アロマ&ハーブセラピストが解説!妊婦さんでも楽しめるアロマ10選

アロマ&ハーブセラピストのジュンです。

心身ともに不安定になりがちな妊娠期、そして産後。
アロマは、デリケートな時期の女性を支えるのに最適です!

「でも、アロマって何を選べばいいの?」
「妊娠中は使っちゃダメって聞いたけど…」
「いろいろ揃えなきゃいけないんでしょ?」
などなど、不安を感じる方もいるでしょう。

私自身、実は二児の母です。
妊娠中から出産時、産後にも子育てにも、アロマを活かしています。

そんな経験を踏まえたセラピストだからこそお伝えできることをまとめました。

妊婦さんには使用OK・NGのアロマがある

アロマテラピーは元々、そんなに難しいものではありません。

ですが、妊娠中に楽しむために、最低限知っておかなければならないことがあります。
それは、妊娠中に使用してはいけないアロマがあるということです。

これだけは押さえておきたいというポイントをまとめました。

妊娠中は使用NGのアロマ

妊娠中禁忌(きんき)とされているアロマは多数あります。
今回は店頭でよくみかけ、使われることが多いという観点で絞りました。

  • ペパーミント
  • クラリセージ
  • ジャスミン
  • レモングラス
  • ゼラニウム
  • ローズマリー
  • スイートマジョラム
  • パチュリ
  • ローズ
  • ミルラ
  • サイプレス
  • ジュニパー
  • サンダルウッド

アロマには、子宮の働きを活発にしたり、女性ホルモンに働きかける作用があるものもあります。

そのため妊娠していない時期は、ホルモンを安定させたり、生理周期をととのえるのに役立ちます。

しかし妊娠中は子宮を収縮させ、切迫早産などの原因になることがあるのです。
原則として、妊娠中に限らず、知識なくアロマを体に塗布したりや内服してはいけません。

それさえ守れば、あまりナーバスにならなくても大丈夫です。
少し香りを嗅いだからといって流産になった、という例はありません。

たとえば、子宮の働きを活発にさせるアロマは、出産時には出産を促してくれます。
またホルモンに働きかけるアロマは、産後の不安定なホルモンを調整してくれます。

間違って買ったとしても、いずれ役に立つ日が来ますので、その日を楽しみに待ちましょう。

妊娠中でも使用OKのアロマ

妊娠中でも楽しめるアロマも、多数あります!

妊娠の時期を問わず、安心して使えるものは以下のとおりです。

  • オレンジ
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • ベルガモット
  • マンダリン
  • ネロリ
  • プチグレン

ただしアロマに限らず、慣れないもので体調を崩す可能性はあります。
ご自分の体とよく相談しながら、少しずつ試してくださいね。

妊娠中も安心してオススメできるのは、かんきつ系アロマです。

オレンジやレモンなど、酸味がありスッキリした果物は、つわり中でも食べられるのでありがたいですよね。
そこからとれる香りですから、アロマも安心して使うことができます。

ただし、かんきつ系に似ているけれど、植物の種類が違うアロマもあるので注意が必要です。
香りがかんきつ系に似ているレモングラスレモンユーカリは、妊娠中にはあまりオススメできません。

信頼できるアロマ商品には、かならず原材料植物の科名が書かれています。
「ミカン科」と書かれているアロマを選ぶようにしましょう。

妊婦さんがアロマを使うときの注意点

妊娠中にアロマを使う場合は、気をつけたいポイントがいくつかあります。
ここでは、妊婦さんがアロマを使うときの注意点をまとめました。

100%植物由来の商品を選ぶ

使用するアロマは、100%植物由来の商品を選びましょう。

アロマと一口にいっても、天然香料から人工香料までいろいろなものが売られています。
人工香料は、製法や成分もメーカーにより違うので、安全も効果も未知数です。

妊娠中に限らず、100%植物から抽出されたアロマのほうが安全であると知っておきましょう。

植物性のアロマには、エッセンシャルオイル(=精油)と明記されています。
多くの商品には植物の学名や抽出部位、抽出方法などが書かれているので、購入するときは、エッセンシャルオイルの表記があるかどうかを必ず確認してくださいね。

妊娠中は芳香浴を中心に楽しむ

妊娠中は、ディフューザーなどでお部屋に香りを拡散させるなど、主に香りを鼻から楽しむ方法でアロマをお使いください。

アロマを希釈してマッサージに使うと、むくみや妊娠線のケアによいという情報もあります。
しかし、直接肌に使うにはアロマを希釈する(薄める)必要があります。

希釈のためのオイル選びや希釈濃度など、自己流でやってしまうと、かえってトラブルを招くことにもなりかねません。

香りを嗅いで楽しむだけなら、難しいことはなく、トラブルも起こりません。
ディフューザーがなければ、ティッシュにアロマを垂らして枕元に置くだけでもOKです!

