これって下痢つわり?注意すべき症状・治らない場合の対処法は?

妊娠発覚と同時に多くの妊婦さんを苦しませるつわり(悪阻)には、吐きづわり・食べづわり・においづわりなどさまざまな症状があります。

人によっては、つわりで下痢になる「下痢つわり」に悩まされる妊婦さんもいるでしょう。

妊娠初期に下痢が続くと、体重が減ったり食欲が落ちたりして、お腹の赤ちゃんや自分の体が心配になります。

また排便時の痛みが続いたり、トイレとベッドの行き来がしんどいなど、嬉しいはずのマタニティーライフがつらかったという経験談もあるようです。

そんな方へ向けて、下痢つわりの原因と対策、注意した方がよい症状などをまとめました。

妊娠初期の下痢が原因で流産することはある?


下痢が続くと、最初に心配になるのは流産でしょう。
結論からいえば、妊娠初期の下痢が原因で流産や切迫流産になることは考えにくいです。

妊娠初期の流産は、ほとんどの場合染色体の異常が原因です。
下痢をしたからといって流産の心配をする必要はないでしょう。

出典:主婦の友社「はじめてママ&パパの妊娠・出産」

下痢つわりの原因って?


下痢つわりを引き起こすと考えられる原因はいくつかあります。
どのような原因があるのかみていきましょう。

ホルモンの影響

妊娠中の下痢は、ホルモンの影響が考えられるでしょう。

妊娠初期には、妊娠を継続させるためのホルモンが活発に分泌されます。
これにより、胃腸の働きが鈍くなり、胃液による胃のムカムカや胃痛に加えて下痢の症状が出ることがあるのです。

逆に便秘気味になる人もいれば、便秘と下痢の両方を経験する人もいます。

つわりによる偏食

つわり中の偏食も下痢を引き起こすひとつの原因です。

つわりになると、食事の栄養バランスが崩れやすくなります。

たとえば食べづわりになり、フライドポテトやジャンクフードなど脂っこいものや、唐辛子やスパイスなどの刺激物を多くとっていると、胃腸に負担がかかり、消化が滞るので下痢になることがあるでしょう。

また、吐きづわりで食欲が落ちてご飯が食べられず、アイスや冷たいゼリーばかりを食べていると、胃腸が冷えて下痢になることもあります。

貧血の薬や葉酸サプリメント

貧血の薬や葉酸サプリメントにより、下痢になることがあります。

妊娠中は貧血になりやすいので、病院で鉄剤を処方されている妊婦さんもいるでしょう。

また最近では、妊娠前から妊娠中にかけて葉酸をとる重要性についても広く知られています。
市販のサプリメントで葉酸を摂取しているという方も多いのではないでしょうか。

胎児や母体のためによかれと思って摂取している貧血の薬や葉酸のサプリメントですが、妊婦さんの体質や摂取量によっては下痢の原因となることがあります。

不安やストレス

妊娠初期はホルモンバランスが崩れやすいものです。
普段なら気にならないような些細なことが心配になったり、赤ちゃんの状況が気になって仕方なくなることがあるでしょう。

体調の変化も大きく、頭痛や吐き気、だるさで通常どおりの生活ができなくなり、ストレスを感じやすい時期でもあります。

こうした不安やストレスが胃腸への負担となり、下痢を引き起こすこともあるのです。

とくに初産の場合は、ストレスを感じやすいという体験談もあります。

ツラい下痢つわり…対策はあるの?


ツラい下痢つわりですが、少しでも症状を軽減するための対策をみてみましょう。

食生活を見なおす

毎日の食生活を見なおしてみましょう。

下痢を改善するには、体をあたためる食事や消化によいものをとることがオススメです。

油っこいものや刺激の強い食べ物、食後のアイスが習慣になっている場合は、量を減らしたり食べる頻度を少なくするなど工夫しましょう。

また、ナマモノは食中毒のリスクもありますので、下痢のあいだは控えたほうがよいです。

外から温める

外から胃腸を温めるという方法もあります。
おなかが冷えていると下痢になりやすいので、腹まきをしたり、おなかがすっぽりと隠れるマタニティ用のショーツを履くのもオススメです。

足首が冷えていると、子宮付近の血流が悪化しやすいので、靴下やレッグウォーマーを使って足首を温めましょう。

飲んでいる薬やサプリメントをやめる

薬やサプリメントが下痢の原因になっていることがあります。

自己判断での服用は避け、病院で処方された場合でも下痢が続くようであれば、かかかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。

有効性の変わらない、ほかの薬を処方してくれることもありますよ。

整腸剤や下痢止めを処方してもらう

妊娠中は薬を極力控えている妊婦さんが多いでしょう。

しかし、あまりにも下痢の症状がひどかったり、長引いているようであれば我慢は禁物です。

医師に相談して、妊娠中でも飲める安全性の確立された整腸剤や漢方などを処方してもらいましょう。

くれぐれも自己判断で市販の薬を飲まないでくださいね。

ストレスを減らす・リラックスする

妊娠初期は心身ともにストレスを感じやすい時期です。
不安やストレスはため込まずに、できるだけリラックスして過ごしましょう。
仕事のストレスが大きければ、会社の上司に相談して働くペースを抑えたり、勤務時間を減らすことも必要です。

妊娠中は、不安や心配が尽きないものですが、できるだけ自分のリラックスできる方法をみつけて、ゆったり過ごしましょう。

足湯をしてみたり、好きな音楽を聞くのもオススメです。

下痢つわりじゃないかも?注意すべき症状5つ


下痢つわりだと思っていたら、実はほかの病気だったということもあります。
注意が必要な症状についてまとめました。

1:発熱・嘔吐

発熱や嘔吐の症状もある場合には、ノロウイルスや細菌に感染して下痢をしている可能性があります。

妊娠中は抵抗力が落ちていますので、普段よりもウイルスや細菌に感染しやすいため注意が必要です。

2:出血

出血を伴う場合にも注意が必要です。

妊娠中には痔になることも多いので、痔からの出血という可能性もあります。

血便が出る場合には、胃潰瘍や潰瘍性大腸炎の危険性もあるでしょう。

この場合は、組織検査や内視鏡検査が必要になることがあります。

3:激痛・水のような便

強い腹痛や水便がある場合は、食あたりや虫垂炎の可能性があります。

我慢せずに病院で診てもらいましょう。

4:水分が取れない

下痢に加えて水分が取れない場合は、脱水症状になる危険があります。
水分が取れない状況が続くときには、病院へ行きましょう。
通院や入院で、点滴などの処置が必要なケースもあります。

5:尿や汗が出ない

尿や汗が少ない・出ないという場合も脱水症状になっている可能性があります。

治らない場合は病院で診察を受けよう


紹介した対処法を試しても下痢が治らず、長引く場合には、病院で診てもらうことをオススメします。

産科で診てもらうか内科で診てもらうか、まずはかかりつけの産科医に相談しましょう。

ツラい下痢つわり…対策をして症状を緩和しましょう!


妊娠初期のナーバスな時期に、下痢の症状も重なるとツラく感じるでしょう。
妊娠初期の下痢には、必要な対策をして症状を緩和しましょう。

症状が治まらない場合には、あまりムリをせず、早目に病院を受診してくださいね。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...