里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?

里帰り出産を希望する妊婦さんは多く、初産の人はとくに、出産を経験した母親がそばにいることで安心できるようです。

2ヶ月ほど帰省するのが一般的なため、赤ちゃんとママの準備で荷物がいっぱいになる人も多いでしょう。

「荷物はたくさん持っていきたい!」と環境が変わる不安から、いろいろと用意したくなりますが、持っていくものは必要最低限にすることが大切です。

この記事では、里帰りに必要な持ち物や、いつから準備をはじめたらよいかを紹介します。

里帰り出産に必要な持ち物リスト

里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?臨月に入る前に里帰りする妊婦さんが多いですが、必要なものは、早めに準備をすると安心です。

準備をする際は、忘れ物がないように、持ち物リストを作成しましょう。

ママのために必要なもの

産前から産後まで、ママはさまざまな用意をしなくてはなりません。

ここでは、ママに必要なものを紹介します。

通院・入院のための書類

 

  • 母子手帳
通院、出産のときに必要
  • 病院の紹介状
経過報告など
  • 健康保険証
病院の健診で必要
  • 入院費用
現金
  • 印鑑
急な手術に備えて
  • そのほかの書類
病院からもらった書類やしおり

上記は、里帰り先の通院や、入院手続きに必要です。

里帰り先が遠いとすぐには帰れないため、忘れないように注意しましょう。

出産まで実家で使うもの

  • マタニティ服
  • 下着
  • パジャマ
  • 腹帯
  • 化粧品やスキンケアグッズ
  • 洗面用具

里帰り出産をすると、環境の変化でお肌が荒れる可能性があるため、使い慣れた化粧品を多めに持っていくと安心です。

予定日まで時間がある場合は、本やDVDがあると気分転換になるでしょう。

産後に必要なもの

  • 産後に着る、授乳しやすい洋服
  • 授乳用ブラジャー
  • 産褥下着
  • ガードルや骨盤ベルト

床上げまでの約3週間は、産後の体を回復させるため、自宅で安静に過ごすことが大切です。

あとから買い物に出かけなくてもいいように、身の回りのものは事前に準備しておきましょう。

どうしても必要なものがあるときは、ネットスーパーを利用するのもオススメです。

参照:サイト:日本看護研究学会「出産後3年以内の女性の尿失禁と出産との関連性」

入院中に必要なもの

入院するときは、下記の準備が必要です。

  • 入院用スリッパ
  • 産褥ナプキン
  • 母乳パッド
  • 清浄綿

備品で用意している産婦人科もあるので、病院に確認をして、ムダのない準備を心がけましょう。

下記は、出産中にあると便利なものです。

  • うちわ
  • テニスボール
  • ストロー付きのペットボトル
  • ドーナツクッション
  • 抱き枕
  • 冷えピタやカイロ(時期に合わせて)

荷物が多い場合や大物系、また里帰り先で購入できない便利グッズは、事前に宅配便で実家に送るのもオススメですよ。

赤ちゃんのために必要なもの

  • 哺乳瓶
  • 短肌着3〜5枚
  • 長肌着1〜3枚
  • カバーオール2〜3枚
  • 産着(退院するときのベビー服)
  • おくるみ(寒い時期)
  • 新生児から使える抱っこひも
  • ベビーカー

