はちみつは離乳食でNG!赤ちゃんに危険がある食べ物とは?

赤ちゃんが生後5~6ヶ月になると、離乳食を始めるママが多いでしょう。
少しずつ大人と同じ食べ物に近づけていきますが、乳幼児はまだ消化機能が未発達なために、避けたほうがいい食材があります。

たとえば1歳未満の赤ちゃんが「はちみつ」を摂取すると、乳児ボツリヌス症という病気を発症する可能性があり、最悪の場合、死にいたることがあるようです。

離乳食を始める前に、赤ちゃんにとって危険がある食べ物をしっかりと把握しておきましょう。

今回ははちみつが赤ちゃんに危険な理由や、そのほかの危険な食べ物について紹介します。

はちみつは離乳食にNG!


はちみつは、離乳食に使ってはいけません。

はちみつといえば、健康にいいイメージがある人も多いでしょう。
しかし2017年に、はちみつを接種した男の子が「乳児ボツリヌス症」を発症し死亡したという出来事がありました。

またクックパッドに、はちみつ入りの離乳食のおやつが掲載されていたことに、物議をかもしたことがあります。

健康にいいはずのはちみつが、なぜ小さな赤ちゃんには危険なのでしょうか。
はちみつが離乳食に禁物な理由や、何歳から食べてよいのか、はちみつについて説明します。

はちみつにはどんな危険があるの?

はちみつには「ボツリヌス菌」が含まれている可能性があり、腸内環境が未発達な赤ちゃんの体内では繁殖し、乳児ボツリヌス症という病気を発症することがあります。

このボツリヌス菌は食中毒菌のひとつで、大人の体内で繁殖することはありません。

はちみつは日本国内の製品であっても、全体の約5%がボツリヌス菌に汚染されているそうです。

ボツリヌス菌を含んだはちみつを買う確率は決して低いとはいえません。

ボツリヌス菌を避けるためにも、はちみつを離乳食に使うのはやめましょう。

参照:大阪市「乳児ボツリヌス症

乳児ボツリヌス症ってどんな病気?

乳児ボツリヌス症は、軽症であれば気づかないこともありますが、感染するとすぐに便秘になることが特徴です。

またそのほかに、

  • 元気がない
  • 哺乳力が弱い
  • 泣き声が弱い
  • よだれが多い
  • 首のすわりが悪くなった

などの症状があらわれます。

致死率は1%程度と高くなく、適切な治療をすることで治癒しますが、最悪の場合には死に至るケースがある恐ろしい病気です。

参照:国立感染症研究センター「ボツリヌス症

加熱しても、毒性は消えないので要注意

加熱すると菌が消滅する食材も多いので「加熱すれば大丈夫でしょ?」と思う方もいるかもしれません。

しかしボツリヌス菌は熱にとても強い菌です。
菌を消滅させるためには、最低でも120度で4分以上の加熱が必要だといわれており、家庭内で加熱調理しても菌のリスクは変わりません。

オーブンで120度以上の加熱ができたとしても、100%死滅できるとはいえないので、リスクは取らないほうがいいでしょう。

何歳からはちみつは食べられる?

厚生労働省は、1歳をすぎてからはちみつを食べさせるよう、推奨しています。

1歳をすぎると、赤ちゃんの腸内環境も大人に近づくため、腸内でボツリヌス菌が繁殖することはなくなります。

参照:厚生労働省「蜂蜜を原因とする乳児ボツリヌス症による死亡事案について

その他の赤ちゃんに危険のある食べ物とは?


赤ちゃんに与える際に注意が必要な食材は、はちみつだけではありません。
ここでははちみつのほかに、気をつけるべき食材を紹介します。

食中毒の危険性があるもの

  • 青魚
  • 貝類
  • 生もの
  • 黒糖

黒糖は、はちみつと同じようにボツリヌス菌が含まれている可能性があるため、1歳までは控えましょう。

青魚は栄養価が高い食材ですが、足がはやく鮮度が落ちやすいので、離乳食完了期にしっかりと加熱したものを与えてください。

生ものや貝類には、ウィルス食中毒の病原菌などさまざまなリスクがあるため離乳食には向きません。

アレルギー反応がでやすい食べ物

  • たまご
  • 落花生
  • そば
  • えび
  • 牛乳
  • 小麦

上記の食材はアレルギーの出やすい食材としてよく知られていますが、アナフィラキシーショックなどの重篤な症状がでやすい食材は

  1. 牛乳
  2. 小麦

の順だといわれています。

乳幼児期に食べ物アレルギーと診断されても、成長につれて自然に耐性ができることが多いようです。

離乳食期に食べてはいけないというわけではありませんが、食べさせるときは、万が一に備え、病院が空いている時間帯に与えるなど注意が必要です。

参照:厚生労働省「食物アレルギー

窒息の可能性があるもの

咀嚼がしっかりとできない赤ちゃんにはとくに、喉に詰まりやすい食材は与えないようにしましょう。

  • もち
  • こんにゃく
  • 小さくて丸い形状のもの(ナッツ類、飴、プチトマトなど)

母子健康手帳には、直径39mm以内の大きさのものは窒息の恐れがあると、記載しています。
これは食べ物に限ったことではなく、誤飲に注意しましょう。

赤ちゃんの胃腸に負担のかかるもの

病気やアレルギーになるというわけではありませんが、消化機能が未発達な赤ちゃんにとって、胃腸の負担になるものは控えてください。

  • ミネラルウォーター
  • 加工食品(塩分多い)
  • カフェイン

赤ちゃんの粉ミルクをつくるときに、ミネラルウォーターを使用しないよう注意してくださいね。

はじめて食べるときの注意事項は?


ここで紹介した食材は、病原菌やアレルギーのことを考えると、わが子に与えるのが怖いと思うかもしれません。

しかしいつかは、口にするときがやってくる食べ物です。
そんなはじめてのときに、気をつけるべきポイントについて紹介します。

一度にはじめての食材を2つ以上使わない

なにかしらのアレルギー反応があった場合に、はじめての食べ物を複数与えていると、どの食材がわが子に合っていなかったのか判断しづらくなります。

どの食材がアレルギー源となったのか特定できるよう、はじめての食材を使うときは必ず、一種類ずつ与えてくださいね。

病院のあいている日の午前中がベスト

アレルギー反応やアナフィラキシーショックなどが見られた場合、すみやかに病院で受診するべきです。

土日や休診日、夜間だった場合、判断が遅れる可能性があり、事態が悪化するかもしれません。

はじめての食材を試すときは、万が一のことを念頭に置いて、かかりつけ医が診療をおこなっている日の午前中がベストです。

わが子を守るために正しい知識を身につけよう!


新しい食べ物に挑戦するわが子を見るのは、ママパパにとっても成長を感じられて、うれしいことでしょう。

大人がおいしく食べられる食材でも、赤ちゃんにとっては負担となるものや、危険が隠れているものがあります。

恐ろしい食中毒からわが子を守れるのは、ママパパの正しい知識です。
新しい食材をためすときは、慎重におこないましょう。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...