【小児科医監修】新生児の授乳量の目安はどれくらい?飲みすぎや起きないときは?

赤ちゃんを出産したママの多くが、最初にぶつかる悩みといえば、授乳についてではないでしょうか。

とくに新生児のころは、ママも赤ちゃんもお互いが授乳に慣れていないため、スムーズにいかないものです。

この記事では、新生児の授乳量の目安や、飲みすぎたり、起きないときの対処法を紹介します。

授乳時の注意点も記載しているので、参考にしてみてください。

新生児が必要とする母乳・ミルクの量は?


新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんをいいます。

新生児が必要な母乳の目安は、下記のとおりです。

1回の量の目安

  • ~生後7日:(10ml×生後日数)~(10ml×生後日数+10ml)
  • 生後8日〜2週間くらい:約70~80mL
  • 生後2週間〜1ヶ月:約80〜120mL

1日の回数の目安

  • 1日:8~10回(約3時間おき)

上記がだいたいの目安といわれていますが、個人差があります。

母乳の授乳量は体重を量って知る

母乳だとミルクと違い、赤ちゃんがどのくらいの量を飲んだかわからないので、赤ちゃんの体重を量ることで哺乳量を把握します。

ベビースケールで授乳前後の赤ちゃんの体重を量り、体重の増えている分を「飲めている母乳の量」と考えます。

ベビースケールは高価なので、授乳になれるまでの間はレンタルするのがおすすめです。

どのくらいの時間授乳すればいいの?


赤ちゃんによってすぐ起きてしまう子、なかなか起きない子などさまざまですが、新生児の授乳間隔の目安はどうなっているのでしょうか?

新生児の授乳間隔はどれくらい?

一般的に、新生児への授乳間隔はどれくらいなのでしょうか。

授乳間隔

  • 新生児:3時間おき

約3時間おきといわれることが多いですが、とくに母乳の場合は、「赤ちゃんが欲しがるようならいつでも与えてよい」です。

つまり授乳間隔が短く、3時間も空いていなくても、赤ちゃんが求めるなら、母乳をあげてもいいということですね。

母乳の場合は、赤ちゃんが飲む量にあわせて生産・分泌されるので、欲しがるだけ与えて良いですが、ミルクの場合は違います。
まだ満腹感がわからない赤ちゃんにとって、欲しがるだけ与えてしまうと、あげすぎにつながります。

栄養過多で肥満につながるばかりでなく、飲み過ぎによる苦しさや不快感にもつながるので、ミルクの場合は3時間を目安に、授乳間隔を守ってください。 

混合授乳の場合も、母乳の分泌量や赤ちゃんの哺乳の様子によって、どの程度ミルクをあげればよいかは人それぞれです。
新生児の間は、2週間おきを目安に体重を確認し(15〜30g/日の増加が理想的です)、それによって母乳の時間・回数や、ミルクの量を調節していきます。

1回の授乳時間は?

新生児への授乳は、1回あたりどれくらい時間をかけるものでしょうか。

【新生児への授乳時間】
新生児への授乳時間は個人差があり、20~40分の子が多いようです。

赤ちゃんが30分以上母乳を吸い続けている場合は、母乳に正しく吸いつけているかをチェックしましょう。

赤ちゃんがなかなか起きてくれないときは?


授乳時間がきても赤ちゃんが起きる気配がないと、起こしたほうがいいのか、寝かせたままのほうがいいのかを悩みがちです。

赤ちゃんの飲み具合や、母乳の分泌量にもよりますが、新生児の場合は、授乳回数が1日に8回未満だと、少ないとされます。
ほかにも、体重の増え方がゆっくり(15g/日未満)のときや、おしっこの回数が少ないとき(1日で4回未満)のときなども、授乳間隔があきすぎるのはよくありません。

先輩ママたちの、赤ちゃんを起こすコツを参考にしてみましょう。

顔・身体をさわる

ほっぺをツンツンしたり、足の裏をくすぐるなど、刺激を与えて起こします。

くすぐるときは、力を入れずに優しくしてあげてください。

声をかける

音に敏感な赤ちゃんは、ママの声に反応してくれることもあります。

顔・身体をさわるのとセットでやると、より効果的が期待できるかもしれません。

母乳やミルクを口に含ませる

哺乳瓶の乳首や、母乳をにじませた乳頭を赤ちゃんの口に近づけると、においに反応して飲んでくれることもあることもあるようです。

完全に起きなくても、授乳が目的なので飲んでくれればよしとしましょう。

オムツを替える

オムツが汚れていれば、オムツ替えをすることで赤ちゃんを起こして授乳もできるので一石二鳥です。

汚れていないときはオムツを外す動きだけですが、赤ちゃんの体を動かすことになるので刺激になるでしょう。

母乳が足りない?多い?体重増加の目安は?


ミルク育児の場合は、与えるミルクの量で、赤ちゃんがどれくらい飲んでいるかを把握できます。

しかし母乳だと、どうしてもわかりにくいものです。

母乳が足りているかは、赤ちゃんの1ヶ月健診で、体重が1日あたり18~30g程度増えていれば問題ないようです。

母乳が十分だとわかるサインはある?