退院後の新生児は自宅で過ごすため、ベビーウェアが1枚あれば十分です。

赤ちゃん用品は、お祝いでもらうことも多いため、購入予定の人は買いすぎないように注意しましょう。

紙おむつや粉ミルクは現地調達しよう

紙おむつや粉ミルクは、里帰り先で購入するのがオススメです。

出産後に使う紙おむつや粉ミルクは、荷物が増えてかさばります。

里帰り先のスーパーやドラッグストアでも購入できるため、持っていく荷物は必要最低限にしましょう。

そのほかに、以下のベビー用品も、現地調達できます。

  • おしりふき
  • ガーゼタオル
  • ベビー石けん
  • 哺乳瓶の消毒

はじめから赤ちゃん用品一式をそろえずに、必要なものを買い足していくと、荷物も必要最低限に抑えられます。

ベビーバスやチャイルドシートはレンタルも可能

沐浴用のベビーバスや、車に乗るときに必要なチャイルドシートは、レンタルも可能です。

ベビーバスは、赤ちゃんが成長したあとは不要になり、一時的にしか使用しません。

チャイルドシートも、里帰り先で使うのは退院するときくらいです。

里帰り中は、赤ちゃんが外出することはほとんどないため、レンタルも視野に入れておくとよいでしょう。

里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?里帰り出産を希望する妊婦さんは多いですが、実家に帰るか悩む人もなかにはいるようです。

里帰り出産のメリットとデメリットは、どのようなことがあるのでしょう。

里帰り出産のメリット

  • 出産前後のママの精神的な安定
  • 先輩ママ(母親)がそばにいる
  • 母親の経験談が聞ける
  • 病院につき添う家族がいる
  • 家事を頼れる
  • 赤ちゃんのお世話に専念できる
  • 産後ゆっくり体を休められる

妊娠中は体が思うように動かず、出産や子育てのことを考えると、精神的に不安になるママは多いでしょう。

パパが忙しい家庭では話し相手もいないため、不安がよりいっそう強くなります。

里帰りをすれば、育児の先輩である母親に相談できるため、不安もまぎれますよ。

里帰り出産のデメリット

  • 出産する医療機関を探さなくてはいけない
  • パパが出産に立ち会えない可能性がある
  • パパが父親になる自覚が持てない
  • 生活費、交通費がかかる
  • 初孫の場合、両親が過干渉になる可能性がある

里帰り先が遠いと、パパが出産に間に合えない可能性があるため、立ち会い出産を希望している夫婦は注意が必要です。

また長い期間パパと離れると、パパになったという自覚が芽生えにくいこともあり、産後の家事・育児の協力にも影響する可能性があります。

里帰りをする場合は、夫婦で親としての心構えを話し合い、旦那さんにも生活面で協力してもらえるようにしたいですね。

里帰りのメリットやデメリットに関しての情報は、下記の関連記事をご覧ください。

里帰り出産の準備はいつからする?

里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?里帰りを希望している人は、時間に余裕を持って準備をすることが大切です。

実家に帰る期間や、準備はいつからはじめたらよいのでしょう?

里帰りはいつからいつまで?

里帰りの期間は、産前産後合わせて、2ヶ月程度が一般的です。

移動による体への負担が心配な人は、出産予定日の1ヶ月前を目安に里帰りをするとよいでしょう。

自宅に戻るタイミングも人それぞれですが、赤ちゃんの1ヶ月健診が終わってから帰宅する人が多いようです。

なかにはパパにも早く育児に参加して欲しいため、産後2週間で帰宅する人もいます。

自宅へ戻るタイミングは、自分達夫婦で話し合って決めるとよいでしょう。

準備はいつから始めればいいの?

里帰りの準備は、体調と相談しながら早めにはじめましょう。

大きなお腹で準備をするのは時間がかかるため、体への負担も心配です。

2〜3週間前から旦那さんの休日に合わせて、一緒に買い物を済ませておくとよいでしょう。

里帰り出産のために事前に準備しておきたいこと

里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?里帰り出産をするときに、まえもって準備しておきたいポイントをまとめました。

