連載漫画(1)「子どもにイライラして罪悪感…!育児スランプから抜け出すコツとは? 」(平八)

こんにちは。

「おばバカ日誌」というブログで、甥・姪や8人家族の日常を描いている平八と申します。

私の姉(次女)には2歳の息子と、今年の夏に誕生した娘がいます。

私は在宅仕事をしつつ、姉の育児を手伝っているのですが、そんな日々を通して感じた「親と子どもの幸せのバランス」について書かせていただきます。

子どもと笑顔で過ごしたいのに…

現在、第二子は絶賛母乳育児中。
まだまだ夜はこまめな授乳が必要な時期です。

夜間の授乳は通常2時間ごとに行っているそうなのですが、日によっては30分〜1時間毎の場合もあり、なかなか寝られない日々を送っています。

睡眠不足の毎日でも元気一杯な第一子がいるため、日中は休憩を取れる時間がほぼありません。

そんな疲れが溜まる日々、もし第一子がイタズラでもしたら…カッと頭に血が上り怒り心頭!

連載漫画(1)「子どもにイライラして罪悪感...!育児スランプから抜け出すコツとは? 」(平八)

余裕のある状態なら笑顔で対応できることでも、疲れている時は感情のコントロールが難しくなるようです。

私自身、育児を手伝っている時に同じような状況に陥るので、次女のことは他人事ではありません。

心身・時間共に余裕のある時は、子どもたちの行動を寛容に見守ることができます。

そんな時は子どもも素直にこちらのお願いを受け入れてくれて「ひょっとして私は子育ての天才なのでは!?」と心の中で調子に乗るほどスムーズに物事が進むことが多いのですが…。

これが一変、余裕のない時には怒りの沸点が低くなって、子どものヤンチャな言動に耐えられなくなってしまいます。

子どもには大人のイライラがすぐ伝染するようで、激しい大泣きが始まり泥沼化…という場面は多々訪れます。

いつも笑顔で子どもと接したいのに、そうした方がお互いにとって良いに決まっているのに、なかなか実践できないのが育児の難しいところのようです。

<次の記事>

<平八さんの他の記事>

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...