赤ちゃんが母乳を十分に飲んでいるサインは、下記を参考にしてください。

  • 赤ちゃんが少なくとも1日8回、またはそれ以上母乳を飲んでいる
  • 1回の授乳は30分未満で終わり、赤ちゃんが落ち着いてくれる
  • 24時間に色のうすいおしっこで、紙オムツが6回以上濡れる
  • 24時間に2~5回のうんちをする
  • 赤ちゃんがいきいきとして、元気よく泣き、肌につやがある
  • 体重が1日平均18~30gくらいずつ増えている、生後2週間で出生体重まで戻る

参照:武蔵野赤十字病院「妊娠出産育児テキスト」

赤ちゃんの様子が上記なら、母乳の量が足りている可能性が高いといえるでしょう。

飲みすぎを防ぐために

赤ちゃんは胃袋が小さく満腹中枢が未発達ということもあり、ママが気づかないうちに母乳を飲ませすぎている可能性もあるのです。

便があまりに頻回に出たり、お腹がパンパンで苦しそうにしていたりする場合は、飲みすぎが考えられます。

十分な授乳をしたはずなのに泣いているときは、オムツを替えたり、部屋の温度を確認したりして、原因がほかにないかいろいろな方法を試してみましょう。

母乳育児でも、母乳の分泌過多によって赤ちゃんが飲みすぎてしまう場合があります。
その場合は、搾乳をしてしまうと、もっと母乳が必要だと体が勘違いしてますます分泌してしまうので、逆効果です。

後半の母乳(授乳開始から10〜15分以後)のほうが、より脂肪分が多くなり、カロリーを摂取できます。
しっかりとカロリーの高い乳を飲むことで、過剰な哺乳量をおさえることができます。

赤ちゃんが自分で飲むのをやめるまで、片方の乳をしっかり飲ませるのも一つの対応策です。

母乳が足りていないとわかるサインは?

母乳が足りていないかは、下記を目安にするとよいでしょう。

  • 1日にでるおしっこ、うんちの量や回数が少ない(おしっこの回数が1日6回未満、うんちが2~3日出ていないなど便秘気味
  • 体重が思うように増えない

赤ちゃんのおしっこやうんちの量は日によって変わるので、普段から回数や状態をよく観察しておきましょう。

母乳が足りていない場合はどうすればいい?

母乳不足が考えられる場合、授乳の姿勢や回数、赤ちゃんの母乳への吸い付きが上手にできているか、などを見直す必要があります。

体重の増加やママの負担・体調などから、必要に応じてミルクをすすめられることもあるかもしれません。
ミルクは、パパと授乳を分担し、ママの負担を減らせるのが利点です。

母乳の出をよくするにはさまざまな方法がありますが、赤ちゃんが寝ているときにママも一緒に睡眠をとる、水分補給をする、ストレスを溜め込まないことなどがポイントですよ。

ママと赤ちゃんに適した授乳姿勢を見つけよう

授乳クッションを使っての授乳
授乳姿勢が赤ちゃんに合っていないと、母乳やミルクを飲むときにむせてしまいます。

赤ちゃんのお腹とママのお腹が向かい合い、赤ちゃんの耳・肩・腰のラインがねじれたり、左右どちらかに傾いたりしないようまっすぐ密着させて抱っこすることを意識して授乳しましょう。

お母さんの姿勢も大切です。
お母さんが前かがみで、赤ちゃんの体重を腕や太ももで受けている姿勢はよくありません。
背筋を伸ばして、楽に抱っこできる姿勢で授乳しましょう。

姿勢が悪いと、お母さんの乳首トラブルにもつながります。
正しい姿勢で授乳し、赤ちゃんをおっぱいにしっかり密着させて、大きくあけた口におっぱいを深く含んであげることが大切です。

授乳時の抱き方は、交差横抱き・横抱き・フットボール抱きなどがあります。

いろいろな授乳の姿勢や体勢をためして、気持ち良い授乳を目指しましょう。

授乳するときに注意することは2つ


新生児に授乳するときに、気を付けたいポイントはふたつあります。

簡単なことなので、確認していきましょう。

1:授乳前には鼻のチェック

授乳時に赤ちゃんの鼻が詰まっていると呼吸がしづらくなるので、苦しそうに飲むことも。

鼻水や鼻くそをとってあげてから授乳してください。

お母さんのおっぱいでふさがってしまう場合は、お母さんの手でおっぱいを少し抑えてあげて、赤ちゃんの鼻から空気が入るようにしてあげてください。

2:飲み終わったらゲップをさせるとOK

哺乳瓶で飲ませる場合はとくに、母乳やミルクと一緒に空気を飲んでしまいがちなので、授乳後には必ずゲップをさせましょう。

縦抱きにして背中を下から上に優しくさすってあげると、空気が上がってくるのでゲップが出てきやすいですよ。

授乳のあとゲップをうながしてもしないときがありますが、赤ちゃんが苦しそうにしていなければ心配しすぎなくて大丈夫です。

母乳だと空気を飲み込むことが少なく、ゲップをあまりしないこともあるため、様子を見ましょう。

授乳を通して親子の絆を強くしよう


授乳量や授乳間隔については、赤ちゃんによって飲む量やタイミングなどが違うため、ママの悩みも人それぞれです。

ママにとっても初めての授乳の場合、なかなかうまくいかなくて不安になることもあります。

不安な場合は自己判断せず、小児科の医師や助産師にアドバイスをもらいましょう。

今の時期しかできない授乳を通して、ママと赤ちゃんの絆を強くしていってください。

出典:京阪神エルマガジン社「ちょっと理系な育児 母乳育児篇」

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...