喃語(なんご)とは?いつから?クーイングとの違い・少ないときの原因と対策

喃語(なんご)とはどんなものかご存知ですか?

「アーブー」「ンマンマ」など、赤ちゃんが発する意味を持たない音声のことで、言葉の発達過程において欠かせないものです。

ここでは、赤ちゃんがおしゃべりできるようになるまでの流れや、喃語を発しはじめる時期の目安、喃語が少ないときの原因や対策などをまとめてみました。

喃語(なんご)とは?

赤ちゃんが意味のある言葉をしゃべるようになるのは、だいたい1歳以降といわれています。

それ以前でも、「アーウー」「バーバー」といった意味をもたない音声を発しますが、それらが喃語と呼ばれるものです。

喃語と似たような赤ちゃんの意味のない音声にはクーイングとよばれるものがあります。
「アー」とか「ウー」とかいった喉の奥から出されるちょっとくぐもった音です。

喃語とクーイングはどう違うのでしょうか。
まずは両者の違いをみてみましょう。

喃語とクーイングの違いは?

ク―イングとは、生後1ヶ月〜3ヶ月くらいの赤ちゃんが、機嫌がよいときに、喉を奥を鳴らすように音を出すことです。

クーイングの元々の意味は、ハトのクークーと鳴く声のことで、赤ちゃんが喉を使って出す初期段階の発声と、似ていることが由来です。

クーイングは音声を発する最初の段階で、吐く息をコントロールして、声帯を震わせることで音声を発しています。

具体的には、少しくぐもった感じの「アー」「ウー」などの一音の母音です。

その後、だんだんと音声が明瞭になり、唇や舌も使ってさまざまな音を出すことができるようになると、「アーブー」「ダーダー」「マンマン」など2つ以上の音からなる喃語を発声するようになります。

喃語はクーイングの次の段階の発声学習であり、クーイングとの大きな違いは、

  • 2つ以上の音からなっているということ
  • 唇や舌も使い、 子音+母音の音も出せる

という2点です。

参照:母子健康協会「音韻体系発達と音声の発達」

喃語には意味があるの?

赤ちゃんが喃語を発するようになると、まるでおしゃべりしているように見えます。
でも、喃語自体には言葉のような意味はありません。

しかし喃語は、赤ちゃんが言語を習得するうえで欠かせないものです。

赤ちゃんは喃語を発することで、おしゃべりに必要なさまざまな音の出し方を学んでいるのです。

赤ちゃんが喃語を発したら、まわりのママやパパはぜひ返事をしましょう。

音声を発すると周りの人が言葉で答えるということを、赤ちゃんは自然に学びます。

それは、言語によるコミュニケーションの始まりとなるでしょう。

喃語期には、ぜひ、親子で一緒になって音遊びを楽しんでください。

喃語はいつごろから始まるもの?

赤ちゃんは、段階をふんで、だんだんと言葉をしゃべるようになっていきます。

喃語はそのステップのひとつで、だいたい生後6ヶ月以降〜1歳くらいから始まることが多いようです。

ここでは、赤ちゃんが言葉を得るまでのステップを紹介しましょう。

赤ちゃんの言葉の発達ステップ

赤ちゃんの言葉の発達過程は、一般的に次のようなステップを踏みます。

ステップ1: クーイング/「アー」「ウー」

クーイングは、機嫌のよいときに出す、喉を鳴らすような音のことです。
「アー」、「ウー」のような一語の母音であることが見極めるポイントです。

早い子の場合は、生後1ヶ月くらいから始まります。

ステップ2:喃語/「アーウー」「ダーダー」「ンマンマ」

唇や舌を使い、さまざまな音を出せるようになります。

2つ以上の音からなる声を発しますが、まだ意味はありません。

生後6〜7ヶ月くらいから喃語を発するようになる子が多いでしょう。

ステップ3:1語文/「ママ」「ブーブー」「バイバイ」

1歳から1歳6ヶ月ごろから、意味のある言葉を話しはじめます。

まだ文章になっておらず、「ママ」、「ブーブー」のような単語を発します。

ステップ4:2語文/「バーバ、イク」「ワンワン、キタ」

1歳6ヶ月〜2歳くらいになると、2語以上の言葉を組み合わせた文をいえるようになります。

参照:あいち小児保健医療総合センター「乳幼児健診の実際」
参照:神戸大学大学院医学研究科「こどもの言葉と発達の見方・促し方」
参照:長野県立こども病院口唇口蓋裂センター「口唇口蓋裂Q&A」

