【男の子のお宮参り】やり方や服装は?ルールはある?

赤ちゃんが産まれてからはじめての大きなお祝いがお宮参りです。

とくに赤ちゃんが第一子の場合、ママや家族にとってもはじめての行事なので、どうやって行うものなのか知らない人も多いでしょう。

今回は男の子のお宮参りについて、やり方やマナー、服装を紹介します。

男の子と女の子で違いがあるので、この記事で事前にしっかりと確認して、思い出に残るお宮参りにしてください。

お宮参りとは


お宮参りとは、赤ちゃんが無事に産まれたことへの感謝と、健やかな成長を願う行事です。

もともとは赤ちゃんが氏神(うじがみ)さまや産土神(うぶすながみ)さまなど、その土地の神様に参拝して新しい氏子として祝福を受ける意味と、お産の忌明けの儀式だったといわれています。

お宮参りについて、詳しくは下記の記事をご覧ください。

基本的には地域の神社でお宮参りをしますが、最近では嫁ぎ先ではなく母親の地元の神社や有名な神社で行う人も増えているので、どこの神社を選んでもよいでしょう。

赤ちゃんはまだ外出に慣れていないため、神社に休憩できる場所があるか確認しておくと安心です。

お宮参りの時期は男女で違いがある?


一般的に産まれてから約1ヶ月後がお宮参りを行う目安とされていますが、性別によって違いがあります。

  • 男の子:生後31、32日目
  • 女の子:生後32、33日目

地域によって差があるため、嫁ぎ先の地域がいつお宮参りを行っているのか確認するのがよいでしょう。

ママと赤ちゃんの体調に合わせた日取りが一番

お宮参りの時期には目安があるものの、必ずしも決まった時期に行く必要はありません。

暑い時期や寒い時期に産まれた子であれば気候がよくなってから行ったり、ママや赤ちゃんの体調、家族の都合で先に延ばすこともあります。

またお宮参りの日程は、日取りがよいとされる大安や戌の日が人気のようですね。

ただし一般には大安や仏滅といった六曜は気にしなくてもよいといわれています。

参列する人全員が気持ちよく集まれる日に行えばよいので、意見を聞いた上で柔軟に考えましょう。

男の子はどんな服装をすればよいの?


はじめてのお宮参りでは、なにを用意してあげたらよいのか戸惑うことも多いでしょう。

とくに服装については、選び方や用意の手順など、多くの人が悩む部分です。

正式にはお宮参りで子どもは和装を着ますが、最近では和装以外でお祝いするケースも増えていますよ。

祝い着は母方の祖父母が用意することが多いので、家族みんなで晴れ着を選ぶと楽しいですね。

また写真スタジオなどで服をレンタルすることも可能ですので、一度検討してもよいでしょう。

お宮参り、男の子の正装は?必要なものまとめ

お宮参りの正式な服装は、男の子も女の子も肌着の上に白羽二重(しろはぶたえ)の内着を着せて、その上に祝い着を掛けてあげます。

内着までは男女とも同じですが、祝い着の柄や色は男女で異なります。

正装をする際に必要なものは、下記の通りです。

  • 白羽二重
  • 祝い着
  • よだれかけ(スタイ)
  • 大黒帽子(だいこくぼうし)
  • 肌着
  • 小物

それぞれのアイテムについて、気を付けたいことについて確認しておきましょう。

白羽二重

白羽二重とは、真っ白な絹の生地でつくられた、祝い着の下に着せる内着のことです。

柄によっては、子どもが病気をせず健やかに成長してほしいという親の願いが込められています。

良質な糸を使って織られているため、よそ行き着や礼服としても使用される高価な着物です。

祝い着

祝い着とは、お宮参りの際に赤ちゃんに着せる華やかな着物で、「産着(うぶぎ)」や「初着」とも呼ばれます。

男の子の正装は紺色掛け着や黒羽二重に熨斗目模様(のしめもよう)で五つ紋付(父方の家紋を背中・両袖の外側・両胸に1つづつ、合計5コ入れる)が主流です。

柄は、鷹・松・兜・鶴・龍・武者など男らしいものが人気で、色は黒・紺・紫・白・緑・シルバーがよく使われます。

祝い着は掛けて使用するので、サイズを気にする必要はありません。

よだれかけ(スタイ)

