妊娠初期の服装はどう選べばいい?知っておくべき注意点は?

妊娠初期は見た目にあまり変化がありません。

とはいえ、妊娠したから「いままでと一緒でいいのかな?」と悩む妊婦さんは多いようです。

また、マタニティウェアはいつ買うべきなのでしょうか。

まだマタニティウェアは買わなくていいかも?
そもそも必要なの?

などと、妊娠初期だとわからないことがでてきます。

妊娠初期は、見た目には分からなくても、体の内側はどんどん変化する時期です。

つわりが始まったり、肌が敏感になったりすることで、今までの服が着られなくなることも。

今回は妊娠初期における服装の選び方や、そろえておきたいマタニティウェアについてまとめました。

オススメのブランドも紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

服を買う前に知っておきたい3つのポイント

限られた期間しか着用しないものが多いマタニティウェアを買うときは、3つのポイントを意識するとよいでしょう。

  • できる限り手持ちの服を活用する
  • 必要なものを必要なときに買い足していく
  • 産後も着られるデザインのものを選ぶ

1:手持ちの服を活用するポイント

妊娠したからといって、すべての服をマタニティ専用に一新する必要はありません。

今持っている服で妊娠中も着回しができるものはないか、探してみましょう。

  • 丈が長くおしりが隠れるくらいのトップス
  • ゆったりシルエットのチュニックやニット
  • Aラインやマキシ丈のワンピース
  • ウエストゴムのボトムスやロングスカート

上記のような、サイズに余裕があり、締め付けのない服であれば、妊娠中でも活用できます。

なかには旦那さんの服を借りる、という人も。

手持ちの服をベースに、体型変化に合わせて必要なものだけを買いましょう。

2:必要なものを必要なときに買い足す

一時的にしか使わないものへの出費は、できるだけ抑えたい方が多いようです。
マタニティウェアは、先取りして買いすぎても、いざ必要となった時期に「体型と合わず着られない!」という事態も起こります。

お腹の出方や体型の変化は、人それぞれ。

自分の体がどのように変わるかは、週数が進まなければわかりません。

お腹がきつくなってきた
そろそろ楽な着心地の服がほしい

と自分が思ったタイミングで、必要なアイテムだけをそろえましょう。

3:産後も着られるデザインのものを選ぶと◎

今出ているマタニティトップスの多くは、授乳口がついた、産後も着られるタイプになっています。

ボトムスも、伸縮するお腹回りの生地を折り返せば産後も履けるタイプがあります。

おしゃれなマタニティウェアが多いので、せっかくなら好きな服を長く着て楽しみたいものです。

着心地のよさはもちろん、産後まで使える機能性も兼ね備えたデザインのものを選びましょう。

妊娠初期の服の選び方

妊娠初期は、つわりやホルモンバランスの乱れにより、ストレスを抱えやすい時期です。

まずは下着やインナーを肌に優しい素材に替え、締め付けのない服を選びましょう。

また体温調整にも気を配り、とくに体を冷やさないようにすることが大切です。

1:「寒い」「暑い」「苦しい」は3大NG!

妊婦にとって大敵のひとつが「冷え」です。

妊娠初期は赤ちゃんの臓器などが作られる重要な時期。

赤ちゃんにしっかりと栄養を届けられるよう、血の巡りをよくしておきたいですね。

夏でもクーラーなどで寒さを感じたときは、薄手の羽織ものを上手に活用し、体を冷やさないよう工夫しましょう。

また寒い時期は、露出をひかえて腰を暖め、お腹には腹巻をするなどの対策が必要です。

温活のやりすぎは禁物

ただし、冷えないようにと意識するあまり、夏でも無理して腹巻をするなどのいきすぎた保温はやめましょう

妊娠中は新陳代謝が盛んになり、また血液量も増えるため、通常よりも体温が上がります。

そのうえ更に保温をしたら、脱水症状を引き起こしてしまうことも!