1:パパに相談する

里帰りを希望している人は、まずはパパに相談しましょう。

里帰り出産をすると、パパはしばらく単身生活を送ります。

一人になると家事の負担も増え、家族と離れることで寂しさを感じるでしょう。

里帰り出産を理解してもらうためにも、パパとよく相談をして決めることが大切です。

2:実家に相談する

里帰り出産を実家で受け入れてくれるか、実家の両親にも相談しましょう。

準備が整っていない状態で里帰りしても、お互い気を使ってしまい、精神的にツラくなる可能性があります。

受け入れが決まったら、赤ちゃんを休ませるスペースがあるか、実家に質問しておきましょう。

ベビーベッドは自宅でも必要になるため、実家では布団セットを用意するのがオススメです。

布団は、自宅用のベビーベッドに敷いて使えるので、用意すると役に立ちますよ。

3:実家近くの産婦人科を探す

里帰り出産が決まったら、受け入れてくれる産婦人科を探しましょう。

人気の産婦人科は予約が取れないこともあります。

里帰り出産を受け入れない産婦人科もあるので、インターネットで情報を集めたり、電話で確認するとよいでしょう。

4:現在通っている病院に紹介状を書いてもらう

現在通っている病院で紹介状を書いてもらい、里帰り先の病院に提出する必要があります。

里帰り先の病院によって、「何週までに受診が必要」と、決められていることもあるので、確認しておきましょう。

体調によっては早めに里帰りをするように指導を受けることがあり、とくに帝王切開の予定がある人は、早めに里帰り先の病院を受診しておく必要があります。

妊娠経過や検査結果がないと受け入れてもらえない可能性もあるため、里帰り出産が決まったら早めに、今通っている病院の先生に伝えておきましょう。

参照:サイト:順天堂大学「妊娠中の方へ」

里帰り中、パパにお願いすること

里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?自宅に残るパパのために、事前にいろいろとお願いをしておくことがあります。

日々の家事

ママがいないあいだ、どのような家事をして欲しいのか、参考になるメモを書いておくとよいでしょう。

掃除

  • 掃除道具の場所
  • 掃除道具の使い方
  • 掃除をして欲しい場所

どのくらいの頻度で掃除をしたらいいか、伝えておくとよいでしょう。

洗濯

  • 洗濯機の使い方
  • 洗剤の場所や使用量
  • 洗濯物の収納場所

ティッシュや洗剤のストック場所もリストにまとめて伝えましょう。

食事の支度

  • 簡単なレシピを教えておく
  • 食器の洗い方
  • 台所関係の収納場所

パパが料理をする時間がない場合は、里帰り前に料理や食材を冷凍しておくのもオススメです。

ゴミ出し

  • ゴミの分別方法
  • ゴミ出し日
  • ゴミ出しが可能な時間帯

ゴミ出し日や、ゴミ出しが可能な時間帯は忘れやすいため、メモを貼っておくとよいでしょう。

出産後の書類手続き

出産後の書類の手続きは、提出期限や方法が異なるため忘れないようにしたいですね。

出生届

出生届は、自宅近くの役所や里帰り先の役所に提出できます。

赤ちゃんが生まれた日から14日以内に提出をしなくてはいけません。

提出する人は、赤ちゃんの両親や代理人でも可能ですが、記入は両親がおこないましょう。

参照:サイト:法務省「出生届」

健康保険への加入

赤ちゃんが1ヶ月健診をする前に、健康保険への加入が必要です。

両親が国民健康保険の場合は、住民票のある役場で手続きをします。

手続きには、扶養に入る本人の健康保険証・印鑑・戸籍課で出生証明された母子手帳が必要です。

最近では、ママも仕事をしている人が多く、母親の扶養に入る子どももいます。

勤務先の社会保険に加入する場合は、職場の担当窓口で申請しましょう。

参照:サイト:横浜市「出産等に伴う手続、子育て情報」

児童手当

児童手当の手続きは、現住所のある市区町村に「認定請求書」を提出します。

赤ちゃんが生まれた月の月末までに申請しましょう。

申請が通れば、申請した月の翌月分から手当が支給されます。

申請が遅れても問題はありませんが、さかのぼっての給付は受けられないので注意しましょう。

参照:サイト:児童手当制度のご案内

里帰り出産の成功のコツは準備にあり!

里帰り出産の準備は何が必要?いつからする?持ち物リストは?里帰り出産の準備は大変ですが、実家で休めるのは、ママにとっては嬉しいことです。

里帰り出産を決める際は、パパとしっかり話し合うことが大切です。

入院に必要な書類や、ベビーグッズも、時間に余裕を持ってそろえましょう。

身の回りの荷物は必要最低限にして、実家で最適なサポートを受けてくださいね。

診断テスト