妊婦が蜂蜜を食べるのはOK?NG?赤ちゃんへの影響は?よい効果があるの?

あまくておいしい蜂蜜は、デザートや料理のアクセントとして、さまざまな場面で活躍します。

いっぽうで、1歳未満の乳児に蜂蜜を与えてはいけないといわれており、「妊娠中に蜂蜜を食べたら、おなかの赤ちゃんに悪影響があるのでは?」と、心配するママも少なくありません。

そこで今回は、妊婦さんが蜂蜜を食べても大丈夫なのか、効能や食べる際の注意点などを解説します。

妊娠中に蜂蜜を食べても大丈夫!

1歳未満の子どもは腸が未発達なため、蜂蜜を食べると「乳児ボツリヌス症」という食中毒にかかる危険があります。

しかし一般的には大人が蜂蜜を食べても、この食中毒を引き起こすことはありません

妊娠中は母親が食べたものが胎盤を通して胎児に運ばれるため、「大人は大丈夫でも、赤ちゃんには悪い影響があるのでは?」と不安になる方もいるでしょう。

しかし蜂蜜が、母体を通して胎児に移行することはありません

参照:矢内原ウィメンズクリニック「妊娠中のはちみつはだめ?」

乳児ボツリヌス症とは?

では「乳児ボツリヌス症」について詳しくみていきましょう。

ボツリヌス症は、土壌や河川などに生息するボツリヌス菌が発生する毒素によって引き起こされる食中毒で、1歳未満の乳幼児にみられる疾患を「乳児ボツリヌス症」といいます。

乳児ボツリヌス症にかかると次のような症状があらわれ、最悪の場合死に至るケースもあるため十分注意が必要です。

乳児ボツリヌス症の症状

  • 下痢
  • 便秘
  • 元気がない
  • おっぱいを飲まなくなった

1歳未満の子どもは、大人と違って腸内環境が未発達で、細菌に対する抵抗力がありません

そのため赤ちゃんがボツリヌス菌の元となる「芽胞(がほう)」が付着した食品を食べると、腸内で菌が発育・増殖し、「ボツリヌス毒素」が発生します。

毒素によって、「乳児ボツリヌス症」を発症することがあるのです。

芽胞は酸素がない環境を好み、蜂蜜のような瓶詰や真空パック、発酵食品に多くひそんでいます。

過去に蜂蜜を食べて乳児ボツリヌス症を発症した事例が続いたことから、厚生労働省は「1歳未満の子どもには蜂蜜を食べさせない」ように注意喚起をおこなっているのです。

参照:厚生労働省「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから」
参照:国立感染症研究所「ボツリヌス症とは?」

なんで大人は大丈夫なの?

では1歳以上の子どもや大人は、なぜ蜂蜜を食べても大丈夫なのでしょうか。

離乳食にも慣れた1歳ころになると腸内環境が整い、毒素の元となる芽胞が生き残ることができない環境が作られます。

そのため1歳以上の子どもや大人が蜂蜜を食べても、ボツリヌス症にかかる心配はないのです。

参照:国立感染症研究所「ボツリヌス症とは?」

授乳中も蜂蜜はOK!

妊娠中と同様に、授乳中も蜂蜜を食べて大丈夫です。

大人の腸はボツリヌス菌の増殖を防ぐことができるので、母乳を通して赤ちゃんに移行することはありません。

むしろ、蜂蜜を食べると妊婦さんにとって、メリットがたくさんあることがわかっています。

参照:国立感染症研究所「ボツリヌス症とは?」

妊婦さんにうれしい蜂蜜の効能って?

