吐きつわりはどうしたら軽くなる?吐き気の原因と対処法まとめ

妊娠初期に、吐きつわりの症状で悩む妊婦さんがたくさんいます。

食べられなくて体重が減ると、赤ちゃんへの影響を心配するママは多いでしょう。

吐き気がおさまらないと、いつまで続くか不安になりますよね。

この記事では、吐きつわりがいつころまで続くのか、また吐きつわりで食べられない期間に、どんな対策があるのかを紹介していきます。

吐きつわりとはどんな症状?


吐きつわりとは、妊娠初期に現れる吐き気、胃の不快感、嘔吐などの症状です。

食べたら嘔吐したり、空腹が続くと吐き気がするなど症状はさまざまです。

ひどいときはトイレから出られなくなったり、家事ができなくなる人もいます。

個人差はありますが、吐きつわりの症状は車酔いのような気持ち悪さが続くタイプの人が多いでしょう。

いつからいつまで症状が出るの?


一般的につわりが始まるのは、妊娠4週目ごろからといわれています。

個人差があるので、妊娠初期の6週〜7週目で徐々につわりがひどくなる人もいるでしょう。

10週〜12週目ごろで治る人もいますが、安定期に入る16週目まで続く人もいるようです。

治る時期にも個人差があり、安定期に入ってから妊娠後期までつわりが続く人もいます。

参照:メディカルiタウン「重症妊娠悪阻」

なぜ吐きつわりは起こるの?


吐きつわりは妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化で起きます。

つわりに関してはまだ解明されていないこともありますが、妊娠するとヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが大量に分泌されます。

このホルモンに身体が対応しきれず、吐き気などの症状がでるのです。

そのほかに、代謝の変化や妊娠したことによる環境の変化もつわりが起こる原因ではないかとの指摘があります。

妊娠中の精神的や社会的ストレスが、つわりに高い確率で影響するとの報告があるのです。

参照:日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局「妊娠悪阻」

吐きつわりによる赤ちゃんへ影響は?


吐きつわりによる赤ちゃんへの影響はほとんどありません

妊娠初期は食べたものが直接栄養になるのではなく、ママの体に蓄えられた栄養で十分成長できるからです。

吐きつわりの症状がひどくなると、食事を食べられなくなり、体重が2〜3キロ減ることもあるでしょう。

吐きつわりの症状が悪化することを、妊娠悪阻と呼びます。

ひどくなると点滴や入院などの処置が必要になるので、吐きつわりの症状がツラいときはムリせずしっかり体を休めましょう。

参照:メディカルiタウン「重症妊娠悪阻」

吐きつわりの対処法6つ


吐きつわりが続くと、精神的にツラくなってきます。

お腹の赤ちゃんのために、どうにかして食べなければと感じますよね。

ここでは、吐きつわりの対処法を6つ紹介します。

1:食べられるものを探す

自分が何を食べられるのかを、探してみましょう。

吐きつわりの症状は人それぞれですが、食べられるものにも個人差があります。

「冷たいものだったら食べられた」「さっぱりしたものしか食べられなかった」という人もいるでしょう。

吐きつわりのとき、多くのママたちが食べられたものを紹介します。

喉ごしがいいもの ゼリー・炭酸水・オレンジジュース・ポッカレモン
すっきりしたもの トマト・グレープフルーツ・パイナップル
冷たいもの 冷たいうどん・そうめん・アイス・シャーベット・冷やした果物
ジャンクフード ポテトチップス・カップ麺

食べられないと決めつけずに、何が食べられるのか色々な味にチャレンジしてみましょう。

ツラいときはムリして食べなくてもOK

どうしてもツラいときはムリをせず、食べたいときに食べたいものを食べてください。

ムリに食べて嘔吐を繰り返すと、胃腸に負担がかかり、体にもストレスがかかります。

食べることがストレスにならないように、食べられるものを見つけることが大切です。

2:小分けにして食べる

吐きつわりの症状は、1日の食事量を小分けにして食べると軽減できます。

食事を少量に分けると胃の圧迫感を防げるでしょう。

体調のいいときに、たくさん調理したものを小分けにして、冷凍保存しておくのもオススメです。

胃が膨らむのを抑えることで不快感が治り、吐き気を軽減する効果があります。

3:水分をしっかりとる

気分が悪くて食べられなくても、水分は必ずとりましょう。

嘔吐を繰り返すからといって、食事を取らないと脱水症状になる可能性があります。

脱水症状がひどいと点滴などの処置や、場合によっては入院が必要です。

水分をこまめに飲んだり、氷を口に含むなどして、水分補給には気をつけましょう。

4:苦手なにおいを取り除く

苦手なにおいが身近にある人は、そのにおいを取り除きましょう。

イヤなにおいを取り除くことで、吐き気が軽減されるからです。

妊娠した途端、今まで平気だったお米の炊き上がったにおいや、湿気のこもったにおいなどが不快になります。

お米をパンに変えたり、換気をこまめにするなどの対策をとるといいでしょう。

外出の際は、マスクを着用するのも効果的です。

5:気を紛らわす

吐きつわりで気分が悪いときは、気を紛らわすことに集中しましょう。

精神的にツライとイライラしてストレスがたまり、赤ちゃんの成長にもよくありません。

好きな本を読んだり、外出することで気分転換にもなります。

好きなことをしたりストレスを発散することで、つわりの症状が少し軽減できることがありますよ。

6:ムリをせず休む

つわりで食事が食べられないと、赤ちゃんの栄養面が不安になるでしょう。

妊娠初期は、つわりで食事が食べられなくても、ママの体に蓄えられた栄養で胎児は成長します。

ですから、ムリに食べるよりも、体を休めることを考えましょう

ツラいときはムリをせず、ゆっくり休むことが大切です。

家にいるときはラクな洋服を着て横になったり、つわりの時期に仕事をしている人であれば、仕事中はこまめに休憩を取りましょう。

すべて自分だけで解決しようとしないで、家族や同僚にも協力してもらうことでツラさが軽減できます。

吐きつわりがひどいときは産婦人科で相談しよう

吐きつわりがひどいときは、自己判断せずに、かかりつけの産婦人科の医師に相談しましょう。

頻繁に嘔吐を繰り返したり、体重が急激に減ると脱水症状を引き起こすことがあります。

症状が悪化すると肝機能障害や臓器機能不全、または脳神経障害により母体がさらに危険になるとの報告もあります。

1日に何回も嘔吐するときや、体重が減って水分も取れない場合は早めに病院へ行きましょう。

参照:日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局「妊娠悪阻」

食べられるものを見つけて吐きつわりを乗り切ろう

吐きつわりがひどくても、食べられるものは必ず見つかります。

栄養バランスや体重管理は、つわりが治る妊娠中期から見直せばいいのです。

個人差はありますが、妊娠初期の吐きつわりはムリをせず、周りの人に協力してもらいながら、ストレスフリーな妊娠生活を送りましょう。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...