赤ちゃんの名付けを姓名判断で!鑑定結果が悪かったらどうする?

赤ちゃんの名前を決めるときに占いやジンクスを気にする人は多いですが、そのひとつに姓名判断があります。

「できるだけ縁起のよい名前をつけてあげたい」というパパやママを中心に人気を集めているようです。

そこでこの記事では、姓名判断とはどのようなものなのかについて、詳しく解説しています。

赤ちゃんの命名に関するジンクスについても紹介しているので、あわせてご覧ください。

姓名判断って?

姓名判断では、苗字と名前の画数で、性格や適職・結婚運など、さまざまな運勢を占います。

天格・人格・外格・地格・総格という5つの格(五格)から運勢を判断する占いです。

ほかにも陰陽配列三才五行配置など、さまざまな占いかたがあります。

なかには、誕生日を加えて占う流派や、名前の響きや読み方の違いで判断する流派もあるようです。

同じ名前でも、占う流派が違うと、結果がまったく違うこともあります。

まずは、姓名判断の基本となる五格についてみていきましょう。

参照:吉元式 線優 宗家「姓名判断の五格と四運を解説」

総格

姓名の総画数総格といい、総格には霊数を加えません。

【霊数とは】
苗字や名前が1文字の場合に足す数のこと。
姓名判断では、苗字や名前が2文字以上であることを前提に占うため、姓名が1文字の場合は、霊数として1を加える。(総格以外)
※流派によっては霊数を加えないこともあります。

この総格は、晩年の運勢に強く影響するとされており、努力度や健康面を総格で判断することもあります。

総格という名から、総合運のようなイメージがありますが、総格だけでは姓名判断はできません。

総格は、20画以上がよいとされています。

天格

天格とは、苗字の総画数です。

祖先運ともいわれ、家に課せられた運命や職業について占います。
一般的には、晩年になるほど影響力が強くなるといわれているようです。

「結婚して姓が変わるとどうなるの?」というのも、気になるところでしょう。

姓が変わると天格も変わるので、その都度運勢が変わることになります。

人格

苗字の最後の文字と、名前の最初の文字を合わせたもの人格です。

主運といわれており、姓と名の両方を合わせて数えることから、五運の中核とされています。

人格は、その人の内面をあらわし、中年期の運勢に影響するようです。

同じ字画でも、姓名のバランスで、判断結果が違ってきます。

本来は性格面の運勢をあらわすものですが、仕事運や家庭運を判断する際にも使われることがあるでしょう。

外格

外格とは、総格から人格を引いた画数です。

職場や家族などの対人関係や、外因的要素・社会的環境の運勢をあらわすものです。

ほかの格が吉数でも、外格が凶数だと、人間関係がうまくいかないといわれています。

外格が吉数であれば、よい配偶者や上司、友人に恵まれると判断できるでしょう。

地格

名前の総画数を、地格といいます。

幼年期から青年期の運勢をあらわしていて、成長過程に強い影響を与える格です。

性格・才能・金運・適職にも関わっています。

地格は、他人にうつる自分の印象をあらわしており、吉数であれば人によい印象を持たれ、凶数の場合、他人からよい目で見られないといった影響を与えるようです。

姓名判断においては、外格とのバランスも重要でしょう。

陰陽配列

陰陽配列とは、偶数の画数が陰、奇数の画数を陽として、陰と陽のバランスから運勢を占う方法です。

その人の性格や、人生での成功・不成功や健康についても判断できます。

  • 陰(2・4・6・8・10…)穏やか・優しい・受動的
  • 陽(1・3・5・7・9…)明るい・活発・能動的

このように判断されますが、名前の陰陽配列は、陰陽の並びが重要です。

陰陽配列がよい姓名は、よいところが強調される名前となり、陰陽配列が悪い姓名は、悪いところが強調されます。

陰陽配列には、奇数と偶数の並びによって、A・B・Cと、クラスもあるので確認しておきましょう。

奇数と偶数の並びがバランスよければA、バランスが悪くなるにしたがい、B・Cと、クラスがさがります。

Aクラス 健康に恵まれ、病気をしても回復しやすい傾向がある
Bクラス 可もなく不可もなく、よくなるか悪くなるかは、姓名判断をあわせて判断することが多い
Cクラス 突然の不幸や、苦悩を背負い込んでしまい、大波乱の人生になる傾向がある

