漫画「初めてのベビースイミング体験レポ(後編)」(オキエイコ)

前回につづいて、準備運動を終えてついに実際にプールに入っていきます!

初めてのプール、そして同じくらいの子どもたちに、娘も未知への興味と怖さなのか固まってしまう幕開け。

一体どうなる?!私たち!

<前回の記事>
初めてのベビースイミング体験レポ(前編)

結構ハードなプログラム

慣れてきたところで、さっそくプログラムがスタート。
ママが抱っこした状態で、先生の指示通りの動きをします。

赤ちゃんが泳いでるように並行でもって進んだり、ママのお腹の上に乗せて背泳ぎみたいにさせたり。

娘が一番気に入っていたのは、水面から一気に「たかいたかい」する体操。

きゃはきゃは笑って本当に楽しそう。スイミング来てよかった…

それだけで感無量なわけですが、そこで先生が
「ハイ、じゃあこれを回りながらあと10回!」と言いました。

「え? ちょっとハードすぎやしませんか?」

これ、水中とはいえすべてママは赤ちゃんを抱っこしながらプログラムをこなすので、相当腕に来ます。

ましてや水面から一気に上げるたかいたかいは、相当重力を感じるハードな合わせ技です。

これを10回て!体育2の私には試練すぎる!!

そうなんです。ベビースイミングとは、産後のママのトレーニングプログラムでもあるんです…。

後半はリラックスタイム

こんな調子で1時間大丈夫かな?!と心配になってきた私でしたが、後半はプール内でボール遊びしたり、大きなビート板みたいなものでトンネル作ってくぐったりと、遊びモード。

ああ、よかった。救われた。

この遊びモード、結構知育も兼ねていてよかったです。

プールに100個くらいの大量なミニボールと浮かぶタイルを投げ込んで、「丸いタイル探してきてー」「赤いボール集めようー!」と、お題を出して集めたり。

実質親が指示してそれを赤ちゃんに取らせるわけですが、常連の子は自分で指定の物を探せていたので、数をこなす事で頭に入っていくんだなと感心しました。

親としても、単純に楽しかったです。宝探しをしているみたいで。

そうこうしているうちに残り10分。
10分前にはホイッスルが鳴って、もう上がるのかな?と思ったら、子どもたちの顔がキラキラ!!
ん?何か始まるの?
と思ったら、先生がたくさんのおもちゃを持ってきて、プールの階段部分に並べました。

そうか、この時間が子どもたちにとってはお楽しみなのか。

子どもたちが浅瀬で夢中になっている間、親たちもリラックスして雑談モード。

うちの娘も、1歳半くらいのお姉さんにジョウロを貸してもらって、ご機嫌に遊んでいました。

体験を終わってみて

1時間の体験を終え、私はそのまま入会しました。

予想外に疲れたけど、それ以上に子どもが楽しそうにしてくれたのでこれは入るしかない!と思い決断。

そしてもう一つ、先輩ママさんが口をそろえて言っていたのは「よく寝るようになる」という事!

半信半疑で聞いてましたが、プール出た瞬間、着替えながら寝た娘。
これは…本物だ…!

そんなこんなで入会し、1歳で保育園に入るまで週2ペースで通いました。

0歳のうちは外に出るのが億劫になってしまいがちですが、思い切ってベビースイミングに通ってよかったと思います!
以上、私と娘の初めてのベビースイミング体験レポでした!

育児・子育て

漫画「知ってた!?シラミって夏だけじゃないんだよ!【前編】」(ちゅいママ)

pickup

【1日あたり96円】毛穴が消えた「特許取得」コスメって?

NEW

育児・子育て

漫画「クリスマス間近!小学2年の娘のプレゼント要求が高くなってきた!」(丸本チンタ)

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...