蜂蜜は妊婦さんも安全に食べられるというだけでなく、栄養価が高く低カロリーで、妊娠中も取り入れたい食品のひとつです。

では蜂蜜の効能についてみていきましょう。

身体への効能 蜂蜜に含まれる成分
疲労回復 ブトウ糖、果糖
抗菌作用 グルコン酸
便秘や下痢の解消 グルコン酸、オリゴ糖
むくみや高血圧予防 カリウム(ミネラル)

効能1:疲労回復

蜂蜜の主成分であるブドウ糖と果糖は、体内に入るとすぐに吸収されエネルギーに変わります。

そのため疲れたときや免疫力が落ちているときには、即効性のあるエネルギー源として有効。

たとえばスポーツの後に食べることが多い蜂蜜漬けのレモンは、つわりなどで食べ物が食べられないときにもオススメです。

参照:玉川大学農学部越後多嘉志「蜂蜜の特性とその利用」

効能2:抗菌作用

蜂蜜には、掃除や傷の消毒に用いられるオキシドールと同じ成分の「グルコン酸」が含まれています。

強い抗菌作用があるグルコン酸は、さまざまな場面で活躍するすぐれものです。

グルコン酸の抗菌作用が有効なもの

  • のどの痛み
  • 口内炎
  • 傷口
  • 歯石を減らす

ママが食べたものは赤ちゃんの発育に直接影響する場合もあり、妊娠中は服薬にも慎重になるもの。

もちろん症状がツライ場合には病院を受診した方がよいですが、軽い症状であれば安心して口にできる蜂蜜がオススメです。

風邪のときに蜂蜜入りののど飴をなめたり、口内炎や傷口には直接蜂蜜をつけてもOK。

歯みがき粉の代わりに、蜂蜜で歯をみがくと歯石を除去する効果も期待されます。

参照:藤沢製薬工業株式会社「グルコン酸および塩類の特徴・機能について」
参照:玉川大学農学部越後多嘉志「蜂蜜の特性とその利用」

効能3:便秘解消

抗菌作用のあるグルコン酸には、整腸作用があり「善玉菌」を増やす働きもあります。

善玉菌は腸のぜんどう運動を活発にし、便秘解消にも効果的です。

オリゴ糖とともに、妊娠中に停滞しがちな腸の働きを改善します。

参照:藤沢製薬工業株式会社「グルコン酸および塩類の特徴・機能について」

効能4:むくみや高血圧予防

蜂蜜はミネラル、とくにカリウムを多く含んでいます。

カリウムは体内の余分な水分や塩分を排出し、血圧を調節する働きがあります。

妊娠中に起こりやすいむくみや高血圧予防にも効果があるうえ、出産後のダイエット対策としても人気です。

ただし、症状がひどい場合は、自分で判断せず婦人科を受診しましょう。

参照:山本養蜂場「はちみつの知識」

効能5:肌を健康に保つ効果

妊娠中は女性ホルモンの影響で、しみやそばかす、黒ずみなど肌の悩みが尽きません。

蜂蜜はビタミンを多く含みます。

なかでもパントテン酸やビタミンB6、ビタミンC血行を良くし、肌を健康に保つ効果があり、食事から摂取する以外にも、蜂蜜入りの化粧品も数多くあります。

肌につける際には、1歳未満の子どもの口に触れないように気をつけながら使用しましょう。

参照:山本養蜂場「はちみつの知識」

蜂蜜を食べるときの注意点は?

さまざまなメリットがある蜂蜜ですが、食べるときは次のことに注意しましょう。

ポイント1:食べ過ぎない

白砂糖が100gあたり384kcalなのに対し、蜂蜜は284kcalと低カロリー。

体重管理が必要な妊娠中も、安心して食べることができます。

しかし取りすぎはやはり身体によくありません。

では1日にどれくらいまで食べてよいのでしょうか。

WHOのガイドラインによると、糖類の摂取基準は1日あたり総エネルギーの5%(白砂糖だと25gほど)と定められています。

ジュースやケチャップ、パンなど、日常で口にするさまざまな食品に糖類が含まれていることを考えると、そのまま食べる蜂蜜は1日に大さじ1~2杯程度を目安にするとよいでしょう。

