妊娠中の家事ってどうしてる?ムリしないで楽するにするコツ4つ

妊娠さんは、妊娠初期はつわりがつらかったり、妊娠後期はおなかが大きくなり動くのが大変です。

妊娠中に家事をするのはつらいけどどこまでやるべき?
ほかの妊婦さんは家事をどうしてるの?
と思う妊婦さんが多いでしょう。

ここでは妊娠中の家事をムリせず、楽にするコツを4つ紹介します。

妊娠中の家事はできることだけで大丈夫


妊娠中の家事はムリせず、妊婦さんはできることだけやりしょう。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で貧血になりやすいようです。

また、妊娠初期にはニオイに敏感になり、料理をすることが苦痛になったり、妊娠後期にはおなかが大きくなり腰痛やおなかの張りに悩まされる人がいるでしょう。

身体がつらいときにムリして家事をこなすのは、妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとってもストレスになるかもしれません。

家事代行や食材宅配などのサービスを利用したり、旦那さんや家族に助けてもらうなどして、家事の負担を上手に減らしましょう。

家事を楽にするコツ4つ


家事を楽にするための、工夫や家族に協力してもらうアイディアを紹介します。

1:買い物は食材宅配にする

食材などの買い物に心強い見方になってくれるのが、ネットスーパーなどの食材宅配サービスです。

身体を動かしたり、外のニオイがつらくて妊娠中の買い物が負担だと思う妊婦さんが多いでしょう。

お腹が大きくなって買い物へ行くと、足元が見えにくく、張ってしまうことがあるようです。

食材宅配サービスは、インターネットやFAXを使って簡単に注文ができ、重い荷物を自宅の玄関まで運んでくれます。

有機野菜や体に優しい食材を豊富に取り扱っているところや、妊婦さんは配送料無料というところがあります。

食材宅配サービスは、出産後も強い味方になってくれるので、外へ出る負担が軽減できますね。

2:家事代行を頼む

「家事代行サービス」を頼むと家事が楽になるでしょう。

妊娠中、体がつらいと感じているときに家事のすべてを自分でこなそうとするのは大変、と感じる妊婦さんが多いようです。

体調がすぐれないときは身体を最優先にして休むのが1番です。

家事代行サービスは、掃除や洗濯・食器洗いだけでなく、おかずの作り置きをしてくれるサービスを行っているところがあります。

週1回、1時間からの家事代行を提供している会社もあるので気軽に試すことができます。

家事代行は妊娠中だけでなく産後や、ママが仕事復帰してからなども利用すると便利です。

3:掃除は柄の長い物を使う

妊娠中、とくに妊娠後期の掃除道具は柄の長いものを使いましょう。

妊娠後期はおなかが大きくなり、それにともなって腰にかかる負担も大きくなります。

柄の長い掃除道具を使うと、大きくなったおなかであまり腰をまげずに作業ができ、腰への負担を減らすことができます。

床の拭き掃除は床用ワイパーが便利です。

掃除機は、ノズルをいっぱいに伸ばして上体をなるべくまっすぐに伸ばした状態で使用すると腰への負担が減らせるでしょう。

4:旦那さんに手伝ってもらう

旦那さんには積極的に家事をしてもらいましょう。

妊娠中から旦那さんに家事をしてもらうと、出産後にママが子育てで寝不足が続いたり、忙しくしているときもスムーズにサポートをしてもらうことができます。

とはいえ、仕事が忙しく、なかなか家事をすることができない旦那さんもいるかもしれません。

できる範囲で協力してもらい、協力してくれたことに対して感謝を伝えましょう。

家事は周りの人に協力してもらおう


妊娠中はいつもと違い、疲れやすいと感じる妊婦さんが多いでしょう。

買い物はネットスーパーなどの宅配サービスを利用する、掃除や洗濯は必要に応じて家事代行を頼むと、妊婦さんの身体の負担が減らせます。

妊娠中は旦那さんや家族に家事の協力してもらったり、宅配サービスを利用するなどして、ムリせず楽しいマタニティライフを送りましょう

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...