妊娠中にお腹が張りやすいときの対処法は?原因はあるの?

妊娠すると、お腹の張りに悩む妊婦さんがいるでしょう。

妊娠中は妊婦さんの体に少しでも負担がかかると、お腹が張りやすいようです。

ここでは、お腹の張りと原因・対処法について説明します。

妊娠中にお腹が張るのはどうして?

妊婦さんがたくさん動くと、筋肉が緊張して子宮が収縮するため、お腹が張ります。

子宮は筋のない筋肉でできているため、伸び縮みし、赤ちゃんの成長に伴って下腹部が大きく膨らんでいくようです。

妊娠中のお腹は、妊娠後期にもなると大きさが約4Lほどにまで大きくなります。

普段は約50mlの大きさのお腹が膨れ上がるため、どうしても張りを感じやすいようです。

参照:医療法人 佐藤クリニック「おなかが張るということ

お腹が張ったときは横になったり座って休む

家にいるときにお腹の張りや痛みを感じたときは、横になってみてください。

お出かけしているときにお腹が張ったときは、座れるところを探して休みましょう。

妊娠中にたくさん動いたり、長い距離を歩くと、お腹が張ることがあります。

横になったり、座って身体を休め、自然に張りや痛みが治まれば心配はないでしょう。

休んでも張りや痛みが1時間以上続く場合は、すぐに医師に相談してください。

参照:医療法人 佐藤クリニック「おなかが張るということ

張りの長さや頻度を確認しよう

お腹の張りが続く場合は、張りの長さや頻度を確認しましょう。

妊娠30週未満の妊婦さんは1時間に3回以上妊娠30週を超えている妊婦さんは1時間に5回以上のお腹の張りを感じる場合は、すぐに受診してください。

お腹が張る間隔が短くなっていき、規則的な場合や出血をともなう場合は、切迫早産の可能性があるようです。

張りの長さや頻度が長く、多い場合はすぐに病院へいきましょう。

お腹が張ったらムリせず休もう

お腹が張ってつらいときは、すぐに横になって休みましょう。

おでかけしているときも、ベンチなどを探して座ってくださいね。

ムリして動くとさらに張りがつらくなるかもしれません。

お腹の張りが頻繁になり、違和感を覚えたらすぐに医師に相談しましょう。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...