自分の希望する出産の実施
  • 出産にかかる費用や、使用可能な制度
  • 助産師個人による方針の違い
  • 連携医療機関の場所や搬送時間
  • 衛生面への配慮

などの注意点を意識して、自分にあった助産院を選びましょう。

診断テスト

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...