会陰切開しないで出産ができる?妊娠中のケアは何をしたらいい?

出産のときに、多くの妊婦さんが不安を感じることのひとつに会陰切開があります。

陣痛だけでも恐怖なのに、会陰を切るなんて…」と心配しているママは多いようです。

1度出産を体験したママでも、できれば会陰切開は避けたいと考える人もいるでしょう。

この記事では、会陰切開しないで出産ができるのか、また家で簡単にできる会陰部のケアを紹介します。

会陰切開しないで出産はできる?

会陰切開しないで出産ができる?妊娠中のケアは何をしたらいい?
会陰切開をせずに出産できる人もいますが、出産は何が起こるかわからないため、出産前に会陰切開の有無は判断できません

出産が長引いて胎児に危険が及ぶときや、会陰が裂ける可能性が高いときに、会陰を切開して赤ちゃんが出る部分を広げる処置をします。

会陰切開をしたあとは、しばらく痛みが残り、座るのが痛い人もいるでしょう。

会陰切開をしない場合は、産後の痛みが比較的少なく、体の回復も早いことが多いようです。

妊娠中から会陰を柔らかくする方法3つ

会陰切開しないで出産ができる?妊娠中のケアは何をしたらいい?
出産するときに会陰切開をしないためには、妊娠中から会陰を柔らかくする必要があります。

会陰の柔軟性には個人差があり、初産の人は伸びにくい傾向があるようです。

ただ経産婦であっても、1回目の出産は会陰切開をしなかったのに、2回目の出産で会陰を切開したというケースもあるので、注意しましょう。

ここでは、会陰を柔らかくする方法を3つ紹介します。

1:オイルマッサージ

用意するもの
オイル
コットン

【やり方】

  1. つめは短く切り、石鹸でキレイに手を洗う。
  2. コットンにオイルをたっぷり染み込ませる。
  3. コットンを中指に巻きつけるように持ち、会陰とその周りに円を描くように、ゆっくりマッサージする。
  4. さらに膣口と肛門のあいだを、円を描くようにマッサージする。

マッサージする時間は5分程度がオススメです。

痛みを感じたり、お腹が張るときは、ムリをしないでくださいね。

妊娠経過が順調な人は、病院の助産師や医師に確認をとってからマッサージをしましょう。

2:オイルパック

用意するもの
オイル
おりものシートや生理用ナプキン

【やり方】
オイルを含ませたコットンをおりものシートや生理用ナプキンにはさみ、会陰部に貼る。

マッサージに抵抗がある人は、オイルパックを試すといいでしょう。

オイルパックが、会陰部に浸透して皮膚を柔らかくするため、出産時に会陰の伸縮性もよくなります。

妊娠後期になるとお腹も大きくなるため、マッサージができない人にもオススメです。

長時間つけた状態でいると、皮膚が荒れる可能性があるので、1時間ほどしたらはずしましょう

トイレのタイミングではずすといいですよ。

オイルはどんなものを使ったらいい?

マッサージやパックに使用するオイルは、アレルギー反応が出にくいボディ用のオイルが適しています。

中でも植物性のオイルがオススメで、

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • カレンデュラオイル
  • グレープシードオイル

上記のオイルが肌に馴染みやすく、お値段もお手ごろなので使いやすいでしょう。

3:温める

用意するもの
ホットタオルまたはカイロ
【やり方】
ホットタオルやカイロが会陰部に当たるように敷いて座る。

会陰を温めて血行をよくすると、マッサージをしたような効果が期待できます。

ホットタオルやカイロの上に座る際は、低温火傷に気をつけてください。

ホットタオルやカイロを、袋に入れて座るといいでしょう。

4:肛門運動

意識的に肛門を締めたり緩める運動をすると、血行がよくなり、皮膚が柔らかくなります。

【やり方】
便意を我慢するようなイメージで、締めたり緩めたりを繰り返す。

肛門運動をおこなうことで、会陰周りの筋肉の血行がよくなり、マッサージと同じような効果が期待できます。

時間もお金もかからず、日常生活で取り組めるため、気軽に試せるでしょう。

会陰切開する場合はどんなとき?

