【小児科医監修】新生児のゲップはいつまで?出し方は?コツと出ないときの対処法まとめ

新生児は授乳のあとにゲップをさせますが、やってみるとなかなかうまくいかないときがあるでしょう。

「ゲップが出ないけど、病気にならないかな」
「いつごろまでゲップをさせるもの?」
と最初は、赤ちゃんのゲップを出すのに、なかなか慣れなくて不安になるママ・パパがいるようです。

今回は、上手にゲップをさせる方法出ないときの対処法などについて紹介します。

新生児はなんでゲップをさせるの?


赤ちゃんが、飲み込んでしまった空気を外へ出すためにゲップをさせます。

生後間もない赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むのがじょうずではないため、一緒に空気を飲み込んでしまうようです。

赤ちゃんが空気を飲み込んだままだと、寝付きにくかったり、飲んだ母乳やミルクを吐き戻す心配があります。

しかし赤ちゃんによってゲップが出にくい、吐き戻しやすいなど個人差があるので、出ないからといって気にしすぎることはありません。

母乳やミルクをたくさん飲んでいるのに体重が増えなかったり、ピューっと噴水のようにおう吐することが続いた場合には、病気の可能性もあるので小児科を受診しましょう。

参照:マミーローズクリニック「ジャスミンだより」
出典:ベネッセ「育児 新百科」

新生児にゲップさせるときのポイントとコツ


新生児にゲップをさせるときのポイントを説明します。

【ゲップをさせるときのポイント】

  • ママの衣服を汚さないように、赤ちゃんの口元にガーゼやタオルをかける
  • 背中を下から上にさすったり、トントンとやさしくたたく
  • 首が座っていないうちは、きちんと赤ちゃんを支える

上手にゲップをさせるには、赤ちゃんの角度や向きが重要です。

空気は上方向に向かって上がる性質があり、胃袋の形に沿って下から上にさすることで、空気を押し出しやすくします。

参照:富山市立富山市民病院「ゲップを出すケア」、香川小児科医会「1ヶ月健診子育てガイドブック」

次に、新生児にゲップをさせるコツを説明します。

方法1:たて抱きにする

たて抱きは、空気の通り道が確保されゲップが出やすい体勢です。

ママの肩にもたれるように、赤ちゃんの背中を天井に向けて抱いてください。

たて抱きをして、ゲップを出しやすい体勢にしましょう。

方法2:向き合って背中をさする

ひざの上に、赤ちゃんの上体を起こしたまま、向き合うように座らせて背中をさすったりトントンします。

まっすぐな姿勢のほうが、ゲップが出やすい赤ちゃんがいるようです。

赤ちゃんの頭と首をしっかり支えておこないましょう。

ゲップはいつまで出すもの?


赤ちゃんにゲップをさせるのは、平均的に生後5~6ヶ月までが目安のようです。
月齢を重ねると赤ちゃんは母乳やミルクを飲むのがうまくなり、空気を飲み込むことが減ります。

寝返りをするようになると、自然とゲップをしたりおならで空気を出せる赤ちゃんが多いようです。

ただし、成長のスピードは赤ちゃんによって大きくちがいます。
焦らずゆっくり見守ってあげましょう。

参照:香川小児科医会「1ヶ月健診子育てガイドブック」

新生児のゲップが出ないときの対処法


新生児のゲップが出ないときは、下記の方法をためしてみましょう。

【ゲップが出ないときの対処法】

  • 授乳後の縦抱きは、短くても20分はする
  • 仰向けに寝かせ、自転車をこぐように足を動かす(安全な状況であればうつ伏せもためしてみる)

また、そもそもゲップを少なくするための対処法も紹介します。

【ゲップを少なくする対処法】

  • 赤ちゃんが大泣きする前に、落ち着いた状態で授乳をスタートする(大泣きすると空気を飲んでしまうので)
  • 授乳の途中でも、赤ちゃんが休憩するタイミングを見てゲップをさせる(何度もゲップさせるとよい)
  • 哺乳瓶の場合は、乳首のサイズを小さくする(ミルクの出るスピードが遅くなる)
  • 授乳時間の目安は、約10分くらいにするとよい

上記を参考に、ためしてみてくださいね。

リラックスして焦らずコツをつかみましょう!

うまくゲップが出せなかったり、赤ちゃんが母乳やミルクを吐き出してしまうと、不安になるママ・パパがいるでしょう。

授乳後に赤ちゃんが吐き戻した場合は、いつもと変わらない元気な様子であれば気にしすぎることはありません。

ゲップや吐き戻しは赤ちゃんの成長とともに自然と治まります。

リラックスして、ゲップを出すコツをつかみましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...