二人目のつわりは軽い?ひどい?上の子の世話はどうしたらいい?

二人目の妊娠は、「つわりも出産もすでに経験済みだから安心!」そう考えているママもいるのではないでしょうか?

ところが二人目を妊娠した先輩ママたちの間では、「一人目と二人目ではつわりの重さが違う」と話題になっているようです。

二人目の方がつわりが軽いという声も耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?

この記事では、二人目のつわりについて徹底解説します。

二人目のつわりは軽い?ひどい?先輩ママの体験談!

つわりは時期や症状は人によりかなり異なります。

このように初産にツラい経験をした人もいれば、

先輩ママ

一人目のときはつわりが軽かったのに、二人目を妊娠したらつわりがツラくて毎日吐きそう

先輩ママ

二人目の妊娠だからつわりもひどくないと思っていたのに、初産と同じように辛かった

などさまざまな経験をしているようです。

かならずしも「一人目だからつわりが重い、二人目だから軽い」ということはなさそうですね。

つわりはいつからいつまで?


つわりは、妊娠5週ころからはじまり、妊娠12週〜16週目ころには落ちつくのが一般的です。

ピークは妊娠8週〜10週目ころといわれていますが、安定期に入ってにつわりが治まる人もいれば、 出産するまでつわりが続く人もいます。

つわりの期間は個人差が大きいようです。

参照:日本以下大学多摩永山病院女性診療科・産科医局「妊娠悪阻」

つわりの原因は?

まったくつわりのない人がいるいっぽうで、食事もできないほどのつわりを経験したママもいます。

またつわりにもさまざまな症状があり、

  • 吐きづわり
  • 食べづわり
  • ニオイづわり
  • 眠りづわり
  • よだれづわり

の5種類に分けるのが一般的です。

つわりの種類については「つわりにも種類がある?原因・対処法まとめ」に詳しく記載があります。

つわりの原因について、詳しいメカニズムはわかっていないのが現状ですが、ホルモンの変化ストレスが影響していると考えられています。

それぞれの原因について、詳しくみていきましょう。

hCGホルモンの影響

妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンの分泌量が、急激に増えます。

hCGホルモンは、妊娠検査薬の判定にも使われるホルモンです。

このホルモンが、脳の嘔吐中枢を刺激することで、吐き気などのつわり症状が起こるのではないかともいわれています。

黄体ホルモンの影響

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは、妊娠超初期から胎盤が完成するまでの間、赤ちゃんを守る女性ホルモンのひとつです。

便秘や肌荒れにもつながる黄体ホルモンですが、胎盤が完成すると分泌量が減ります。

つわりは、安定期に入り胎盤が完成するころに症状が治まるケースが多く、黄体ホルモンの分泌量が減る時期が同じことから、つわりの理由として考えられているようです。

体の拒絶反応

明確な根拠はないものの、ママの体がアレルギー反応を起こしているという考えもあります。

妊娠初期の体は、受精卵を異物として認識しているため、つわりとして症状があらわれるといわれているようです。

精神的なストレス

妊娠や出産、産後の子育てに不安はつきものですが、強いストレスを感じることで、つわりに影響することもあります。

完璧主義なママの場合は、思うように家事や育児をできない状況が、ストレスになることもあるでしょう。

参照:日本以下大学多摩永山病院女性診療科・産科医局「妊娠悪阻」

つわりの対処法は?

つわりは、生活のなかで少し工夫することで、症状を軽くできます。

ここでは、つわりの対処方法をチェックしましょう。

ムリをせず休む

つわりでツラいとき、まずは体を休めましょう。
ムリをすると、さらに症状がひどくなることもあります。

「上の子がいるからゆっくり休めない」という場合は、横になるだけでもよいでしょう。

子どもの昼寝時間は、たまった家事やご飯の支度を済ませたくなるものですが、つわりの時期は、ママも一緒にお昼寝するのもオススメです。

家のことは多少手を抜いても、自分の身体を休めることに集中しましょう。

空腹の時間を作らない

食べづわりの妊婦さんは、お腹がすくと気持ち悪くなります。

すぐ口にできる食べ物を用意しておきましょう。

ただし食べすぎには注意してくださいね。

低カロリーなゼリーや、長時間噛んでいられるスルメなどがオススメです。

食べられるときに食べる

吐きつわりの場合は、食べられるときに食べられるもの口にしましょう。

のどごしのよいゼリーやプリン、冷たいアイスや柑橘系の果物であれば、吐きつわりでも食べやすいものを選ぶのがポイントです。

赤ちゃんへの栄養不足が気になるところですが、つわりがひどい妊娠初期は、すでにママの体にある栄養を使い赤ちゃんが成長できます。

つわりが落ち着いてから、食生活に気をつければ問題ありません。

病院で診察を受ける

つわりで水も食事も摂れない場合は、病院で医師の診察を受けましょう。

妊娠中に飲める薬や、点滴などの処置を受けられることもあります。

症状が軽いうちであれば、通院治療で済むケースもありますが、悪化すると入院治療が必要になることもあるので我慢は禁物です。

入院中の子どものお世話など、ママの心配が増えることにもなるので、早めに必要な治療を受けるようにしましょう。

上の子の世話はどうする?


初産であれば、つわりで苦しいときは横になったり安静にしたりと、自分の体調に合わせて生活できます。

しかし二人目の妊娠中は、たとえつわりがツラくても、上の子のお世話をしなくてはいけません。

ここでは、二人目を妊娠中に上の子をお世話するコツについてまとめました。

保育園の送り迎え

保育園の送り迎えは毎日のことなので、妊娠中は体調が悪いという日もあるでしょう。

親や近しい親族が近くにいるのであれば、ムリせずお願いすることも必要です。

頼める人がいない場合は、自治体が運営するファミリーサポートを利用してみましょう。
子どもの送迎や、一時預かりが主なサービス内容です。

事前登録が必要ですが、民間のサービスより料金が安いのがメリットといえます。

自治体によって料金やシステムが違うので、市区町村のホームページチェックしましょう。

買い物や食事の用意

吐きづわりや匂いづわりだと、スーパーに行くのも苦痛なものです。

そんなときは、自宅で注文できる宅配サービスを利用してみましょう。

頼んだ当日に宅配可能なスーパーも増えています。

作るのも難しい場合は、お惣菜やレトルト食品を使うといいでしょう。

日中の遊び

上の子が小さい場合は、子どもから目が離せないので、休むのも難しいことがあります。

「少しの間でも誰かに見てほしい」というときは、ベビーシッターをお願いするのもひとつの方法です。

時間単位で料金がかかりますが、保育資格を持った方や、育児経験の豊富な先輩ママがみてくれるので、安心して任せられるでしょう。

二人目のつわり期間は周囲の協力が必要!


つわりは、「一人目だから重い・二人目だから楽」とは一概にいえません。

ただ二人目のつわりは、上の子のお世話があるため、周囲の協力が必要です。

パパにも手伝いを頼み、ママに負担のかからない方法で、つわりの期間を乗り切りましょう。

ここで紹介した、つわり対策も参考にしてくださいね。


診断テスト

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...