どうしてもボディケアにアロマを使いたい!という方は、必ず主治医の許可を得てから、
お近くのアロマセラピストに相談してみましょう。

様子をみながら少しずつが基本

普段と体の状態が違うことを常に意識して、様子をみながらアロマを楽しみましょう。

妊娠中は、以前とても好きだった香りでも不快に感じたり、気分が悪くなったりします。
次に紹介する、妊娠中にオススメとされているアロマでも、イヤな気分になることがあるかもしれません。

とくに妊娠初期はちょっとした刺激でも体調を崩したりするほど、デリケートな時期です。
「誰々がよいって言ってたから」「オススメって書いてあったから」と、情報を過信するのは禁物です。

ディフューザーでの芳香浴も、最初は1~2滴とうっすら香りを感じるくらいから試してください。
少しづつ試してみると、「どうしたら心地よいのか、どんな香りなら楽しめるのか」が分かってきます。
大丈夫そうなら、少しずつ増やしていきましょう。

正しい使い方さえ守れば、アロマは危険なものではないので、安心してくださいね。

妊婦さんでも安心して使えるオススメアロマ10選

二児の母でアロマ&ハーブの専門家でもあるわたしが、実際に自分も活用してきたアロマを厳選して紹介します。

価格と品質のバランスがよいので、私はフランスのフロリハナ社製を愛用しています。
ほかにもメーカーはいろいろあるので、気に入るものを探してみるのも楽しいですよ。

フロリハナ オーガニックエッセンシャルオイル スイートオレンジ

オーガニック エッセンシャルオイル スイートオレンジ 5g(6ml)

オーガニック エッセンシャルオイル スイートオレンジ 5g(6ml)

724円(12/15 05:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り フレッシュなオレンジの香り
作用
  • 気持ちをリラックスさせ、気分を明るくしてくれる
  • 胃腸の不調や食欲不振、不眠などに良いと言われている

こちらの商品は、安心して使える柑橘(かんきつ)系アロマの中でも、使いやすさと親しみやすさはナンバーワンです。

リラックスにもリフレッシュにもなり、風邪予防にも効果が期待できます。
うちの子どもたちも大好きな香りです。

フロリハナ オーガニックエッセンシャルオイル ジンジャー

Florihana オーガニックエッセンシャルオイル ジンジャー 5g(5.7ml)

Florihana オーガニックエッセンシャルオイル ジンジャー 5g(5.7ml)

2,214円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

金額(税抜) 2,214円(メーカー希望価格)
香り 辛味を感じるようなスパイシーな香り
作用
  • 体を温めて心身を元気にしてくれる
  • 食欲不振や消化不良、つわりの吐き気などに効果が期待できる
  • 血液循環を促してくれるとも言われている

つわりで気持ち悪いときにスッキリしたいなら、ジンジャーがオススメです。

消化を促す作用もあるので、食べづわりの方にもお役立ちのアロマですよ。

フロリハナ オーガニック エッセンシャルオイル ユーカリラデアタ

オーガニック エッセンシャルオイル ユーカリラデアタ 15g(16.5ml)

オーガニック エッセンシャルオイル ユーカリラデアタ 15g(16.5ml)

1,254円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り スッとしながら落ち着く感じの樹木系の香り
作用
  • 呼吸器系を楽にしてくれる
  • 高い抗菌作用があり、空気清浄などにも役立つ

一般的に刺激が強めなユーカリの中でも、ユーカリラデアタはお子様にも使えるほどマイルドといわれています。

お部屋でたいておけば、ぼんやりしがちな頭がシャッキリして風邪予防にもなる、お役立ちアロマです。

フロリハナ オーガニック エッセンシャルオイル ネロリ

オーガニック エッセンシャルオイル ネロリ 2g(2.3ml)

オーガニック エッセンシャルオイル ネロリ 2g(2.3ml)

8,316円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り フルーティーな苦味と酸味をほんのり感じる甘い花の香り
作用
  • 心身ともに深い落ち着きをもたらし、不安や緊張を和らげる
  • 不眠や動悸、神経性の腹痛などに働きかける

ネロリは少々高価ですが、女性なら誰でも安心できる香りではないでしょうか。
心身をリラックスさせるだけでなく、出産への不安も和らげてくれました。

フロリハナ オーガニック エッセンシャルオイル ベルガモット

オーガニック エッセンシャルオイル ベルガモット 5g(5.7ml)

オーガニック エッセンシャルオイル ベルガモット 5g(5.7ml)

1,061円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り ほろ苦さと甘さを感じるかんきつの香り
作用 ストレスやイライラを和らげ、気分を上向きにしてくれます。胃腸の不調などにも効果があるといわれます。

