妊婦はプールに入っても大丈夫?いつからいつまで?注意点は?

「妊娠中はプールに行っても大丈夫?」
「妊娠中だけど、上の子どもを連れてプールに行きたい!」
という方は多いでしょう。

ここでは、プールに行こうとしている妊婦さんに知ってもらいたい注意点や、妊婦さんにオススメの水着を紹介していきます。

妊婦はプールに入って大丈夫?

水中での運動はカロリーを消費しやすいので、体重の急激な増加を抑える効果があります。

水の中では重い体もさほど負担にならず、運動不足の解消や気分転換には最適でしょう。

ただし、プールに入る前にお医者さんと相談をして、あらかじめ許可を取っておくことが重要です。

お医者さんの指示に従い、判断しましょう。

いつからいつまで入っていいの?

妊娠中のプールは、何週ならOK、何週はNGという明確なきまりはありません。
ただ妊娠の経過が順調であれば、安定期に入る妊娠16週ころを目安に、判断することが多いでしょう。

妊婦を対象とした、マタニティスイミングも、妊娠16週以降を参加条件としているところが多いようです。

妊娠初期は体調も安定しておらず、体を冷やすことにもなります。

体の冷えにより赤ちゃんへの影響が大きくなり、最悪の場合、流産の可能性もあるのです。

また、臨月になると赤ちゃんはいつ生まれてもよい状態です。

プールの中で急に体調を崩してしまうことや、気づかずに破水していることもあります。

破水した場合には、膣内から細菌感染が起きることもあるので注意が必要です。

妊娠初期や、臨月に入った場合は、できるだけプールに入ることは控えましょう。

仕事の都合など、どうしても入らなければいけない場合は、かかりつけの医者によく相談してくださいね。

プールに入るときの注意点は4つ

プールに入るときは、以下の4点に注意が必要です。

1:感染症のリスクがある

妊娠中は免疫力が低下するため、水中でウイルスに感染しやすくなります。

プールに来ているお客さんのなかには、風邪が治りかけの方や、気づかないうちにウイルスを持っている方がいる可能性もあるのです。

少しでも体調がよくない場合は、プールに入らないようにしましょう。

心配な方は、プールの殺菌消毒をおこなっているかを確認しておくと安心でしょう。

2:お腹を冷やさないようにする

水の中にいると、体が冷えてきます。

体温が低下すると、血行が悪くなり、お腹が冷えて子宮収縮につながります。

するとお腹が張ったり、痛みが出ることもあり危険です。

寒さを感じたら、すぐに着替えてしばらく様子を見ましょう。

寒さを感じなくても、こまめに休憩を挟むようにしましょう。

3:転倒しないようにする

プールサイドは濡れているため、滑りやすくなっています。

お客さんが多くて混雑している場合は、ぶつかることもあるでしょう。

転倒により、流産や切迫流産、切迫早産のリスクが高くなります。

脱げづらく、底が滑りづらいサンダルを選び、歩く際にはすべらないように気をつけましょう。

4:紫外線対策をする

妊娠中は、ホルモンの活動が活発化するため、通常よりも紫外線を多く吸収します。

日焼けをすることで、シミやそばかすの原因や乾燥などの肌のトラブルにつながるので注意しましょう。

紫外線を浴び続けることで、気分が悪くなるなど、体調の変化も起きやすくなります。

紫外線予防のために、こまめに日焼け止めクリームを使用したり、プールに入っていないときには日傘を使ったり、上着を羽織るなどの対策を取りましょう。

オススメの水着は3種類!

妊娠中はビキニや、お腹が見えるような水着は避けましょう。

ここで、妊娠中にオススメの水着を3タイプ紹介します!

1:kerätä(ケラッタ)のマタニティ水着(セパレートタイプ)

半袖タイプで、妊娠中に気になる肩回りや二の腕をカバーします。

ズボンは、締めつけないタイプで、裏地も入っているため、お腹が冷えづらくオススメ。

お腹が出ないように、ズボンにゴムひもがついているので安心です。

2:Awesome!!(オーサム)のマタニティ水着(ワンピースタイプ)

水着の締めつけで、お腹が苦しくならないように、ショーツまでつながっています。

また、妊娠中だけでなく産後も使用できるデザインなので、長く使えますよ。

3:Sweet Mommy(スイートマミー)マタニティ水着(ショートパンツタイプ)

妊婦だけどおしゃれがしたい!という方にオススメです。

サイズが3Lまであるので、大きめサイズのママでも着られますよ。

リボンでパンツを調整できるので産後も履けます!

妊娠中でもプールで快適・安全に過ごそう!

妊娠中は気持ちが不安定になったり、運動不足になりがちです。

家族や友人とプールへ行くことで、気分をリフレッシュできたり、運動不足の解消にもなります。

妊娠中のプールは、注意事項を守って、楽しく安全に過ごしましょう。
一生に何度もない妊娠中だからこそ、積極的に行動して、充実したマタニティライフを送ってみてはいかがでしょうか。

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...