分娩所要時間はどれくらい?個人差はある?スムーズに進める方法とは

妊娠後期に入ると、出産について考える妊娠さんが増えてくるのではないでしょうか。

陣痛はどれくらい痛いのかな…
出産はどのくらい長く痛みが続くのかな…
と不安に思う妊婦さんが多いようです。

ここでは、分娩の流れと所要時間の平均、長い陣痛をできるだけスムーズに進める方法をご紹介します。

分娩の開始はいつからどう進む?

分娩の開始は、陣痛が訪れる周期が10分間隔、または1時間に6回の周期で、規則正しくなった時点をいいます。(本陣痛)

弱い痛みや不規則な間隔で訪れる痛みは、前駆陣痛と言われるもので、分娩時間には含まれません。

規則正しく来ていた陣痛が弱くなったり、不規則になったりしたときは、もう一度規則正しい陣痛となった時から分娩開始とします。

分娩は本陣痛の始まりから出産までの間で、分娩第1期・分娩第2期・分娩第3期の3つに区分されています。

分娩の進み方と3つの区分それぞれの平均時間をみていきましょう。

分娩時間は個人差があるので、平均時間は目安としてみてくださいね。

分娩第1期

分娩第1期は、本陣痛開始~子宮口が10cmまで開く(子宮口全開大)までの間をいいます。

陣痛が徐々に強さを増して激しくなり、間隔が短くなって、赤ちゃんが少しずつ下に降りてきます。

第1期にかかる時間は、初妊婦さんで10~12時間、経産婦さんで4~6時間くらいです。

経産婦さんは初産のときと比べると、子宮口・産道が柔らかくなっているので、赤ちゃんが出てくるのもスムーズなようです。

そのため、初妊婦さんよりも経産婦さんのほうが分娩第1期の時間はだいぶ短い傾向にあります。

分娩第1期の時間が一番長く、お母さんにとっても一番苦しい時間かもしれません。

なかなか陣痛が進まない場合は、陣痛が少しでも進みやすいように、工夫をしてみるとよいでしょう。

参照:高知県地域福祉部児童家庭課「分娩期」

陣痛中にできる分娩をスムーズに進める方法はコチラ

分娩第2期

分娩第1期で子宮口が全開し、次に赤ちゃんが産まれてくるまでの間をいいます。

第2期にかかる時間は、初妊婦さんで2~3時間、経産婦さんで1~1.5時間くらいといわれています。

陣痛(子宮が収縮している状態)には波があるでしょう。

妊婦さんは、助産師さんの声がけに合わせて、いきんだり、力を抜いて短い呼吸をしたりを繰り返します。

妊婦さんの陣痛といきみにより、赤ちゃんは身体を上手に旋回させながら産まれてきます。

参照:高知県地域福祉部児童家庭課「分娩期」

分娩第3期

分娩第3期は、赤ちゃんが産まれたあと、胎盤娩出までの期間です。

第3期にかかる時間は、初妊婦さん、経産婦さんともに10分~30分くらいです。

お母さんは胎盤を娩出するときに、後産陣痛という陣痛があります。

後産陣痛の痛みはそれほど強くないと言われていますが、痛みがひどいときはすぐに医師に伝えましょう。

参照:高知県地域福祉部児童家庭課「分娩期」

初産婦さんの分娩所要時間は平均12~15.5時間

分娩第1期から第3期までの平均時間を合計すると、初妊婦さんの分娩所要時間の平均は、12~15.5時間、経産婦さんで5~8時間です。

とはいえ、分娩時間は個人差があるので、平均時間は目安として考えましょう。

遷延分娩(せんえんぶんべん)になる場合もある

初妊婦さんで30時間、経産婦さんで15時間を過ぎても赤ちゃんが産まれない場合を、遷延分娩といいます。

遷延分娩になる要因の一つに、微弱陣痛という状態があります。

微弱陣痛とは、お母さんの陣痛が弱かったり、なかなか規則的にならない状態です。

お母さんの疲労によって、微弱陣痛になることもあるので、お母さんの体力は重要といえます。

分娩が長引いている場合は、一定時間を超えると医師の判断により、陣痛促進剤が投与されたり、母子の体調によっては、吸引分娩や帝王切開になる可能性があるでしょう。

参照:日本産科婦人科学会雑誌第64巻第9号「ガイドライン解説産科編 4)CQ404 遷延分娩」

妊娠中にできる分娩をスムーズに進める方法4つ

分娩をスムーズに進めるために、妊娠中にできることを4つ紹介します。

1:お産の流れを知りイメージトレーニングする

お産の流れを知り、お産当日のイメージトレーニングをしておくことは、妊婦さんの不安軽減につながります。

流れを知ることで、出産に対する心構えができてくるでしょう。

当日何が必要か、具体的なイメージも湧いてきます。

当日は、家族のサポートも重要です。

家族と話をして、知識を共有しておくのもいいですね。

2:適度な運動

妊娠中は、適度な有酸素運動がおすすめです。