よだれかけを着ければ、大切な祝い着をよだれから守ることができます。

男女とも白色で刺繍やレースが付いたものが人気なようです。

よだれかけは予備を用意しておくと安心でしょう。

大黒帽子(だいこくぼうし)

和装の白い帽子を大黒帽子といいます。

生後1ヶ月ほどの赤ちゃんは外出に慣れていないため、外気の変化は刺激が強いです。

赤ちゃんの肌を紫外線から守るのはもちろん、冬には寒さ対策にもなります。

肌着

季節に合わせて短肌着や長肌着などを用意しましょう。

春・秋の肌寒い季節は長肌着、冬は2枚重ねてもよいですが、厚着させると体温調節が難しくなってしまいます。

あえて肌着は薄めにし、上から羽織ることで調整する方法も。

夏は着物の下を短肌着のみにすることが多いようです。

その場合、冷房が効いている室内では寒くなってしまうので、タオルなどを持参して調節するようにしましょう。

小物

地域や季節に応じて小物が必要になる場合があります。

  • 靴下(季節に応じて)
  • おくるみ(季節に応じて)
  • 奉納扇子・犬張子・でんでん太鼓・紐銭などの祝い着の紐に結びつける小物(地域によって異なります)

着物じゃなく洋装を着せてもよい?

最近では、白羽二重の内着は用意せず、ベビードレス(セレモニードレス)を着せて祝い着をかけるのが一般的になってきました。

また祝い着を使わずに、ロンパース(ベビードレス)にケープをかけるなど、着物を一切使わずに参拝する人も増えてきています。

羽織付きであれば和風な印象になりますし、タキシード風なら結婚式やお誕生日などのフォーマルな場でも着られるので便利ですよ。

夏の暑い時期なら、半袖のツーウェイオールを着てもよいですね。

お宮参りのルールってあるの?


お宮参りは、正式な風習では父方の祖母が赤ちゃんを抱いてお参りするのが一般的です。

しかし現在では、パパママと赤ちゃんの3人だけで参列するなど多様化しており、家族のだれが赤ちゃんを抱いてもよいとされています。

お宮参りの流れは以下の通りです。

  1. 神社の鳥居をくぐり、軽く会釈する
  2. 境内の手洗い場で手を洗う
  3. 神前に進む
  4. お賽銭を上げ、鈴を鳴らし、2礼する
  5. 大きく拍手を2回打ち、最後に1礼する
  6. 御祈祷がある人はその後御祈祷へ向かう

神社で神主から祝詞(のりと)とお祓いを受けて、初穂料(はつほりょう)を収め、健やかな成長を祈願するのが一般的な流れですが、参拝をするだけでも問題はありません。

お宮参りのあとは、お赤飯をたいたり、お店で両親や両家の祖父母などが一緒に食事をする家庭が多いようです。

初穂料ってなに?

神社へのお礼として渡すのが初穂料です。

祝儀袋の書き方ですが、上段に「御初穂料」または「御玉串料」と記入しましょう。

下段には赤ちゃんの名前を記入します。
名前にはふりがなをふっておくとよいでしょう。

初穂料の相場:5,000円~10,000円

上記が初穂料の相場となっていますが、神社によっては金額を決めているところもあるため、事前に確認しておくと確実ですね。

正式には父方の祖父母が負担するものですが、最近は両親が負担することも増えているようです。

思い出に残るお宮参りにしよう


赤ちゃんにとってはじめての大きなお祝いですが、生後約1ヶ月頃はまだ外出に慣れていません。

直射日光は避け、適度に休憩を挟みながらできる限り短時間でお宮参りできるよう心掛けましょう

生後1ヶ月頃に実施できない場合は、写真撮影のみ生後1ヶ月ほどで行い、お宮参りは後日行うという手段もありますよ。

時期や体調を考えて、天候がよくムリのないときに家族みんなでお祝いしてください。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...