会陰切開しないで出産ができる?妊娠中のケアは何をしたらいい?
会陰切開をする場合は、母子に危険があるときや、会陰が伸びきる前に分娩が進み、裂けてしまいそうなときです。

赤ちゃんがスムーズに出てこれないときは、会陰を切開して早く出してあげることで、より安全なお産になるでしょう。

会陰が裂けると傷の治りも遅くなるため、早めに切開したほうが回復も早く、ラクな場合もあります。

会陰切開の判断は産院によっても異なるため、事前に医師や看護師と、バースプランでよく話して決めておくとよいでしょう。

バースプランで選べること

病院によっては、バースプランで無痛分娩・和痛分娩・分娩体位が選べます。

先輩ママの出産体験談では、フリースタイル出産で横向きを選び、会陰切開はしなかったという人もいます。

緊急の場合は分娩室に入ってから決めますが、産み方は事前にバースプランでしっかり決めておくと安心です。

 

View this post on Instagram

 

バースプラン作成🌟last30days✨ ・ ・ 明後日の36w健診で提出するバースプランを書きました✨ 久しぶりに字を沢山書いたので疲れた🙄💦 ・ 希望は一応書いたが、思い通りを望むことは特になく、母子安全第一で全てお願いするつもりやけど、皆さんに自分のことを知ってもらい伝えるのはとても大事なことやと思い、私のトリセツ的に書きました😊💕 ・ 今日は生まれるまであと30日!✨ 昨日から足の付け根、股関節、お腹、腰あたりが重苦しく‥おばあちゃん👵のように足を引きずりながらしか歩けません😹 今までシャキシャキと歩けてたのになぁ😹 ・ 赤ちゃんも横位なのか、お尻と足が脇腹あたりにあって押されると痛いんだな‥里帰りや入院準備に洗濯に手続きやら最近やることが案外多く疲れてたから、ゆっくり休めーって怒ってるのかなー? ほぼ1日横になってたら足の位置も戻ってきた気がする! が、同時に若干うぷぷ🙄💦も戻ってきた‥ ・ 旦那さんと今日は朝活で梅田WDモーニング❤️予定やったのに💦 出産に向けての身体の変化が著しく、なかなか思い通りにいかなくなってきてます🙄 てなわけで、近くの美味しいケーキ🍰買ってきてくれて、お昼と晩ごはんも作ってくれました😍 美味しくて‥ホッと心温まった☺️💕 じんわりゆっくり幸せな時間😹 ・ 3枚目、可愛い雲とお星さんのモビール、ポチってしまった☺️✨ 赤ちゃんが生まれたら可愛く撮りたいな♫ コウノドリでも使われてたらしく?発送まで約1ヶ月くらいみたいで、届くのが楽しみ🌟 ・ ・ #2018年4月出産予定 #プレママ #マタニティ記録 #プレママさんと繋がりたい #プレママ友募集 #2018baby #里帰り出産 #大阪プレママ#初マタさんと繋がりたい #初マタ#2018_spring_baby部 #2018aprilbaby #マタニティライフ満喫中 #男の子ママ予定#妊婦9ヶ月 #妊娠後期あるある #妊娠35週目#バースプラン #last30days

Bambooo.Aliさん(@bambooo_in_me)がシェアした投稿 –

出産中に気をつけたいこと

子宮口が十分に開いてないときにいきみすぎると、膣口が裂けてしまうのでムリにいきむのは危険です。

力まかせにいきまず、助産師や先生の声に合わせながら陣痛の波に乗ることが大切です。

会陰切開の痛みって?

会陰切開をおこなうときでは、局部麻酔が使われます。

分娩後の痛みがひどい場合は、麻酔を追加しながら縫合しますが、抜糸するまで引っ張られるような違和感が残るでしょう。

会陰切開後しばらくは座るのも痛いため、ドーナツクッションを用意しておくと安心です。

会陰切開しないために準備をしておこう

会陰切開しないで出産ができる?妊娠中のケアは何をしたらいい?
会陰切開の痛みを想像すると、不安に思うママは多いでしょう。

紹介した「会陰を柔らかくする方法」を参考にケアすることで、会陰切開のリスクを減らせます。

会陰切開は、母子ともに健康な出産をするために、ときに必要な処置です。

心配なことがあれば、主治医に相談して、不安や疑問を解消しておきましょう。

診断テスト

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...