三才五行配置

三才とは「天人地」を指しており、姓名判断では、天格・人格・地格にあたる部分です。

  • 天格:先祖・親・上司・先輩など、目上の人をあらす
  • 人格:自分自身をあらわす
  • 地格:子孫・子ども・部下・後輩などをあらわす

この三運を五行に置き換えて、相性を見ることで吉凶を判断しています。

五行とは、木行 ・火行 ・土行 ・金行 ・水行の五つの項目です。

天格・人格・地格、それぞれの画数を五行に置き換え、相生相剋に合わせて判断します。

【相生相剋とは】
五行による相性の良し悪しのこと。
お互いの運勢を高め合うよい組み合わせは「相生」
お互いの運勢を弱め合う悪い組み合わせは「相剋」

姓名判断では、画数がよくても三才五行配置が悪いと良い運勢を生かせません。

逆に画数が悪くても、三才五行配置がよければ、悪い運勢を補えるでしょう。

姓名判断の結果が悪かったら…?

子どもにつけたいと思った名前の判断結果が、悪いこともあるでしょう。
好みの名前で、どうしてもつけたいと考えているのであれば、さまざまな流派の姓名判断で調べてみましょう。

姓名判断は流派によって結果が変わるため、判定内容がよかったものを信じるのもひとつの方法です。

無料で姓名判断できるインターネットサイトやスマホアプリもあるので、利用してもいいでしょう。
希望の名前を入力するだけで、手軽に姓名判断の結果が表示されるところもありますよ。

いくつも候補があって選びきれないという場合は、姓名判断による運勢鑑定以外にも、名付けのポイントはたくさんあるので、自分に合った方法で名前を考えてくださいね。

名付けのジンクスって信じる?

子どもの名前を決めるときに、ジンクスを気にして命名するというパパやママも多いようです。

名付けのジンクスには、たくさんの種類がありますが、解釈次第でまったく違う意味になることもあります。

姓名判断と同様に、判断材料のひとつとして参考にするといいでしょう。

植物や季節をあらわす字はいけない?

花や植物は、散ったり枯れたりするため、人生も枯れてしまうという理由からよくないといわれるようです。

花と関係の深い「季節」が移り変わるものであるから、移り気な子になるというジンクスもあります。

さんずいは水難にあう?

さんずいがある字を使うと、水難にあうというジンクスです。

ほかにも、妊娠中にさんずいの漢字を使う名前を決めるのはよくないというジンクスもあります。

これは、さんずいが水の流れをイメージすることから、流れる=流産するということで、昔の人は出産前につけるのが縁起悪いと考えていたようです。

親の名前を一字つけるのはだめ?

親の名前と同じ漢字を使うと、親を越えられないというジンクスもあります。

そのいっぽうで、親のように偉大な人になってほしいという思いを込めて、親の名前から一文字もらって命名することもあるようです。

赤ちゃんの名前は赤ちゃんへの最初のプレゼント

赤ちゃんの名づけは、パパとママからの、はじめてのプレゼントです。

できれば、すべてにおいて大吉となる縁起のいい名前をつけたいものですが、あまり姓名判断にこだわりすぎないようにしましょう。

姓名判断は、流派によってまったく違う結果にもなり、縁起が悪いといわれる名前でも健康的で幸せに暮らしている人はたくさんいます。

あくまでも、判断する目安のひとつとして、夫婦で楽しみながら占ってくださいね。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...