こども服作家直伝!100均手作りベビーグッズ&小物6選

ハンドメイド大好きブロガーのおめぐです!

息子のために服や小物を手作りすることが大好きで、minneやInstagramでは、こども服作家としても活動しています。

妊娠や出産を機に、手作りグッズにチャレンジしてみたい、という方も多いのではないでしょうか。

「ハンドメイド初心者だけど、簡単に作れるベビーグッズはあるかな?」
「今すぐ何か作りたい気分だから、手軽に手に入る材料で手作りしたい!」
そんなときは100均グッズを使ったハンドメイドがおすすめです!

今回は、100均アイテムを使って簡単にできる、ベビーグッズ&小物の作り方を6つご紹介させていただきます。

100均商品で手作りできるベビーグッズ&小物6選

私は欲しいものがあったら、まずは「家にあるものや手軽に手に入る材料で作れないか?」と考えています。

そんな中で生まれた手作りアイテムの中から、100均アイテムで作れるベビーグッズ&小物を紹介します。

タオルハンカチで作るよだれカバー

材料

  • タオルハンカチ(20×20センチくらい)
  • マジックテープ

作り方

タオルハンカチの表と裏の片端に、マジックテープを縫い付けます。
縫い付けるときは、マジックテープの端から2mm程度の箇所をぐるりと1周縫います。

お好きなタオルハンカチに、マジックテープを縫い付けるだけで完成する、よだれカバーです。
リバーシブルでも使えます。

マジックテープにはアイロン接着できるタイプのものもありますが、タオル地には接着しにくいため、縫いつけタイプがおすすめです。

15分ほどで完成するので、洗い替え用にぜひたくさん作ってください!
赤ちゃんのよだれで汚れがちな抱っこ紐やチャイルドシート、ベビーカーのベルトをいつも清潔に保つことができます

リース台でオリジナルメリー

材料

  • リース台(今回は発泡スチロール素材のものを使用)
  • お好きなモチーフ(はぎれやフェルトで作ってもOK)
  • レースや毛糸、ひも

作り方

  1. リース台に毛糸やはぎれを巻き付けます。
    今回は、細長く切ったはぎれを巻き付けました。
     
  2. リース台の3箇所にヒモを結び、それを1つにまとめ、頂点にぶら下げ用の輪っかを作ります。(今回は100均の毛糸を使用しました。)
     
  3. お好きなモチーフをぶら下げて完成!
     

メリーからぶら下げるモチーフは、ハギレやフェルトを使ってお好きなものを自作しても良いですし、100均の造花などをぶら下げても可愛いです

私は海のいきものが大好きな息子のために、家にあったハギレやダイソーのラッピングコーナーで手に入る「ひきそろえ糸」を使用して、クラゲを作りました。

今回は発泡スチロール素材のリース台を使用しましたが、ツルでできた定番のリース台をそのまま使用してもオシャレですね。

みなさんのアイデアでオリジナルのメリーを作ってみてください

手ぬぐいで簡単!お食事スタイ

材料

  • 手ぬぐい
  • レースやひも(70cmくらい)

作り方

  1. 手ぬぐいの表を外側にして半分に折り、端を縫う。
     
  2. 縫った方を上に向けて15cmほど折り、写真の白い線のようにぐるりと縫う。
     

  3. 袋状になった部分をひっくり返す。
    ひっくり返すことでポケット部分が少し浮き上がり、食べこぼしをキャッチしやすくなります。
     
  4. ひも(ゴムやレースでもOK)を通して完成!
    ひもを通すときは「ひも通し」を使ってください。
    100均の手芸コーナーで手に入りますよ。
     

ふつう布小物を作る際には、生地を切った箇所がほつれてこないように、切り口を内側に織り込んだり、ミシンでジグザグに縫うなどの「端処理」が必要です。

今回は手ぬぐいを切らずに使用することで、「端処理」が要らず、より簡単にソーイングを楽しむことができるようにしています。

縫うところも少ないので、手縫いでも作ることができますよ。

好きな柄で作る、手ぬぐいキャミソール

材料

  • 手ぬぐい
  • ゴム(赤ちゃんの胸囲+5cm)
  • 肩ひも用のレースやリボン(20cmくらい×2本)

作り方

  1. 手ぬぐいの表を内側にして半分に折り、端から1cmの箇所を縫う。
     
  2. 上側を3cm折り、オレンジの線の箇所を縫う。
    このとき、ゴム通し口を2~3cm開けておく。
     
  3. ゴムを通しゴムの両端を1.5cm重ねて縫う。
  4. 肩ひものレースを縫い付けて完成!

ゴムの長さは赤ちゃんの体に合わせて調節してください。
赤ちゃんの胸にぐるりとメジャーを当てて計測します。

肩ひもに使うレースやリボンは、やさしい肌ざわりのコットンのものがおすすめです。

手ぬぐいキャミソール作りのポイントは、「横向きにしても可愛い柄の手ぬぐいを使うこと」です!

お好みでキャミソールの裾にレースを縫い付けても可愛いですね。

夏は1枚でお部屋着に。
冬は重ね着でおしゃれを楽しんでください。

記念写真にぴったりのベビーヘアバンド

材料

  • レース(40cmくらい)
  • 平ゴム(8cm)
  • お好きなモチーフ

作り方

  1. 写真のようにレースと平ゴムを輪にして縫い合わせる。
     
  2. モチーフを好きな位置に縫い付け、完成!

髪が短い赤ちゃんにも使えるベビーヘアバンドは、記念写真にもぴったりです。

赤ちゃんは頭にレースを巻いただけでも本当にかわいい!

なのでモチーフは小さめのお花を1つだけ編んでつけてみましたが、もっと大きなモチーフをいくつかつけても素敵です。

レースの長さは赤ちゃんの頭の大きさに合わせて変えてください。

ストレッチタイプのレースを使えばもっとやさしくフィットするので、アクセサリーの苦手な赤ちゃんもつけることができるかもしれません。

プラバンにお絵かき!さかな釣りおもちゃ

材料

  • プラバン
  • 磁石
  • 油性マジック

作り方

  1. プラバンに好きな魚を描きます。
    オーブンで焼くと1/4ほどの大きさに縮むため、大きめに描きましょう。
     
  2. 描いた魚をはさみでカットします。
  3. アルミホイルの上にプラバンを載せ、オーブンで焼きます。
    詳しい焼き方は、各プラバンのパッケージの説明にしたがってください。
  4. 焼きあがったプラバンに磁石を貼り付け、完成!

水に浮かべて遊ぶこともできる、プラバンの魚釣りおもちゃです。

我が家は別の魚釣りパズル用の釣り竿があったため、そちらを使用しましたが、ない場合は別途釣り竿を制作してください。

割りばしから糸を垂らし、その先に磁石をつければOKです。

磁石は平たいものならなんでもOKですが、強力すぎると釣り竿から離すのが大変になってしまうので注意してください。

写真で使用したようなシートタイプのものも便利です。

100均アイテムでオリジナルのベビーグッズを手作りしよう

100均アイテムを使った6つの手作りベビーグッズをご紹介しました。

自分の好きな材料で、自分流にアレンジしながら作ることができるのがハンドメイドの良いところです。

100円ショップにはたくさんの手芸グッズや、リメイクを楽しめるアイテムがたくさん販売されています。
ハンドメイド初心者さんでも、100均アイテムなら気軽に手作りにチャレンジできますよね。

みなさんもぜひこの記事を参考にしつつ、オリジナルのアレンジを楽しんでください。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...