妊娠中期の過ごし方!胎児の成長やママの体の変化は?

妊娠してからしばらく経ち、妊婦生活にも少し慣れてきた妊娠中期。
安定期に入り、ひと安心しているママも多い時期です。

これからママの体がどのように変化するのか、胎児はどう成長していくのか、心配なこともたくさんあるでしょう。

そこで今回は、妊娠中期に気をつけることや、オススメの過ごし方について紹介します。

ママの身体の変化や、胎児の成長についてもまとめたので、あわせてみていきましょう。

妊娠中期のママの変化とは?

妊娠中期とは、妊娠16週~妊娠27週(妊娠5ヶ月~7ヶ月)までのことをいいます。

安定期といわれ、ママの体にもさまざまな変化が見られる時期です。
ここでは、どのような変化があるのかをみていきましょう。

つわりが治まってくる

妊娠中期には、つわりが治まってくるママが多いようです。

吐き気やだるさなどの、ツラい症状が改善されたという先輩ママの声も多くあります。

ただ個人差があるため、妊娠中期に入っても、引き続きつわりに悩むママもいるでしょう。

胎動を感じはじめる

胎動を感じはじめるのもこのころです。
お腹の中で、胎児が元気に動いているのを感じられるのは、ママだけの特権でしょう。

早いママだと5ヶ月ころから、遅くても7ヶ月ころには胎動がわかるといわれています。

お腹が目立ってくる

妊娠初期にはあまり目立たなかったお腹も、胎児の成長とともに大きくなります。

妊娠中期に入ると、お腹がふっくらしていることが、外見からもわかるようになるでしょう。

人によっては、おりものが増えることもあるでしょう。

お腹が重くなるので、体力を消耗して疲れやすくなることもあります。
眠気を感じたら、ムリせず横になって休みましょう。

お腹が大きくなると、背骨や腰骨に負荷がかかるので、腰痛になるママも増えてきます。

また、お腹の成長とともに、仰向けで寝るのが苦しくなるころです。
横向きで寝たり、クッションを使って楽な姿勢を探してみましょう。

参照:公益財団法人母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠月別 胎児の様子とママのからだ」

赤ちゃんの様子は?

妊娠中期の赤ちゃんは、お腹のなかでどのように過ごしているのでしょうか。

体重や身長は?

妊娠中期の赤ちゃんは、お腹の中でどんどん成長を続けて大きくなっています。

ここでは、妊娠週数ごとに赤ちゃんの体重と身長の目安を確認しましょう。

身長 体重
妊娠5ヶ月(16~19週) 約25~26cm 約300g
妊娠6ヶ月(20~23週) 約30cm 約600g
妊娠7ヶ月(24~27週) 約35cm 約1000g

赤ちゃんの成長には個人差があります。
「こうでなければいけない」と気負わずに、あくまで目安として考えてくださいね。

参照:公益財団法人母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠16~19週」
参照:公益財団法人母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠20~23週」
参照:公益財団法人母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠24~27週」

赤ちゃんの成長は?

妊娠中期に入った赤ちゃんは、少しずつ筋肉や皮下脂肪がつきはじめるので、体つきがふっくらしてくるでしょう。

産毛や爪も生えはじめ、体が胎脂におおわれます。

羊水を飲んでおしっこをするといった、排泄の練習をはじめるのもこの時期です。

妊娠20週ころには、生まれてから必要な動きはほとんどできるようになりますよ。

耳も聞こえるようになるので、たくさん話しかけてあげましょう。

参照:公益財団法人母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠16~19週」
参照:会公益財団法人母子衛生研究「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠20~23週」
参照:公益財団法人母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ・妊娠24~27週」