参照:株式会社アスペクト「すべてがわかる妊娠と出産の本」
メタモル出版「産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK」

夏は、通気性のよい涼しい格好で過ごしましょう。

快適でいることが大切

合わない服を着ている不快感や、締め付けによる息苦しさも、ストレスとなります。

ママのストレスは、赤ちゃんにとっても負担です。

体を労わりながら、楽で我慢しないファッションを楽しみましょう。

2:肌に優しい素材を選ぶ

妊娠中は極力、肌に触れる素材にも注目しましょう。

なぜ妊娠中は、服の素材に気をつけたほうがいいのでしょうか?

肌が荒れやすくなる

妊娠中は、ホルモンバランスの変化による肌トラブルがつきものです。

参照:昭和学士会誌 第77巻 第3号「妊娠による母体の酸化ストレス反応の変動」

肌トラブルを悪化させるひとつが、下着などによるゴムの締めつけや、布と肌のこすれによる摩擦といわれています。

また肌が敏感になることで、今まで平気だった生地でかぶれることもあるようです。

妊娠初期にはつわりもあるため、肌トラブルとのダブルパンチでヘトヘト…。

なんてことになる前に、肌に少しでも違和感を覚えたら、優しい素材の服に変えましょう。

参照:株式会社アスペクト「すべてがわかる妊娠と出産の本」

オススメの素材は

妊娠中はなるべく、綿(コットン)や麻(リネン)素材を選ぶとよいでしょう。

綿素材は肌触りがよく、保温性もあるため、おすすめです。

下着やインナーは綿100%のものを選ぶといいですね。

麻素材は通気性と吸湿性に優れ、着心地がさらっとしているので、とくに夏服の素材におすすめ。

綿と麻を組み合わせた綿麻素材や、綿を混ぜた綿混ニットなども、肌に優しく快適ですよ。

また冬の防寒には、ウールやシルク素材がおすすめ。

なんといっても保温効果が高く、腹巻や靴下の素材として選べば冷え対策もばっちりです。

3:まずは下着やインナーからでOK

下着は体の変化に合わせて、複数枚そろえると安心です。

マタニティ用の下着は、大きく変化する乳房やお腹を支えて守るために計算されて作られています。

ワイヤーやカップ入りのブラジャーや、サテン生地で布面積の少ないショーツなどは、体の見映えをよくするためのものなので、妊婦向きではありません。

通気性や素材を重視し、締め付けの少ないものを選びましょう。

ブラジャーの選び方

乳腺の発達を妨げないためにも、ブラジャーは妊娠初期からマタニティ用に変えるとよいでしょう。

乳房が大きくなってきたと自分で感じる頃に、きちんとショップの店員さんにサイズを測ってもらって買うのがベストです。

ただし、ブラジャーの場合はアンダーバストの締め付けが不快になることがあるかもしれません。

そんなときは、ノンワイヤーのものやブラトップがオススメです。

多くのマタニティブラは、授乳時にも使えるタイプになっています。

産後も長く使うことを考え、授乳のしやすさなど、機能性を重視して選びましょう。

もしくは、しばらくの間はホックを増やすアタッチメントを使用する手もあります。

手持ちのブラをできるだけ使いたい、アンダーだけがきつくなってきた、などのときに便利です。

ブラジャー延長/調整ホック 3段(幅約3センチ) (ホワイト)

ブラジャー延長/調整ホック 3段(幅約3センチ) (ホワイト)

