冬なのに赤ちゃんが布団を蹴とばす?原因や対策・注意点のまとめ

朝晩と急激に冷え込む冬がやって来ると、就寝時の赤ちゃんの布団について気になる方は多いようです。

「赤ちゃんが寝ているときに風邪をひかないか」
「手足がでているけど体が冷えていないか」
と、心配するママは多くいます。

そこで掛け布団の枚数を増やしたり、厚手にしても、赤ちゃんは布団を蹴とばし、結果的に布団がかかっていない状態になることはよくあります。

では、なぜ赤ちゃんは布団を蹴とばしてしまうのでしょうか。

どんな対策を取ればよいかや、布団を選ぶポイントについて詳しくご説明しますので、参考にしてください。

赤ちゃんはなぜ布団を蹴ってしまうのか?

赤ちゃんは、なぜ布団を蹴ってしまうのでしょうか。

原因を、順にみていきましょう。

赤ちゃんは汗っかき

赤ちゃんが、布団を蹴ってしまう原因の大半は「暑い」ためです。

大人に比べ赤ちゃんは新陳代謝もよく、汗っかきのため、大人が快適だと思う温かさは、赤ちゃんにとっては暑すぎる場合があるのです。

赤ちゃんの体温調節

赤ちゃんの体温は、37度くらいといわれています。

大人のように赤ちゃんは手足を布団の中にしまって寝ることはあまりありません。

赤ちゃんによくありがちな姿勢は、手をバンザイして寝ている姿です。

赤ちゃんは、体温調整がうまくないため、手足を出すことで体温調節をしています。

もしも、手足が冷たくて心配なときは、おなかや背中など体の中心部分を触って確認をしてください。

少し汗ばんでいるようなら、赤ちゃんにとっては暑すぎです。

汗ばんではいないけど、温かい場合は、赤ちゃんは寒くないという目安にするとよいでしょう。

室温や部屋着に気を付ける

赤ちゃんが布団を蹴るのには、室温や部屋着が関係することもあります。

寒さ対策のために、洋服を着せすぎていたり、室温を上げたりすることはよくあるケースです。

洋服の枚数や、室温が高すぎないかを確認してみましょう。

寝るときの服装は、冬でも肌着とパジャマで十分です。

寒いからといって、洋服の枚数を増やすのは好ましくありません。

室温は25度前後が、望ましいようです。

布団の掛け過ぎが不快

掛け布団をたくさん掛けすぎてしまうことで、蹴とばしてしまうこともあります。

赤ちゃんが息苦しく感じたり、重さで眠れず不快なため、蹴ってしまうようです。

赤ちゃんは体温が高いため、布団による熱のこもりすぎにも注意しましょう。

寝返りが多い・寝相が悪い

そのほかの理由として、寝ている間によく動く赤ちゃんは、そのたびに掛け布団がはがれてしまいます。

寝返りが多かったり、寝相が悪かったりすると、布団は自然にはがれてしまうのです。

では、どのような対策をすればよいのでしょうか。

掛け布団を蹴ってしまうときの対策

赤ちゃんは、掛け布団をかけても暑さから、蹴ってしまうことがあります。

しかし、朝晩冷え込みも厳しい真冬に、はだけてしまったままでは、風邪をひいてしまうかもしれないという心配をするママは多いようです。

そこで、掛け布団を蹴とばしてしまったときに、役立つアイテムを紹介します。

1:スリーパーや腹巻を使う

寝返りが多かったり、寝相の悪い赤ちゃんには、スリーパーや腹巻を上手に使うとよいでしょう。

スリーパーの素材別にメリット・デメリットを挙げてみます。

厚手(キルティング) 温かい・熱がこもりやすい・洗濯が大変
フリースタイプ 1枚掛けるだけで温かい・温まりすぎで汗をかきやすい
ガーゼタイプ 洗濯がしやすい・吸湿性がよい薄手

