水天宮で安産祈願しよう!戌の日に行くのがいい?初穂料はどれくらい?

日本では昔から、赤ちゃんが無事に産まれてくるように、戌の日に安産祈願をおこなう風習があります。

なんとなく聞いたことはあるけれど、「いつ行くべき?」「祈祷の際の手順や作法は?」と、わからないことが多いものですよね。

今回は、年間を通して参拝者がたえない安産祈願の人気スポット・東京日本橋の「水天宮」ついて紹介します。

初穂料の金額やおさめ方、お参りの際の作法など、押さえておきたい情報をまとめました。

安産祈願はいつ行く?


昔から、犬はお産が軽く多産なことから「安産の守り神」と考えられており、それにあやかって暦の戌の日に安産祈願をおこなう風習が定着しました。

とくに縁起がよい日とされているのが、安定期に入る妊娠5ヶ月目の最初の戌の日です。

この日に、妊婦さんは岩田帯とよばれる腹帯を身につけ、神社やお寺で「帯祝い(おびいわい)」をおこないます。

岩田帯には、赤ちゃんが岩のように丈夫に育つようにという願いが込められており、これを身につけることで赤ちゃんの成長と安産を願うのです。

ちなみに現在の皇室でも、一般の帯祝いと同様の宮中儀式があります。

皇室では、妊娠5ヶ月目の戌の日に仮着帯(かりちゃくたい)をまとい「内着帯の儀」をおこない、9ヶ月目に紅白の絹帯を身につけ正式に「着帯の儀」として安産を祈願しています。

参照:中野文庫「皇子誕生式」

戌の日っていつ?

戌の日は、十二支の11番目にあたる日で、12日ごとに巡ってくるため、月に2~3回あります。

なかでも、「大安」や「土日祝日」に重なった戌の日はとくに人気です。

縁起のよい日にご利益をあやかりたいと願う妊婦さんや家族連れで、有名な神社やお寺は行列ができるほど混みあうこともあるでしょう。

さらに、12年に一度の戌年と、戌の月(11月)・戌の日が重なった日は「大戌」と呼ばれ、非常に縁起がよいとされています。

また、戌と同じくお産が軽い猿や鳥にあやかる地域もあるので、お住まいの地域の風習を調べてみるとよいでしょう。

安産祈願は365日いつでもOK!

水天宮では戌の日に限り、その日の朝に宮司さんがお祓いをした腹帯(御子守帯)をもらえます。

そのため、戌の日に安産祈願をおこないたいと考える方が多く、普段に比べてとくに参拝者が増える傾向にあるようです。

しかし、必ずしも戌の日に祈願しなければならない、というわけではありません。

たとえば、戌の日が仏滅と重なった時など、安産祈願に行くべきか迷う方もいるでしょう。

一般的に神社は、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)とは、あまり関係がないといわれています。

最近では、戌の日に自宅で帯祝いをおこない別な日に神社に安産祈願へ行く方や、妊婦さんの体調を優先してお参りする日を決める、という家族も増えています。

お日柄にこだるかどうかは人それぞれですが、多くの神社やお寺では365日安産祈願をおこなっているので、基本的にはいつ参拝しても構いません。

参照:大野湊神社「社務日誌」

水天宮はどうして安産祈願で人気なの?


江戸時代から安産の神として知られる水天宮は、年間を通して安産祈願や子授け祈願、お宮参りなどの参拝者でにぎわう人気スポットです。

2016年に完成した新社殿は、広々とした待合室やスロープがあり、妊婦さんに優しい空間づくりがされています。

水天宮はどんな神社?

引用:全国総本宮水天宮

総本山は、福岡県久留米市の水天宮です。

東京の水天宮は全国にある分社のひとつで、久留米の水天宮と同様に、日本の神々の祖先ともいわれる「天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」を含め、4つの神様が祀られています。

その昔、拝殿にさげられていた鈴のひも(鈴の緒)をいただいた妊婦がそれを腹帯としたところ、非常に安産だったという言い伝えがあり、「水天宮の腹帯を身につけると安産になる」と口づてに広まったそうです。

水天宮の基本情報

住所 〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
電話番号 03-3666-7195
アクセス 東京メトロ半蔵門線「水天宮前」5番出口徒歩1分、東京メトロ日比谷線「人形町」A1出口徒歩6分、都営地下鉄浅草線「人形町」A3出口徒歩8分、都営地下鉄新宿線「浜松町」A2出口徒歩12分
※境内の1階および地下に有料駐車場あり
ホームページ http://www.suitengu.or.jp/
受付時間 午前8時~午後3時半(戌の日は午後4時)
※祈祷は午前9時から
予約の有無 不要

参照:水天宮「水天宮のご祭神」
参照:東京木材問屋協同組合「文苑随想」

安産祈願の手順や知っておきたいことは?