198円(12/15 08:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

ショーツの選び方

妊娠中のショーツを選ぶときに「お腹を冷やさない」ことを考える方は多いのではないでしょうか。

ハイウエストのショーツは、お腹を冷やさないイメージの代表格です。

見た目のインパクトがなかなか大きいですが、履き心地はとても楽ちんですよ。
お腹が大きくなったとき用に、数枚そろえておくと後々便利です。

ショーツは、ウエストをゴムで留めないタイプを選びましょう。

ゴムだと、お腹が大きくなってきたときに食い込んでかゆくなり、とてもストレスを感じます。

意外かもしれませんが、ビキニタイプのショーツでもOKです。

股上が浅めのショーツならお腹に食い込まず楽ですし、産後も履けるタイプを買えば、長く使えてお得です。

お腹は腹巻を活用すれば問題ありません。

肌着

肌着は、冷え対策に重宝します。

ユニクロのヒートテックなど、生地や形にバリエーションのあるものを、服装や気候に合わせて複数枚選んでおくとよいでしょう。

とくにタートルネックデザインの肌着は、首元までしっかりと保温してくれます。

腹巻

腹巻は冬の保温や、軽い冷え対策に活躍します。

お腹側にカイロを貼ることはできないので、お腹を冷えから守るためにも腹巻はあったほうがよいでしょう。

腹帯と合わさったもので、腰を支えるタイプの腹巻を購入するのもよいですね。

4:楽で締め付けない服装選び

赤ちゃんは、羊水や子宮の筋肉、ママのお腹の皮下脂肪と、分厚い層に守られています。

そのためコルセットやきついベルトなど、極度に腹部を締めつけない限り、多少の圧迫が赤ちゃんに影響することはありません。

しかし、やはり赤ちゃんのいるお腹が「きつい」「苦しい」と感じるような服を着るのは、不安を感じるしストレスになります。

たとえ見た目に変化がなくても、「少しきついかな?」と思い始めたら、ウエストゴムのボトムスやゆったりとしたワンピースを着ると、体も気持ちも楽になりますよ。

トップス

マタニティ用のトップスを選ぶ場合は、授乳ができるタイプを選びましょう。

授乳部分のデザインはさまざまです。

  • 胸部分の布をまくり上げるタイプ
  • サイドに隙間があるタイプ
  • 授乳口をファスナーで開閉するタイプ など

いずれも外見から授乳口があることはわからないため、普段着として気にせず着ることができます。

ドレープがたっぷりあるものや、大きめサイズで丈の長いものを選ぶと、体型隠しにもなるのでおすすめです。

ボトムス

ボトムスはマタニティ用を数本用意しておくと、とても便利です。

マタニティ用のボトムスはサイズを段階的に変化させられるため、初期の頃に買っても臨月まで長く履くことができます。

パンツタイプ

ジーンズやチノパンでは、伸縮生地のカットソーがお腹部分だけのタイプと、ウエスト周りまで全部おおうタイプがあります。

履き心地の好みで選ぶとよいでしょう。

最近ではマタニティ用のレギンスや、レギパンが人気です。

スカートタイプ

ロングスカートやワンピースタイプは、お腹が大きくなる妊娠後期に重宝します。

手持ちの服でも代用できますが、お腹の出方によっては、前方の布がせり上がって不恰好になることも。

自分のお腹が大きくなる様子を見ながら、マタニティ用を買うか検討しましょう。

アウター

アウターは、今まで使っていたものを使えます。

買い足す場合、カーディガンがおすすめです。

カーディガンはオールシーズン活躍するので、持っていなければ1枚買い足すとよいでしょう。

コート類は、裏地・裏起毛ありなど、保温効果の高く温かそうなものを選ぶとよいですね。

産後に、抱っこ紐を付けたまま使えるマタニティコートもあります。

また小物アイテムで大活躍するのが、ストールや帽子です。

春秋の肌寒い時期や、夏場クーラーの効きすぎる場所では、ストールを巻いたりひざ掛けにしたりして冷え対策をしましょう。

帽子は、夏は紫外線対策、冬は頭部からの熱逃げ防止にと、やはり必須アイテムです。

5:靴はローヒールが吉

妊娠中に外出するときに、靴はヒールがないタイプを選びましょう。

お腹が大きくなると体の重心が変わるため、バランスを崩しやすくなります。

ヒールがない靴は安定感があるので、安心です。

また多くの妊婦さんは足のむくみに悩まされるため、これまで履けたパンプスが履けなくなることがあります。

さらには、足の血管に圧力をかけることで、青い静脈が皮膚に浮き上がる「静脈瘤」を引き起こすことも!