喃語の開始時期は、個人差が大きいもの

喃語がはなせるようになる月年齢は、目安にすぎません。

赤ちゃんの発達は個人差が大きく、なかには途中の段階を飛ばす子もいるものです。

よく女の子よりも男の子は言葉が遅い、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子は言葉が早いといわれます。
それも、個人差があるため必ずしもそうとは限りません。

生後生後6〜7ヶ月ごろから喃語を発するというのは、あくまでも目安です。
もっと前から発する子もいれば、1歳半になってから喃語が出てくる子もいます。

生後10ヶ月過ぎても喃語を話さないと、ママとしては心配になるかもしれませんが、声や音にちゃんと反応しているようであれば、1歳くらいまではあまり心配せずに見守ってあげましょう。

1歳の誕生日を過ぎても、喃語を全然発しない場合は、まずは担当医に相談してください。

参照:あいち小児保健医療総合センター「乳幼児健診の実際」
参照:神戸大学大学院医学研究科「こどもの言葉と発達の見方・促し方」

喃語が出ない・少ない場合の原因は?

喃語が出はじめる目安の時期になっても、喃語が少なかったり、全然出なかったりするとママは心配になるものです。

とくにはじめての子どもの場合、パパもママも子育てははじめて経験でわからないことばかり。
育児本どおりでないと心配になるのも仕方ないでしょう。

では、なぜ、喃語が出なかったり、少なかったりするのでしょうか?

喃語が出ない・少ない場合には、次のような理由が考えられます。

聴覚の問題

耳が聞こえていることと発語は深く関係しています。

赤ちゃんの喃語は、周囲の音を聞くことから促されるのです。
そのため、音が聞こえてない場合難聴の場合喃語が出ないことがあります。

  • 大きな音がしてもピクリともしない
  • 呼びかけても反応しない

など、音への反応が鈍い場合は、一度専門医に相談してみましょう。

参照:神戸大学大学院医学研究科「こどもの言葉と発達の見方・促し方」

発声器官の問題

声を出すためには、口、舌、喉、肺といった発声に関係する体の器官の発達が欠かせません。

喃語を発するためには、舌や唇を上手にコントロールして動かすことも必要です。

しかし、生後1年くらいまでの赤ちゃんの体の発達状態は個人差がかなりあります。

喃語がなかなか出てこない子は、これらの発声器官の発達が少しゆっくりなだけかもしれません。

予定日よりも早く生まれた子なら、その分を差し引いて考えましょう。

体が成長するにつれて、自然に声がでることがほとんどです。

参照:母子健康協会「言葉の遅れと対応」
参照:長野県立こども病院口唇口蓋裂センター「口唇口蓋裂Q&A」

人よりもすこしゆっくりなだけ

言葉の発達過程においてその習得スピードはそれぞれです。
聴覚に問題がない場合は、人よりもすこし遅いだけなのかもしれません。

早いペースでどんどんステップを踏んでいく子も入れば、ゆっくりの子もいます。
ゆっくりだからといって、言葉を理解できないわけではありません。

その子なりのペースで言葉を理解していきます。
とくに3〜4歳までは、成長のスピードの個人差はとても大きいといわれているので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

声を出すのが苦手なだけ

赤ちゃんだって個性があります。

お喋りな子も入れば、無口な子もいるように、喃語が多い子もいれば、少ない子もいるものです。

喃語が少ないからといって、心配しすぎないようにしましょう。

  • 話しかけると笑う
  • 指差しをする
  • 視線を合わせることができる

などコミュニケーションが取れていれば、喃語が少ないのは単なる性格の問題で、声を出すのがちょっと苦手なだけかもしれません。

自閉症の可能性は?

