ねんね期は遊べない?今ならではのおもちゃはなにがいい?成長を促すポイントは?

ねんね期に、ごろんと転がっている赤ちゃんはとってもかわいいものです。
生後1ヶ月をすぎるころには、ママの動きを目で追ったりとかわいい仕草を見せてくれます。

しかし、生後5ヶ月ごろになると多くの赤ちゃんが寝返りをし始めるので、ねんねの時期は本当にわずか数ヶ月です。

そんなねんね期に、知っておきたい基本情報をお伝えします。

また、ねんね期ならではの過ごし方として、ママと赤ちゃんが触れあえる遊び方をご紹介します。

すぐに実践できるゲームや、オススメのおもちゃもお伝えするので順番にみていきましょう。

ねんね期とは

おしゃぶりしている新生児

ねんね期とは、赤ちゃんが寝がえりを自分で打てるようになる前の時期をさす、成長段階に応じた呼び名です。

成長には個人差はありますが、生後0~4ヶ月ごろの赤ちゃんをいいます。

ほかにも「おすわり期」「ハイハイ期」のように、赤ちゃんができる行動に合わせた、成長時期の呼び方があるのです。

ねんね期とは、生後すぐから寝がえりを打てるようになるまでの、短い期間を指します。

では、ねんね期はどのように過ごせばよいのでしょうか。

ねんね期の生活リズムは?

ねんね期の生活リズムは不規則です。
授乳間隔が頻繁で、睡眠時間も長く寝る子がいたり細切れで寝る子がいたりと個人差があります。

寝る・ミルク・泣くが延々と繰り返される毎日のお世話で、体力的につらさを覚えるママもいるでしょう。

ねんね期は赤ちゃんに昼夜の区別がなく、睡眠時間もまとまっていません。

ねんね期の赤ちゃんの近くには危険なものを置かない

ねんね期の赤ちゃんの近くには、危険なものを置いてはいけません。

赤ちゃんは、自力で危険から逃げることができないのです。

顔の近くにぬいぐるみや厚い布団などがあると、窒息事故の原因になる可能性もあります。

また、硬い角のある家具が近くにあると、赤ちゃんが動いて頭や手足を当てたりしてケガをすることもあるので、危険です。

ベッドや布団まわりの収納には、やわらかい布製の収納ボックスなどを使いましょう。

ねんね期の赤ちゃんの近くには、危険なものを置かないよう気をつけてください。

ねんね期の赤ちゃんはどういう成長段階

ねんね期は自分で動くことができず、寝転がっていることが多い時期です。
しかし赤ちゃんは日々成長しています。

生後1~2ヶ月の成長は?

1~2ヶ月ごろになると、少しずつ体の筋肉が発達し、徐々に首すわりの兆候がみられます。
まだ完全に首がすわる時期ではないので、抱っこをするときはしっかりと支えましょう。

また、「あっ」「うー」など母音だけを発するクーイングも始まります。

生後3~4ヶ月の成長は?

3~4ヶ月ごろになると、腰をひねったり体を反らせたりして寝がえりの練習が始まります。

寝がえりができるようになったら、大人が見ていないところで寝がえりをして、ベッドから落ちるなどの事故がないよう対策が必要です。

徐々に、まるでおしゃべりをしているような、喃語(なんご)もみられるでしょう。

このような日々の変化をサポートするために、大人が子どもに接することが大事です。

ねんね期の赤ちゃんとの接し方は?

ベビーサークルの中のおもちゃと赤ちゃん

ねんね期の赤ちゃんには、積極的に話しかけしましょう。

ママの声というのは、どんな音楽よりも赤ちゃんが安らぐものです。

たとえ意味がわからなくても、ママの楽しそうな声を聴くことで、赤ちゃんはケラケラと笑うことがあります。

個人差がありますが、赤ちゃんが表情をあらわすようになるのは、だいたい生後2ヶ月を過ぎたころです。

新生児期はママが見ても「どんな感情を持っているんだろう…?」と疑問に思うかもしれませんが、赤ちゃんは周りの様子や感情、言葉などはしっかりと受けとっているはずです。

「まだわからないから…」と言わずに、ねんね期の赤ちゃんに、しっかりと話しかけてあげましょう。

ねんね期にオススメのゲーム4選

よく笑っている赤ちゃん

ねんね期は、赤ちゃんの機嫌のよいときを選んで親子で遊びましょう。

ママパパの言葉や感情を感じとり、赤ちゃんも自然と楽しい気分になること間違いなしです。

とはいえ「どうやって遊べばよいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

すぐに試せる簡単なゲームをご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

1:物見せゲーム

物見せゲームは、身近にあるものを赤ちゃんに見せて、物の名前を教える遊びです。

見せるものは、身の回りにあるもの、なんでもOK!