妊婦さんは、つわりや体調不良が重なると、体力が落ちやすいでしょう。

体力や筋力が少ないと、お産に時間がかかる可能性があるようです。

体調のよいときは、体力と筋力とつけるために、少しずつ身体を動かす習慣をつけましょう。

たとえば、下記の4点があります。

  • ウォーキング
  • スイミング
  • マタニティビクス
  • マタニティヨガ

自宅で簡単にできる運動としては、雑巾がけやスクワットがおすすめです。

とはいえ、運動の途中でお腹の張りや痛みを感じたときは、すぐに中止しましょう。

週数よっては、運動によってお腹が張り、赤ちゃんに悪影響を及ぼす場合もあります。

あらかじめ医師に相談して、あくまで身体に負担のかからない範囲で身体を動かしましょう。

3:体重管理をしっかりとする

妊娠中は、体重を増やし過ぎないように体重管理が大切といわれています。

赤ちゃんが日々育っているので、体重は徐々に増加していきますが、急激な増加には気を付けましょう

体重が増えすぎると、産道に脂肪がつきすぎて赤ちゃんがスムーズに出てくることができず、難産になる可能性があるようです。

やせすぎの妊婦さんは、体力不足が心配されます。

妊娠中は体重を定期的にチェックし、適度に身体を動かしたり、バランスのよい食事を心がけるなどして、体重コントロールをしていきましょう。

4:身体を冷やさない

妊婦さんにとって身体の冷えは大敵のため、日ごろから身体を温める心がけをしましょう。

身体が冷えると血液の循環が悪くなり、お腹が張ったり、足がむくんだりする症状がでてきます。

ひどくなると切迫早産の恐れも出るようです。

身体が冷えることで分娩時は筋肉が固くなって、陣痛が起こりにくく、お産が進みにくい状態になることがあるでしょう。

  • 靴下を着用する
  • 飲み物や食べ物は温かいものにする
  • 身体に負担のない程度にお風呂につかる

など、冷え対策を意識的におこないましょう。

陣痛中にできる分娩をスムーズに進める方法5つ

陣痛が始まった時に、分娩をスムーズに進める方法を5つを紹介します。

1:リラックスする

出産は、少しでもリラックスできる空間作りをしましょう。

たとえば、好きな香りのアロマエッセンス(気分が落ち着けるもの)や、好きな音楽の準備をしておくのがおすすめです。

慣れない空間でも、日常的な要素を入れると少し気持ちが落ち着くでしょう。

付き添いの方がいたら、おしゃべりをすることもリラックスできる要素ですね。

2:歩いたり、階段を上り下りする

なかなか陣痛が進まないときは、陣痛室の中を歩いてみたり、階段があれば上り下りをしてみるとよいでしょう。

階段を使うときは、事前に医師へ相談し、助産師さんや家族に付き添ってもらってください。

3:こまめに食事や水分をとる

出産は時間がかかるので、こまめに食事や水分補給をしましょう。

  • おにぎりやパン
  • ゼリー飲料
  • チョコレート
  • スポーツドリンク

など、手軽に飲み食べできるものを用意しておくと安心です。

4:三陰交を刺激する

陣痛をスムーズに進めるために、陣痛を促す効果があるとされる「三陰交」というツボを押してみましょう。

三陰交は陣痛促進のほかに、冷え性・生理痛・更年期障害などにも効果があるといわれるツボです。

三陰交の場所は、内側のくるぶしの一番高いところから、指4本分上がった場所で、すねの際にあります。

ゆっくり息を吐きながら5秒ほど押して、ゆっくり息を吸いながら5秒ほどで指の力を抜いていきましょう。

ツボ押しする際は、事前に医師に確認してから行いましょう。

参照:東京女医大看会誌 Vol 10. No 1. 2015 「分娩期における指圧・お灸の効果についての文献検討」

5:胸を刺激する

胸を刺激することによって、陣痛促進が期待できるようです。

胸を刺激すると、子宮収縮作用のあるオキシトシンという女性ホルモンが分泌されるためです。

乳輪と乳頭部分を親指、人差し指、中指でつまむように刺激してください。

刺激をしていると、母乳が少し出てくることもあるので、タオルなどを用意しておくとよいでしょう。

参照:KAKEN「自然分娩を希望する妊婦のオキシトシン・システム活性化の効果」

分娩所要時間には個人差がある

分娩所要時間は個人差があります。

お産の流れをイメージトレーニングをしたり、事前に必要なものを考えておきましょう。

日々の運動・体重管理・冷え対策などを意識すると、スムーズなお産になるかもしれません。

身体と心の準備を整え、出産に対する不安を軽減しておきましょう。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...