漫画「揺れる妊活~期待とガッカリの間で~」(ぺぷり)

こんにちは、ぺぷりです。

おませな6歳娘と、自由人の4歳息子を育児中のズボラ母です。

ありがたいことに、「赤ちゃんの部屋」で育児漫画を描かせていただけることになりました。

どうぞよろしくお願いします。

妊活中は、妊娠初期症状にすごく敏感!

ちょっといつもと違う症状が出ただけで
「これはまさか妊娠したんでは・・・?」
とすぐに妊娠に結び付けて考えるてしまうのが妊活中。

体がだるい(ような気がする)とか、吐き気がする(ような気がする)とか、いつもとちょっと違うかんじがすと、ついつい期待してしまい検索魔になってしまいます。

ただ、妊娠初期症状が出てくる時期と、生理の時期って同じくらいなうえに、両方とも似たような症状であることが多く、結局真相はわからないまま鬱々してしまうという・・・。

それでも、妊娠を待ち望んでいるときは、ちょっとした体の変化に一喜一憂してしまうものです。

海外製の安い妊娠検査薬を大量に買い込んで、生理予定日より少し前から(フライングで)毎日のように試す日々

漫画「揺れる妊活~期待とガッカリの間で~」(ぺぷり)

目の錯覚かもと思うほどの薄い線を見て有頂天になり、段々濃くなる妊娠判定に心躍り、ちょっと薄い気がするときは「もしかして、流産・・・?」と絶望し、また濃くなった線に涙し・・・

また、妊活中って妊娠のことばっかり考えているから、産婦人科で妊娠確定するまでの間がすごくすごーく長く感じるものです。

あまりに早く産院にいって、胎嚢が見つけられずまた一週間後になるともっとやきもきしてしまうので、ある程度妊娠確定の出やすい妊娠6週目の日をスケジュール帳に記載して、その日をまだかまだかと待ち望んでいました。

それまでに生理がこないかヒヤヒヤしつつ、ちょっとした体調の変化を楽しんでいました。

ずっとずっと妊娠のことを考えているからから、なんでも妊娠に結び付けてしまう妊活期ではありますが、実際に妊娠した夢を見た時にゃ、「きっと私みたいなタイプが想像妊娠するんだろうな~・・・」と思いました。

期待して、落とされて、泣いた日も度たびありました。

でも、ワクワクヒヤヒヤしながら待つこの特別な期間は、今になって考えるとそれはそれで楽しかったりしたものです。

<おすすめの記事>