【連載】「育児のマイルール」vol.4 蛯原英里さん

さまざまなジャンルで活躍されているパパやママに「育児のマイルール」をきく、連載第4回。

今回お話を伺うのは、日本チャイルドボディケア協会代表として活躍される、蛯原英里さんです。

9月に第2子となる男の子を出産し、4人家族になりました。

仕事を通して多くのママや赤ちゃんを見てきた蛯原さんですが、自身の子育ては「初めて」が多く、手探り状態と言います。

そんな試行錯誤の毎日から生まれた、蛯原さんの育児のマイルールとは?

蛯原さんの育児のマイルール

(ルール1)たまには 「OKデー」をつくる

9月に息子が生まれ、4歳の娘はお姉ちゃんになりました。

娘の出産と比べると、不安に思うことやイライラすることは減りましたが、授乳でずっと下を向いているので、肩や首がよく凝ります。

今は、主人に子どもたちを見てもらい、マッサージに行くのがリフレッシュ時間。私にとっての「OKデー」です。

実は、娘にも「OKデー」をつくろうと思っています。いつもはダメと言っていることを、思いきりやっても怒られない日。

というのも、最近娘が1歳のときに撮ったビデオをみんなで見ていたときに、娘が「この時はパパとママ怒っていないね」と言ったんです。何気ない一言でしたが、ハッとさせられました。

画面の中の娘は、裸ん坊。
今だったら、「風邪ひいちゃうから、早くお洋服着なさい」とすぐに言ってしまいます。

あえて「この時間は裸ん坊もOK」という日があっても良いかなと。楽しそうですよね。

いつも笑顔でいるために、私も子どもたちもリフレッシュするのが大事だと感じています。

(ルール2) 10秒のハグを大切にする

息子がお腹にいたとき、お腹が大きくなるにつれて娘を抱っこすることが難しくなりました。

抱っこをねだる娘に「おんぶならいいよ」と言っても、「抱っこがいい!」の一点張り。赤ちゃん返りかなと思う瞬間でした。

結局、がんばって数秒抱っこしたんですが、そのとき、その数秒で娘の心の充電が満タンになるのが分かったんです。

スキンシップが大切だと言いますが、触れれば良いというわけではなく、子どもが求めるスキンシップをとることが大切だと実感しました。

最近は、「ママ、ギュってしたいな」「ギュってするから、もういいよって思ったら教えてね」と言ってハグをしています。

意外と数秒で「もういいよ」と言うんですよ(笑)

子どもといっても、人と人。

仕事ではたくさんのママと赤ちゃんを見てきましたが、自分の子育ては手探り状態です。

母乳がなかなか出なかったり、娘が赤ちゃん返りをしたり… 、思いどおりにいかないこともたくさんありますが、できるだけ「できること」に目を向けるようにしています。

(ルール3) テーブルの角にカバーをつけない

夫婦で決めているのは、子どもには自分で考えさせるということ。

最初から与えるのではなく、「どっちがいい?」と選んでもらったり、「何して遊びたい?」と問いかけたりしています。

我が家のテーブルは、角にカバーをつけていないんです。これは、角が危ないものだと分かってほしいから。

家中の角を保護して怪我しないようにしたとしても、外に出れば危ないものばかり。
それなら、保護するよりも危ないものだと教えたほうがいいのかなって。

そのかわり、子どもをしっかり見るように意識しています。

やりたいことをやらせて、危ないときはすかさずフォロー。なんでも先回りするのではなく、後ろから見守るのが私たちのスタンスです。

私は、母から「これをしたらダメ」「汚いから触ったらダメ」などと言われた記憶がありません。田んぼに入って、泥だらけになって遊ぶような子でした。

そんな私を母が見守ってくれていたように、私も子どもたちを見守っています。

オススメの育児グッズ

私のオススメ育児グッズは、「ベビーモニター」です。

カメラとモニターがセットになっていて、カメラで撮影した映像を離れた場所からでもモニターで確認することができます。

私の楽しみは、娘が寝たあと、録画したテレビ番組を観ること。
寝室にカメラを設置すれば、リビングでテレビを観ながらでも、モニターで娘の様子を見ることができるので安心です。

ぐっすり寝ているか、布団がめくれていないかを確認しています。

娘が動くとカメラが動きを追ってくれますし、カメラについているスピーカーを通して話しかけることもできるので大活躍。毎日使っています。

プロフィール
蛯原英里(えびはら・えり)

宮崎県宮崎市出身。看護学校卒業後、NICU(新生児集中治療室)に看護師として6年弱勤務し、その後アパレル業界への転職を経て、チャイルド・ボディ・セラピストの資格を取得。

現在は、ママと赤ちゃんのためのベビーマッサージレッスンなどを行ったり、子供服ブランド「Ecragee(エクラージェ)」を立ち上げるなど、幅広く活躍している。

ブログ:https://ameblo.jp/ebihara-eri/
instagram:@eriebihara

(編集協力)伊藤みさき

<過去のゲスト>
秀島史香さん
ノンスタイル石田さん
マシンガンズ滝沢さん

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...