さまざまなトラブルを回避するためにも、ヒールのない靴で足元のおしゃれを楽しみましょう。

参照:メタモル出版「産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK」

大阪大学心臓血管外科「下肢静脈瘤について」

どうしてもヒールのある靴が必要なとき

妊娠初期なら、仕事でヒールのある靴を履く必要がある人もいるでしょう。

ただし転倒の可能性を考え、ヒールは幅広、高さは3~4cm程度に抑え、必要な場面以外はスニーカーやローヒールの靴に履き替えると安心ですね。

選ぶ時間帯

靴を新しく購入するなら、午後や夕方に選びましょう。

むくみなどの影響で、朝と夕方で足のサイズは0.5~1cmほど変わることがあるそうです。

妊娠中はむくみやすい方も多いので、できればシューフィッターのいるお店で相談しながら選ぶと安心でしょう。

参照:株式会社アシックス「シューズの選び方」

オススメマタニティブランド10選

最近は、おしゃれなマタニティウェアが数多く出ています。

とくに人気のあるマタニティウェアブランドや、マタニティラインを出しているブランドをまとめてみました。

インナーでオススメ3選

妊娠初期のインナー選びにおすすめしたい人気ブランドをみていきましょう。

ユニクロ

引用:UNIQLO|ユニクロ公式オンラインストア

圧倒的なインナーで人気が高いのはユニクロです!

ブラトップやヒートテックなど、通常ラインの商品が妊娠中も大活躍してくれます。

とくにワイヤレスブラとウルトラシームレスショーツはマタニティ期の「買ってよかった」評価で1位と2位に位置するほどの人気ぶり。

ワイヤーなどの締め付けのつらさから開放されたい妊娠初期に、とくにおすすめです。

無印良品

引用:無印良品

無印良品は、良質なアイテムが手ごろな値段で購入できます。

オーガニックコットンやシルクを使用したインナーは、肌に優しく、素材にこだわりたい人も安心です。

オーガニックコットンを使用したストレッチ十分丈レギンスは、ウエスト部分にゴムを使っていないため、締め付け感なく履けます。

ワコール

引用:ワコール・Wacoal|女性下着(ブラジャー・ショーツ)ワコール公式サイト

ワコールは下着専用ブランドなので、計算されつくした下着が売っています。

ほかのプチプラブランドとくらべると値は少し張りますが、敏感な妊娠期バストをベストな状態にしておきたい方におすすめです。

レースをあしらったデザインなど、おしゃれなラインナップがあります。

しっかりフィットタイプのワコールマタニティハーフトップは、ノンワイヤーながらきちんとバストを支えてくれるので妊婦さんにとって嬉しい仕様といえるでしょう。

さらにバストの大きさが、変化することに対応できる優れものです。

授乳もできるので、産後まで長く使えます。

ネットで買える!通販ブランド3選

家にいながらスマホで購入できるネットショップは、おしゃれなマタニティアイテムが豊富です。

エンジェリーベ

エンジェリーベは、シンプルでカジュアルなデザインが人気のブランドです。

機能的なデザインの服を豊富に取り揃えているため、産後や授乳のことも考えて服を選べます。

Milk tea



ミルクティーは「可愛くて安い」のうたい文句のとおり、値段も手ごろでデザインが豊富な人気のブランド。

流行トレンドを取り入れたおしゃれな服が多く、マタニティコーデを存分に楽しみたい人にオススメです。

SWEET MOMMY



スィートマミーは熊田曜子さんなど、芸能人も使っている御用達のブランドです。

参照:熊田曜子オフィシャルブログより「Sweet Mommy」

フェミニンなデザインが豊富で、セールを活用すれば手ごろな値段で購入できます。

セレブ御用達海外ブランド4選

あこがれのセレブ御用達の海外ブランドにも、マタニティラインは多くでています。

H&M

引用:ファッションとクオリティを最良の価格でサステイナブルに | H&M JP
シンプルでスタイリッシュなデザインのH&Mにも、マタニティラインがあります。

余計な装飾はせず、妊娠中もクールな装いを楽しみたいなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Seraphine