どのタイプにもメリット・デメリットがありますが、洗いやすさや汗の吸湿性なども含め、赤ちゃんにはガーゼタイプのものがおすすめです。

季節や月齢に合わせて選ぶとよいでしょう。

2:布団を敷く場所をチェック

赤ちゃんの寝る場所は、ベビーベッドや布団の上が好ましいです。

もしも、フローリングの上に直接ベビー布団を敷いている場合は、布団の下にマットやカーペットなどを敷きましょう。

フローリングは、冬場冷たくなりがちなので、マットの上に布団を敷くと温かさが違います。

赤ちゃんの冬の布団の選び方

冬の赤ちゃんに掛け布団は、どのようなものを選んだらよいのでしょうか。

掛け布団の種類

掛け布団には、羽毛・羊毛・綿などいろいろな種類があります。

しかし赤ちゃんには、綿毛布タオルケットを選ぶとよいでしょう。

綿毛布はとても軽く、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えます。

吸湿性にも優れており、汗をかきやすい赤ちゃんにとって快適で、とても温かいのです。

用途に合わせて使い分ける

日中のお昼寝なら、冬でもタオルケットでも十分といえるでしょう。

日差しがあるため、夜よりは室内が温かいためです。

就寝時なら、タオルケットに綿毛布を掛けるなどをして、赤ちゃんにとって快適になるよう調節します。

枚数を調節するときは、厚手の布団ではなく薄手もので調節しましょう。

添い寝の場合は?

赤ちゃんと添い寝するパパ、ママもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんとパパ・ママが同じように、布団をかけてしまうと、暑すぎる場合があります。

季節が夏ならば、大人も薄い掛け布団を使用しているので問題はありません。

しかし冬の場合は、同じ布団だと赤ちゃんにとっては暑すぎます。

掛け布団だけは、赤ちゃん専用で用意するとよいでしょう。

どうして掛け布団は別にするの?

寒いからといって、赤ちゃんが大人と同じ掛け布団を使用するのはやめましょう。

暑過ぎるという理由だけではなく、厚手の掛け布団は、赤ちゃんには重くて窒息の危険があります。

生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、体温調節が未熟なので、大人と同じ枚数の布団を掛けてもよいでしょう。

枚数は同じでも、布団の重さには気を付けてください。

生後3ヶ月以降の赤ちゃんは、未熟ながらも体温調節機能が徐々に発達してくるので、大人と同じ枚数を掛けると暑く感じます。

室内の温度・湿度に気を付ける

赤ちゃんが快適に過ごせる室内の環境は、室温20~23度湿度50%前後といわれています。

就寝時の室温が気になる場合は、寝る前に暖房で部屋を温め、寝る前に消してしまってOKです。

赤ちゃんは、寝ているときは体温も上がるので、布団やスリーパーで工夫すれば、暖房に頼らずに眠れます。

参照:サイト:東京都福祉保健局健康安全部

暖房を使用しているときの注意

暖房を使用するときは、必ず換気をしましょう。

寒くて部屋を閉めっぱなしにしがちですが、1.2時間に1回は窓を開け、5分程度の換気が必要です。

空気の入れ替えをせずに暖房をつけっぱなしにしていると、赤ちゃんが脱水症状を起こす場合もあります。

加湿も大切

窓の閉めっぱなしは、乾燥を招きます。

加湿の方法

  • 加湿器
  • 洗濯物をお部屋に干す
  • 湿らせたタオルを干す
  • お湯を沸かす

上記の方法もあります。

できることをやってみましょう。

参照:サイト:ダイキン工業株式会社

赤ちゃんが快適になるよう調整しよう

赤ちゃんが布団を蹴とばす主な原因は、暑さや布団の掛け過ぎでした。

赤ちゃんが寝る部屋の温度や、布団の厚さなどをチェックしてみましょう。

動きの激しい赤ちゃんには、スリーパーや腹巻などで対応するとよいですね。

大切なわが子に、寒い思いをさせず、より快適な環境を作ってあげたいのは親心といえます。

赤ちゃんが暑すぎず、寒すぎないように、上記でご紹介したことを参考にしてみてください。

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...