安産祈願は、実際にどのような流れで進むか確認しておきましょう。

安産祈願の流れ

水天宮の場合、祈祷は予約制ではありません。

当日に受付をおこない、次のような流れで祈祷をおこないます。

祈祷の流れ

  • 神札所で受付し、初穂料(はつほりょう)をおさめる
  • 授与品をいただき、順番を待つ
  • 順番が来たら本殿に移動し、宮司が祝祷(しゅくとう)・祝詞(のりと)をおこなう

祈祷時間は1回15分程で、戌の日など人が多い日には、20~30人ずつ案内されることもあるようです。

そして、赤ちゃんが無事に産まれたら、神様に報告と感謝を伝えるための「お礼参り」をしましょう。

いつまでにという決まりはありませんが、出産後1年以内を目安にお参りし、安産祈願の際にいただいたお守りを返すのが一般的です。

参照:水天宮「ご祈祷の手順」

参拝の作法

また、祈祷へ向かうまでの作法も、神聖な神社では大切なものと考えられています。

正しい作法を覚えて、水天宮の境内にある、「子宝いぬ」や日本七福神のひとつ「中央弁財天」などを回りながら、参拝を楽しむのもよいでしょう。

参拝の作法

  • 鳥居の前で軽くおじぎをする
  • 参道を歩く際は、真ん中を避けて歩く
  • 手水舎(てみずや)で手と口を清める
  • 拝殿の前で参拝を紹介、神札所へ向かう

参照:東京神社庁「参拝の作法」

待ち時間はどれくらい?

通常は20~30分程度で案内されることが多いようですが、戌の日は、時間帯によっては2~3時間待ちという場合もあるようです。

受付開始の9時ころや終了時間前は、比較的混雑が少ないという口コミもあります。

また、その日の混雑状況や待ち時間などを確認できる水天宮の公式ツイッターを事前にチェックするのもオススメです。

過去の記事も参考にしながら、ママの体調も考慮してベストなタイミングを選びましょう。

参照:水天宮公式ツイッター

家族も一緒に祈祷してもらえる?

戌の日は、拝殿に上がり祈祷を受けるのは、妊婦さん(または代理人)のみとなっています。

その間、パパや家族は境内や待合室で待機しましょう。

ただし、戌の日以外は、混んでいなければ付き添いの家族も一緒に昇殿できます。

パパや家族も祈祷受けたいという場合は、戌の日以外でお日柄のよい日を選ぶとよいでしょう。

参照:水天宮「よく寄せられるご質問」

初穂料の金額は?

祈祷のときに支払う料金のことを初穂料といいます。初穂料は、神様へのお供えとしておさめるお金です。

神社やお寺によって金額やおさめ方が異なりますが、水天宮の場合、祈祷料とお守り代(希望する場合)を合わせた金額初穂料としておさめます。

  • ご祈祷料:8,000円
  • 御子守帯(みすずおび):4,000円
  • 小布守帯(こぎれおまもり):3,000円

水天宮では、腹帯そのものを安産御守としています。

お守りが欲しい場合は、さらしの腹帯である「御子守帯」、または自分の腹帯に縫いつけるタイプの「小布守帯」のどちらを希望するか、受付で伝えましょう。

腹帯は、赤ちゃんを衝撃から守るためだけでなく、ママの冷え予防にも効果的です。

ただし、病院によっては腹帯の着用をすすめない場合があるので、心配なときはかかりつけの産婦人科で相談しましょう。

参照:水天宮「安産御守・御子守帯」

初穂料はのし袋でおさめるべき?

水天宮では、初穂料は現金でもおさめられますが、のし袋を用意しておくほうが丁寧でしょう。

のし袋の選び方も迷うところです。

正式には「紅白白蝶結びの水引」がよいとされていますが、簡易なのし袋でも問題ありません。

表書きは「初穂料」、その下には妊婦さんの名前を記入しましょう。

また、のし袋はむき出しではなく、帛紗(ふくさ)に包んでいくとより丁寧です。

参照:大阪府神社庁「のし袋のなぜ?」

安産祈願に行く時の服装は?

安産祈願に行くときの服装に、決まりはありません。

一般的に、女性はややフォーマルな普段着、男性はスーツの方が多いようです。

境内までは歩く距離も長いので、高いヒールや着脱しにくい靴は避け、動きやすい服装を心がけましょう。

また、安定期に入ったからといって油断せず、寒い時期は身体が冷えないように、暖かい服装で出かけましょう。

安産祈願はママの体調に合せて行こう


安産祈願は、赤ちゃんのためにおこなう、はじめての儀式でもあります。

地域の神社でお参りするのもよいですし、今回紹介した水天宮に行ってみるものもよいでしょう。

ただし、参拝の際に一番大切なのはママの体調です。

身体に負担がかからないように、家族で話し合って日程や行く場所を決めましょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...