参照:長坂養蜂場「よくあるご質問」

ポイント2:子どもの手が届かないように気をつける

妊娠中のママは蜂蜜を食べても大丈夫ですが、家のなかに1歳未満の乳幼児がいるときには、あやまって口にしないように注意が必要です。

子どもが手の届かない高い場所で保管したり、ママが蜂蜜を食べる際にも、子どもの口に入らないように十分気をつけましょう。

万が一ボツリヌス菌にかかっても、適切な治療をすれば問題ないケースがほとんどなので、すぐに病院を受診することが大切です。

参照:あおい小児科「知って予防しよう!乳児ボツリヌス症」

ポイント3:木製のスプーンを使う

金属が触れると、蜂蜜が劣化するといわれています。

せっかくよい蜂蜜を買っでも、性質が変わり効果が失われてしまうことも。

それを防ぐには、木製のスプーンを使うとよいでしょう。

蜂蜜専用のスプーンは木製のものが多く、こぼれやすい蜂蜜も扱いやすいのでオススメです。

参照:マヌカハニー専門店Bee Me「ハニーディッパーって何?はちみつをすくう棒とマヌカハニー専用スプーンについて」

ポイント4:良質な蜂蜜を選ぶ

よいことずくめの蜂蜜ですが、製造工程によって栄養価に違いがあることがわかっています。

少ししか口にできない分、良質な蜂蜜を選びたいものです。

それでは上手に蜂蜜を選ぶコツをみていきましょう。

上手な蜂蜜の選び方は?

いざ蜂蜜を買おうとしても、たくさんの種類があり、どうやって選んだらよいか迷うでしょう。

蜂蜜には、「天然」のものと「加工」されているものがあります。

天然のものは、蜂蜜以外のものを加えたり加熱処理されてある「加工品」に比べ、ミネラルが豊富で、栄養価が高いのが特徴です。

より効果を得るには、良質な「天然」の蜂蜜を選ぶとよいでしょう。

天然蜂蜜の特徴や加工している蜂蜜との違いを紹介するので、蜂蜜選びの参考にしてください。

ポイント1:まずはラベルをチェック

まずは、商品の成分表示をチェックしましょう。

ラベルのチェックポイント

  • 原材料の記載が「はちみつ」のみ
  • 全国はちみつ公正取引委員会のマークがある
  • 商品名が「純粋はちみつ」

全国はちみつ公正取引委員会には、すべての会社が加入しているわけではありませんが、一定の基準に沿って品質検査を行っているため、選ぶ際の基準になるでしょう。

ポイント2:天然の蜂蜜は賞味期限が長い

「純粋はちみつ」と記載している蜂蜜のなかには、添加物は入っていなくても加熱処理をしている「加工品」が含まれます。

蜂蜜そのものに強い殺菌効果があるため、天然の蜂蜜であれば賞味期限が数年ほどあるのが特徴です。

賞味期限が極端に短い場合、加工されている可能性が高いといえるでしょう。

参照:日本養蜂協会「はちみつQ&A」

ポイント3:透明ではなく濁っているもの

天然の蜂蜜は、花粉が含まれているためにごっていることが特徴です。

びんの向こう側が透けて見えるほど透明な蜂蜜は、加工されている可能性が高いでしょう。

参照:藤原養蜂場「蜂の不思議・日本ミツバチ編」

ポイント4:値段が安めだったら注意

1匹の蜂が一生に作るはちみつの量は、ティースプーン一杯程度といわれています。

そのため取れる量が非常に少なく、天然の蜂蜜は値段が高めです。

より栄養素が豊富な蜂蜜を選ぶなら、値段があまりに安いものは避けた方がよいでしょう。

参照:ミツバチ健康科学研究所「はちみつができるまで」

良質な蜂蜜を食生活に取り入れよう

妊娠中に蜂蜜を食べると、身体にうれしい効能がいっぱいです。

さまざまなマイナートラブルも、蜂蜜を食生活に取り入れることで改善が期待できます。

摂取量に気を配りながら、あまくておいししい蜂蜜で上手にマタニティライフを過ごしましょう。

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...