出産が怖い!陣痛の痛みはどれくらい?先輩ママの体験談まとめ

出産が近づくと、出産や陣痛に恐怖や不安を感じるママも多いようです。

初産の場合、いままで体験したことがないからこそ、より心配ですよね。

この記事では、そんな出産や陣痛の痛みについて、先輩ママの声を集めています。

出産が怖いと感じるママもたくさんいる

体験したことのない出産に恐怖心を抱くのは、自然なことでしょう。
たくさんの妊婦さんが怖さや不安を感じているようです。

出産の痛みに関する先輩ママの体験談

出産の痛みについて先輩ママの体験談を集めました。

リアルな声なので、より出産をイメージしやすいでしょう。
出産は個人差が大きいですが、心の準備に役立ててくださいね。

陣痛の痛みってどれくらい?

陣痛の痛みがどのようなものなのか、SNSの投稿をまとめました。

自然分娩の場合、陣痛がきたらすぐに分娩というわけではなく、子宮口が開くまで耐えなくてはいけません。

赤ちゃんの頭が通れる大きさに子宮口が開けば、いきんで赤ちゃんを出します。

陣痛が長く痛みが強かった人もいれば、子どもがでてくるときの痛みが強かった人もいるようです。

痛みで声が出る

陣痛や出産中は、思わず叫んでしまうことも多いようです。

一人目、二人目に関わらず、痛いときは声が出るものです。

「叫んだ」「暴言をはいてしまった」という報告が多く見受けられました。

助産師など病院スタッフは慣れているでしょうが、旦那さんはびっくりするかもしれないので、事前に「こんなこともあるみたいだよ」と伝えておくのもいいですね。

会陰切開の傷や後陣痛がツラいとも聞くけどどうなの?

お産をスムーズに進めるため、分娩中に膣と肛門の間を切断する会陰切開や、帝王切開後の後陣痛が痛かったという話もよく聞きます。

子宮に残っている胎盤がなかなかでないときは、医師が子宮に手を入れたりお腹をおさえる処置をするため、痛みを強く感じることもあるようです。

会陰切開や後陣痛に関して、気になる体験談をまとめました。

出産後、女性は満身創痍の身体で子育てに突入します。
入院中は産院で体力の回復をはかりましょう。

退院後も子供のお世話以外はなるべく安静にしておくべきなので、ご主人や自分の母親、ご主人のお母さんなどにサポートしてもらえる体制を整えておけるといいですね。

周りに頼れる人が少ない場合は、家事代行食事の宅配を利用する方法もあります。
補助がでる自治体もあるので、情報収集してみましょう。

思ったより痛くなかったというママも!

陣痛やお産の痛みは人それぞれです。
中には、「痛くなかった」「思っていたより大丈夫だった」というママもいるようです。

ある程度の痛みを覚悟しておくと、「思ったより痛くなかった」と言えるかもしれませんね。

赤ちゃんに会えた喜びが大きい

出産を終えると、痛かった記憶よりも、嬉しい気持ちの方が勝るようです。


赤ちゃんに会えるのが、より楽しみになりますね。

お産はひとりじゃない

妊娠後期に入り、予定日が近づくと、出産への不安や恐怖感を抱く人も多いものです。

出産を具体的にイメージしたり、不安を誰かに話して共有したり、準備を万全にしたり、自分に合った方法で乗り越えましょう。

分娩時についてくれるのは、お産のプロ達です。

呼吸法やいきむタイミングなど指示してくれます。

いざというときは、医師が最善の方法を選んでくれるでしょう。
心強い味方もいるので、なるべくリラックスして妊婦生活を過ごせるといいですね。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...