引用:Seraphine 日本正規販売店 セラフィン マタニティワンピース・授乳服 / マタニティウェアと授乳服の通販-ビー・マム・ベイビー

Seraphineは、キャサリン妃が着用したことでも話題になった、おしゃれなイギリスブランドです

ASOS

引用:ASOS | Online Shopping for the Latest Clothes & Fashion

ASOSは日本未上陸にもかかわらず、大人気のイギリスのオンラインショップブランドです。

マタニティラインもあり、とにかくスタイリッシュでかっこいい!と話題です。

海外セレブも多数愛用しています。

フェミニンなワンピースのほか、着こなしがかっこよく見栄えする授乳ケープもオススメです。

妊娠中はストール代わりに使えます。

CHOCOA

引用:おしゃれマタニティウェア・授乳服 通販CHOCOA(チョコア)

日本人好みのデザインが豊富で、人気商品はすぐに売り切れてしまうこともあるそうです。

トレンドを押さえつつ、価格も手ごろな、人気の韓国ブランドCHOCOAも人気があります。

季節別オススメコーデ

見た目はいつもとほとんど同じでも、妊娠しているからには、普段より少し気候やスタイルに気をつけたいもの。

季節別にどのような格好がオススメなのか、簡単にまとめてみました。

春編

Sweet Mommy マタニティトップス 授乳服 シフォン×ストレッチレース バックスリット ピンク 5分袖・M

季節の変わり目の春は、薄着になりすぎないように注意しましょう。

画像のようなきれいめトップスに合わせて、さっと羽織れるカーディガンや、薄手のストールを常備しておくと安心です。

夏編

ミウォルナ マタニティ ワンピース 授乳口 ファスナー 春 夏 ボーダー ブラック ホワイト ロング マキシ 授乳口付き 結婚式 半袖 オフィス 黒 フォーマル 春夏 通勤 大きい サイズ 仕事 おしゃれ XL
夏は日焼け防止ができ、風通しもよいロングスカートがオススメです。

肌寒さを感じるくらい冷房の効いた場所では、薄手のカーディガンが1枚あると便利です。

また妊娠中は日焼けでダメージを追いやすくなるため、UVカットの機能がある帽子を用意するとよいでしょう。

秋編

[リベロスタイル] 秋冬 厚地 チェック柄 ゆったり チュニックワンピース (2XL, グリーン) レディース シャツ チェック マタニティ 上品 ワンピース チュニック 体型カバー ゆるふわ フレア カジュアル ミディ丈 タイト スカート 赤 大きい サイズ 秋 袖あり おおきめ おしゃれ かわいい 着痩せ 可愛い 森ガール 通勤 Aライン ロング 長袖 ひざ丈 薄手 クロス ウエスト マーク

秋は冬に向かっていく分、冷えを意識したコーデにしましょう。

画像のようなチュニックワンピなら、下にレギンスを合わせるのもオススメです。

冷え対策として、ロングカーディガンやくるぶし丈以上の靴下、タイツなどを活用しましょう。

冬編

[ル・セリジエ] パーカー ロング丈 無地 裏起毛 暖かい レディース スウェット 長袖 ゆったり おおきいサイズ 部屋着 (M)
冬はとにかく保温を意識し、露出を控えて体を冷やさないようにしましょう。

裏地のしっかりとしたトレーナーなどで冷気をさえぎり、手袋やマフラーでしっかりと防寒対策をするとよいですね。

また、凍った道路で転倒しないように、寒い日や雪の日は滑り止めつきブーツがあると安心です。

通勤時にどんな服を着ようかなと悩んでいる方は、妊娠初期の通勤対策は?通勤時の服装や気をつけたいこともご覧ください。

妊娠初期ならではのファッションを楽しんで!

見た目が変わらないため「まだいいか……」と思っていても、体の変化は着々と進んでいくのが妊娠初期。

実際に購入するのはもう少し後でも、初期から目星をつけておくと、体が変化し始めたときに迷わず対処できます。

マタニティウェアはオシャレなものが増えているので、「おしゃれ」と「赤ちゃんへの労わり」は両立できるうえに、妊婦ならではのファッションを楽しめる時期です

妊娠中という特別な時期にできるファッションを、ぜひ自分らしく楽しんでくださいね。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...