漫画「ぐずったときに、クスっと笑っちゃった日」(野原のん)

こんにちは!野原のんです。

先日11月25日、語呂合わせで「いい双子の日」だったって知っていますか?

私は双子ママ経由で知り、せっかく双子がいて双子の日を迎えるなら何か残したいな…と思ったのですが時間だけが過ぎていき…。

子ども達が全員揃っている休日は、やっぱり絵を描く時間がない…。

でも、「いい双子」と言うか双子で良かったエピソードはたくさんあるので、そのうちの1つを…!

双子でよかった…

イヤアアアアア
笑っちゃったわ(笑)。

イライラしてしまいそうな場面で笑わせてもらい、一気に気持ちが軽くなりました〜!!

泣きたいなら、泣きたいだけ、泣け泣け〜い!!(笑)

この後、閉められたことに驚いて急いで開けて出てきました。

そして閉めた張本人はケラケラと笑っていて、閉められた方もいつのまにかケラケラ。

見事に、ご機嫌復活!

一対一で激しくグズり手がつけられない状態だと、どうしても気持ちの余裕が無くなり、イライラしてしまっていた過去…

3、4人目というのもあるのかもしれないけれど、やっぱり同年齢の小さな子2人っていうのは癒しの塊!

2人で絡む行動ひとつひとつが、クスッとしたり微笑ましかったり

2人居れば当然思わずため息が出てしまう、そんな場面も2倍3倍ありますが楽しさは2乗3乗。

そんな、うちの双子でよかったエピソードでした!

<野原のんさんのほかの記事>
漫画「恐怖の妊娠線」(野原のん)