喃語が出ない・少ない場合、「発達障害ではないか」と不安になるママやパパも多いようです。
発達障害のなかでも、自閉症はその特徴のひとつに言葉の遅れが挙げられます。

そのため、喃語が出ないあるいは少ないと、自閉症ではと心配するママもいるようです。
しかし、喃語が出ないだけで自閉症と判断することはできません。

喃語が出ない以外にも、以下のような自閉症特有の症状や行動がみられるのであれば、専門医や小児科の先生に相談してみてください。

乳児によくみられる自閉症の症状には以下のようなものがあります。

  • 目を合わせない
  • 呼びかけても反応しない
  • 特定の音に過敏に反応する
  • 抱っこを嫌がる
  • お風呂を毛嫌いする
  • 人見知りしない
  • 他人に興味を示さない
  • 奇声や唸り声をあげる

参照:日本小児神経学会「自閉症について教えてください」
参照:高知県自閉症協会「自閉症とは」
参照:あいち小児保健医療総合センター「乳幼児健診の実際」
参照:神戸大学大学院医学研究科「こどもの言葉と発達の見方・促し方」

喃語が出ない・少ない場合の対処は?

喃語がなかなか出なかったり、少ない場合はどんな対策を取ればいいのでしょうか?

焦らず、まずは落ち着いて!

母子手帳や育児書、育児サイトを見ると、「◯ヶ月で、◯◯できる」というように書かれています。

その通りでないと「うちの子はほかの子よりも遅いのかも」「なにか異常があるのでは」と焦ってしまいがち。

でも、そこに書かれている月齢はあくまでも目安であり、数ヶ月前後の差があってもおかしくないのです。

ママが焦ってイライラしても赤ちゃんの状況が変わるわけではないですし、むしろイライラが赤ちゃんを不安にさせることになるかもしれません。

まずは、赤ちゃんの全体の様子をよく観察してみてください。

喃語が遅い以外に、気になる症状や、発達の遅れが見られないのであれば、まずはママが落ち着いてどっしりと構えましょう。

コミュニケーションをしっかりとって

喃語は音の学習でもあり、音遊びでもあり、言葉によるコミュニケーションの始まりともいえます。

赤ちゃんが声を出したら、赤ちゃんに笑顔で言葉を返してあげましょう。
会話にならなくてもいいのです。

赤ちゃんが「ウー」と言ったら、「ウンウン、ウーだね〜」というような調子で赤ちゃんとコミュニケーション遊びを楽しみましょう。

言葉をたくさん語りかけよう

とにかくたくさん赤ちゃんに言葉をかけてあげましょう。

朝起きたら「おはよう」、天気がいい日は「今日はいい天気だね」「オムツ変えましょうね〜」「ミルクの時間ですよ〜」など、できるだけたくさん声をかけてください。

絵本の読み聞かせもオススメです。
感情をこめて、ゆっくりと語りかけましょう。

ただし、言葉をたくさん聞かせるためとはいえ、テレビの音を流しっぱなしにするのはあまりオススメできません。
身振り手振りを使って、まわりの大人が赤ちゃんに直接話しかけることが大切です。

参照:神戸大学大学院医学研究科「こどもの言葉と発達の見方・促し方」


赤ちゃんとのコミュニケーションを大切に

喃語は、赤ちゃんが言葉をしゃべるようになるために必要なステップのひとつです。

喃語を発することで、赤ちゃんはさまざまな音声を出すことを学習しています。
また、他人とのコミュニケーションの最初のステップでもあります。

ただし、赤ちゃんの言語表現の発達速度は、個人差がとても大きいものです。

喃語を発するのが多少遅くても、音に反応していて、目が合うと笑うなど言語以外のコミュニケーションが取れているようなら、あまり心配する必要はありません。

たくさん話しかけて、密にコミュニケーションをとるように心がけましょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...