気をつけること

妊娠中期は、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

妊娠高血圧症候群

妊婦健診では毎回、血圧と尿検査をおこないます。

これは、妊娠高血圧症候群の兆候がないかをチェックするためです。

血圧の最高値が140mmHg以上、最低値が90mmHg以上で、尿タンパクもみられると妊娠高血圧症候群と診断されます。

頭痛やめまいのほか、重症化すると、けいれん発作脳出血・常位胎盤早期剥離などの症状が出ることもあるでしょう。

状況によっては胎児が死亡するケースもあるため、注意が必要です。

糖尿病や高血圧などの持病があったり、肥満や高年齢の場合に妊娠高血圧症候群を発症するリスクが高まるようですが、はっきりとした原因はわかっていません。

規則正しい生活を心がけ、定められた妊婦健診をしっかり受診することが、妊娠高血圧症候群の予防や早期発見につながるでしょう。


参照:公益社団法人日本産科婦人科学会「妊娠高血圧症候群とは?」

体重管理

つわりが治まると食欲が出てくるので、つい食べ過ぎてしまうママも多いでしょう。

体重が増えすぎることを気にしがちですが、食事を制限したり、ムリなダイエットをおこなうのではなく、栄養バランスを考えた食生活を心がけてください。

暴飲暴食は避け、1日3回の食事をしっかり食べましょう。

医師の許可を得たうえで、軽いウォーキングやマタニティヨガをはじめるのもオススメです。

お腹が張らない程度に、ムリをせずおこなってくださいね。

参照:公益財団法人母子衛生研究会「望ましい体重増加って?」

切迫早産に注意

妊娠22週~37週に、出血や破水、規則的な子宮収縮があると切迫早産と診断されます。

軽い症状であれば投薬をおこない、安静にしていれば経過がよくなるでしょう。

重症だと入院して、点滴による治療が必要なこともあります。

原因は感染症や体質などが考えられますが、はっきりとした原因はわからないことも多いのが現状です。

腹痛や出血があれば、ムリせず体を休め、産婦人科で診察を受けましょう。

動きすぎたり、疲れをためないように気をつけ、体を冷やさないようにすることも大切です。

参照:日本公益社団法人日本産科婦人科学会「早産・切迫早産」

転倒に注意

お腹が大きくなると、体のバランスをとるために、腰を反った姿勢になりがちです。

お腹が出てるため、足元も見えにくいので、小さな段差でも転倒しやすいので注意しましょう。

少しの刺激であれば、羊水や卵膜が赤ちゃんを守りますが、転倒の衝撃で卵膜がやぶれて破水すると、早産になることもあるので気をつけてくださいね。

便秘に注意

妊娠中期は、大きくなったお腹に腸が押されて、便秘がちになる人もいます。

ホルモンの影響で腸の働きが鈍るため、下痢になることもあるでしょう。

便秘予防のために、腸内環境を整えることが大切です。

野菜・ヨーグルト・水分・海藻類などを積極的にとり、適度な運動を心がけてください。

オススメの過ごし方

妊娠中期にオススメの過ごし方をまとめました。

両親学級に参加してみる

両親学級では、出産の流れ・産後のケア・赤ちゃんのお世話について教えてもらえます。

自分のおなかで赤ちゃんを育てる女性と違い、男性は親になる実感を得にくいものです。

両親学級に参加することで、親になる心の準備もできるでしょう。

歯の治療をしておく

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で虫歯ができやすくなっています。
また、歯茎も傷みやすく出血しやすい状態です。

虫歯があれば、比較的体調が安定している妊娠中期に治療を済ませておきましょう。

妊娠後期に入ると、大きなお腹が邪魔になるので、歯医者で仰向けになるのがツラくなります。

安定期に入ったら、虫歯がなくても歯医者へ行っておくとよいでしょう。

参照:あさひ歯科医院「妊娠時の治療と虫歯予防」

マタニティフォトを撮る

お腹が目立ってくる妊娠中期に、マタニティフォトを撮影するのもオススメです。

妊娠中の特別な姿を記念に残しておけば、おなかの赤ちゃんが大きくなったときに見せてあげる楽しみもできますね。

外食に出かける

夫婦水入らずの時間も、あとわずかです。
子連れでは入りにくいお店で、食事を楽しんではいかがでしょうか?

妊娠中は行動が制限されることも多いので、たまに出かける外食が気分転換にもなるでしょう。

仕事復帰するママは保活も始めよう

産後に仕事復帰する予定のママは、体調が安定している妊娠中期に子どもを預ける保育園を探しはじめましょう。

自治体によっては、希望の保育園に入ることがむずかしいケースもあるので、早めの行動が必要です。

妊娠中期をゆったりと過ごそう

妊娠中期は、比較的体調が安定しているので、過ごしやすいというママが多いでしょう。

やりたいことがあれば、体調が落ち着いている妊娠中期に済ませるのがオススメです。

ただし、頑張りすぎて体に負担をかけると、切迫早産になる可能性もあります。

体調がよくてもムリをせず、ゆったりと過ごしましょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...