ベルガモットは、かんきつ系の中でも男性にも人気のアロマなので、夫婦で香りを楽しむ時間を持てるでしょう。
心を緩めながら気分を持ち上げてくれるので、二人で幸せ気分になれちゃいます♡

フロリハナ オーガニック エッセンシャルオイル ティートリー

オーガニック エッセンシャルオイル ティートリー 5g(5.6ml)

オーガニック エッセンシャルオイル ティートリー 5g(5.6ml)

1,026円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り 少し苦味の混ざったフレッシュな樹木系の香り
作用
  • 免疫力を高めてくれるので、感染症の予防などに役立つ
  • 抗菌力の高さから、掃除に使われることも多い

ティートリーの清潔感あるシャープな香りは、風邪予防や気持ちを強く支えるのに役立ちます。

お子様がいても使えるアロマなので、産後まで幅広く利用できるでしょう!

フロリハナ オーガニック エッセンシャルオイル ローマンカモミール

オーガニック エッセンシャルオイル ローマンカモミール 2g(2.2ml)

オーガニック エッセンシャルオイル ローマンカモミール 2g(2.2ml)

3,024円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り フルーティーな甘さを感じるりんごのような香り
作用 感情の揺れや肉体的な痛みを和らげて、安心感と癒しを与えます。消化器系の不調や不眠にもよいとされています。

ローマンカモミールは、妊娠初期の使用はできませんが、妊娠中期以降の使用ならばOKです。

「マザーハーブ」とも呼ばれる優しい香りが、不安を抱えがちな心を支えてくれます。

フロリハナ オーガニック エッセンシャルオイル ローズウッド

引用:Florihana Japan 公式サイト

香り ほのかに甘くスパイシーな樹木系の香り
作用
  • 心身ともに癒しを与え、さらに心をしっかりと支えてくれる
  • 免疫力がアップし、感染症の予防などにもよいと言われる

ローズのような甘さを感じるウッディ系の香りは、とにかく深くリラックスできます。

ナーバスになりがちな心を支えてくれるだけでなく、風邪予防にもよいでしょう。

フロリハナ オーガニックエッセンシャルオイル ローズゼラニウム

オーガニック エッセンシャルオイル ローズゼラニウム 15g(16.9ml)

オーガニック エッセンシャルオイル ローズゼラニウム 15g(16.9ml)

2,941円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り グリーンを感じる甘いお花のような香り
作用
  • 心身全体のバランスを調える
  • 緊張やストレスを緩和し、リラックス感を与えてくれる
  • むくみ等にもよい

ローズゼラニウムの香りは、ホルモンに関わるため、妊娠初期~中期の使用はNGです。
妊娠後期からお楽しみください。

心身を安定させてくれるので、産後の入院期間に、病室で香りを楽しむのもオススメです。

フロリハナ アブソリュート ジャスミン

アブソリュート ジャスミンサンバック2g(2.1ml)

アブソリュート ジャスミンサンバック2g(2.1ml)

4,212円(12/14 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

香り 高貴で濃厚な甘さを感じるお花の香り
作用
  • 古くから「子宮のハーブ」といわれ、機能を高めるとされて難産等に使われていた
  • 心の不安を和らげ、感情のバランスをとってくれる

ジャスミンの香りは子宮に作用するので、正産期に入るまでは絶対にNGですが、いざ産むときにオススメです。

陣痛を促すだけでなく、痛みも和らげてくれるので、安産のアロマといえます。

アロマの効果を一番引き出す方法とは

アロマにはいろいろなものがあり、妊娠の時期によって使い分ければ、本当に役立ちます。

一口に妊娠中NGのアロマといっても、よく調べれば安定期以降ならOKだったり、出産時や産後にはむしろオススメなものもあるほど、奥が深いものです。

「知識も必要だし、1本1本そんなに安いわけではないから、あれもこれも揃えることなんてできない!」と思うかもしれません。

私も、最初はそうでした。
一つひとつ買い集めているうちに、いろんな香りを覚えていっただけなのです。

まず最初は、妊娠中も安心して使えるかんきつ系の中から1本、あなたが「この香り、好きだな」と思ったものを選んでみましょう。

香りはそもそも、脳の一番原始的な部分で感じるものです。
効果効能を考えるよりも、あなたの感じた「好きだな」こそが、あなたの心身を一番いい状態にしてくれるエッセンスとなるでしょう。

好きな香りをかいで得た「快」は、お腹の中の赤ちゃんにも伝わります。

自分の体と向き合い、お腹の中の赤ちゃんと通じ合う瞬間を意識しながら、楽しく健やかなマタニティライフをお過ごしくださいね!

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...