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • スマートフォン
  • タオル
  • おむつ
  • 他にも身近なもの

「これなーんだ?」と繰り返し赤ちゃんに見せていくと、次第に「これなーんだ?」という言葉に反応するようになり、笑顔を見せてくれることも。

とくにタオルやティッシュなど、赤ちゃんが触れても大丈夫というものは手に握らせたり、肌に触れさせてあげましょう。

赤ちゃんの発達に必要な刺激にもなって、一石二鳥です。

注意点は、グッズを赤ちゃんのそばに放置しないこと

物見せゲームは、身近なグッズを使いますが、赤ちゃんの近くに放置しないように注意しましょう。

タオルなどを使って遊ぶ場合、赤ちゃんの顔にかかって取れなくなってしまうと、窒息のおそれもあります。

遊びの間は、必ず赤ちゃんのそばにいてください。

使い終わったタオルを、赤ちゃんの顔の横に放置することはやめましょう。

2:クッションゆらゆらゲーム

クッションゆらゆらゲームは、授乳用に使うU字型のクッションに赤ちゃんを乗せる遊びです。

クッションに赤ちゃんを乗せると、いつもの寝ている風景より目線が高くなるため赤ちゃんも喜びます。

  • クッションを抱えるように手を添えてゆっくり左右にゆらす
  • 歌を歌う

さまざまな触れ合いを楽しんでください。

授乳クッションは出産後はもちろん、妊娠中も役立つアイテムです。

妊娠中に「大きなおなかでなかなか寝られない…」というときに抱き枕として使えます。

授乳クッション以外にも赤ちゃんを寝かせたり、おすわり時期の転倒防止にも役立つのでひとつ持っておくと便利ですよ。

3:ゆらゆらちょうだいゲーム

ゆらゆらちょうだいゲームは、メリーを使った遊びです。

メリーについているおもちゃは、色とりどりの飾りがついていて、ゆらゆら揺れます。

赤ちゃんは興味を持ち、目でメリーを追いながら必死に手を伸ばします。

ベビーベッドに取り付けられるメリーや、プレイジムに付いている場合もあるので、お部屋にあったものを選ぶとよいでしょう。

ねんね期の赤ちゃんは、生後2~3ヶ月をすぎると次第に手をうまく動かすことができるようになり、そばにあるものを自分でつかみ始めます。

興味を持ったものを自分で触る感覚が刺激になるので、脳の発達に欠かせない遊びです。

4:からだにタッチゲーム

からだにタッチゲームは、赤ちゃんの体にちょんちょんと触るゲームです。

指でピアノを弾くように優しく、おなかや胸をちょんちょんと触るのがポイントです。

足先から触っていき、徐々に上半身まで触るとなんともいえないくすぐったさを感じますから、赤ちゃんも思わず笑ってしまうでしょう。

赤ちゃんは誰かに体を触れられることで、とても大きな刺激を受けます。

体に触れることは、赤ちゃんの脳への刺激につながるだけでなく、親子のスキンシップとしても大きな効果がありますよ。

ねんね期にオススメのおもちゃ3選

ここまでに紹介した遊び方で使えるオススメのおもちゃを紹介します。

6WAYジムにへんしんメリー

6WAYジムにへんしんメリー

6WAYジムにへんしんメリー

14,700円(08/24 00:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ W520×H500×D520mm
対象月齢 0歳0ヶ月~
製造国 中国

くまのプーさんのデザインで、男女、どちらの赤ちゃんに使えるメリーです。

子どもの成長に合わせて、ベッドメリー・フロアーメリー・ベビージム・お座りジム・つかまり立ちジム・ナイトランプの使用ができます。

高音質な音楽も聴けるので、音での刺激も与えられます。

ねんね期はベッドに取り付けて「ゆらゆらちょうだいゲーム」を楽しみましょう。

1歳ごろまで、長く使えるおもちゃがほしいママにオススメです。

タイニー ラブ メドウ デイズ ストローラー

サイズ W500×H320×D70mm
対象月齢 0歳0ヶ月~
製造国 中国

ベビーカーやチャイルドシートに、取り付けられるおもちゃです。

イチゴのミラーやお花のプロペラなど、さまざまなしかけで赤ちゃんの興味を引いて「ゆらゆらちょうだいゲーム」を楽しめます。

ビビットな色合いは、まだしっかり視力が発達していない赤ちゃんにとって、わかりやすく評判も高いおもちゃです。

取り付けはクリップ式で、アーチは前後調節ができるので便利に使えます。

外出先でも、赤ちゃんにご機嫌でいてほしいママにオススメです。

サンデシカ 妊婦さんのための 洗える抱き枕

サイズ W1200×H190×D200mm
製造国 日本

お腹の大きな妊婦さんの寝苦しさや、腰痛対策のためにつくられた抱き枕です。

寝つきやすい姿勢で抱くことができます。

産後も引き続き授乳クッションとして使えるので、長く使えるのがポイントです。

ご紹介した「クッションゆらゆらゲーム」で赤ちゃんとの遊びにも使えますね。

カバーの表面は綿100%なので、赤ちゃんの肌に優しいクッションを使いたいママにもオススメです。

ねんね期ならではの遊びで親子のスキンシップをとろう!

赤ちゃんとママ
「ねんね期の赤ちゃんは寝ているだけでつまらない!」と思っていたママパパもいるかもしれません。

しかし、ねんね期の赤ちゃんは、視線や手の動きでコミュニケーションやスキンシップを図れます。

また、赤ちゃんに声をかけたり体に触れることは、脳への刺激につながるといわれているのです。

ねんね期は、育児の中でも今の時期だけの貴重な時間。
子どもの一生を考えると、もうねんね期はやってきません。

今を大切に、親子で一緒に楽しんでくださいね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...